最近のトラックバック

« 全力を出して、大きな力を受け取る。 | トップページ | 震災2日めの東京で »

2011.03.11

安全を祈りながら

揺れた。
東北の揺れが、大阪まで届く大地震。

怖くてベッドにもぐりこみながら、twitterを見ると、
東京でも、ビルが壊れ、道路が割れ、電車が止まり、
という情報が次々と入ってくる。

東京出張中の仲間が心配になり、メールする。
当然返事はこない。
  (後で無事が確認できました)
出張中に災害にあうと心細いだろうなと心配しつつ、
ヒトゴトでないことに気づく。


私も、明日から東京。
facebookでは大勢からやめたほうがいいとご忠告を
いただいたけれど、
あさってから2日間の研修と明日の夜の打ち合わせは
私に取り止める権限はない。
上京ついでに設定した明日の昼間の2件のアポは、
相手の状況によって、見合わせることもできるけど。


と、絶対行く、と強く思っている自分に気づいて驚く。

なぜなら、私は極度の揺れ恐怖症。
阪神大震災以来、小さな地震はもちろん、
隣の席の人の消しゴムで机が揺れても、
TVやPCの画面で揺れる映像を見ただけでも、
身体がガタガタ震えて、パニックを起こす。

それなのに、仕事となると、
余震があって、物理的にも身の危険があるのに、
絶対に行こうと思うんだ。。。


実際に余震にあうとどうなるかわからないし、
たとえ気持ちを強く持つことができても、
物理的な安全の確保は真剣に考える必要がある。

友人の中には、会社に泊まりこむ人も、
学校などの避難場所で一夜を過ごす人もいる。
余震が続いているという情報も入ってくる。

そんな中で東京に向かう私自身も、
友人や知人も、見知らぬ方も、
どうか、安全に無事に過ごせますように。
心をこめて、祈り続けます。

« 全力を出して、大きな力を受け取る。 | トップページ | 震災2日めの東京で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/51095662

この記事へのトラックバック一覧です: 安全を祈りながら:

« 全力を出して、大きな力を受け取る。 | トップページ | 震災2日めの東京で »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ