最近のトラックバック

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011.06.30

大きな着ぐるみを脱ぐ

昨夜、コーチ仲間と久しぶりにSkypeでお話しした。

7月はちょっとチャレンジングな場面がいくつかある。

喜びや期待、一方で大きな不安について話すうちに、
直感力の鋭い仲間から、
「着ぐるみ」のキーワードをいただいた。


つながった。

そうそう、私、こういうとき、
期待を超えようと思いすぎて、
大きな着ぐるみをかぶろうとする癖があるね。
「なりたい自分」の着ぐるみ。


「ねこはねこ」
「いまここ」
最近、漠然と描いていたイメージがつながって、
くっきりと浮かび上がった。

  「ねこはねこ」(2011.06.19)
  「いまここ」(2011.06.22)


観測史上初という記録が生まれた6月の猛暑日、
着ぐるみを脱いで、自然体で過ごそうという
モチベーションも上がる。


Kちゃん、ありがとう!

2011.06.29

1万円の重み

1万円を、軽々と持ちあげることができますか?

私は人一倍腕力がないせいか、
両手で踏ん張っても、
ちょっとしか持ちあげることができませんでした。

1億円の間違いではありません。1万円です。


だって、これ。

1yen友人とランチの約束をして、
お昼過ぎにオフィスを訪れたら、
これがドーンと迎えてくれた。

1円玉が1万枚。

銀行で両替してもらうのに、
なんと、手数料が6,300円!

「在庫がないので」と
1週間待たされたこと など

久しぶりに会う友人の
あまりにもインパクトの強いお話に、やられました!


Lunch近くのおしゃれな
イタリアンで
おいしいランチを
楽しみながら、
さらにお話を聞くと、
いろんな対象向けに
セミナー企画が
たくさん浮かんでしまう。

ネタは物理的に真似することができたとしても、
奇想天外なエピソードは彼にしか話せない。

子どもさんから経営者まで、
体験して、深く考えてもらえそうなセミナーや研修が
生まれそう。

勝手に考えて、勝手にわくわくして帰ったのでした。


びっくりする体験を、ありがとうございました!

2011.06.28

[参加者募集]加藤雅則さん「自分を立てなおす対話」読書会

7月24日(日)14:00-16:00に、
プロコーチでプロセス・ファシリテータの加藤雅則さんの
「自分を立てなおす対話」(日本経済新聞社)の
出版を記念して、
加藤さんをお招きして、読書会を開催いたします。


自分を立てなおす対話」 加藤雅則著 日本経済新聞出版社


書籍の表紙の文言を抜粋すると、
 本書では、組織で働く個人が、
 組織の理不尽な問題を前にして、
 自分を立てなおすための方法を提案します。
 それは、「問題をほぐす」というアプローチです。
 理不尽な問題をほぐすことによって、
 自分を立てなおし、
 理不尽な問題を抱えても、
 働き続けることができるようにする。
 それが本書の目的です。


私は18日(土)に開催された出版記念講演会に参加し、
自分を立てなおすために、
問題をほぐす、自分を語る対話をするというメッセージが
心にしみこみました。
  関連記事:「自分を立てなおす対話」(2011.06.18)


24日当日は
書籍を読まれたご感想やご質問をいただいたり、
風土改革の現場で起こったエピソード裏話などを
お聞きしたりしながら、
深い対話の場が生まれることと思います。

組織の中で、葛藤や自己矛盾を抱えてがんばっている方、
組織開発を支援されている方、ご興味がある方、など、
お申し込みをお待ちしております。


日時:7月24日(日)14:00-16:00(13:30開場)
場所:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)8F会議室
    http://www.gco.co.jp/ja/riyo/access.html
参加費:1000円(当日集めます)
定員:24名

お申込:「こちら」のフォームからお願いします。

お問合せ先:KHB17261@nifty.com(福住昌子)

満席が予想されますので、ご検討中の方はお早めに
お申し込みください。


<加藤雅則さんプロフィール>
 株式会社アクション・デザイン代表。
 ICF認定プロフェッショナル・コーチ、博報堂大学講師、
 プロセス・ファシリテーター、組織インタビュアー

 詳しいご経歴は、こちらをご覧ください。

2011.06.27

学生さんの授業で、自分の誇りを思い出す

友人のお誘いで、
兵庫県立大学の2回生のキャリアの授業で、
ワールドカフェ風の対話の場をファシリテートする
貴重な機会をいただいた。

テーブルを移動して回を重ねるごとに、
学生さんたちの本音が飛び出し、
学生さんどうしで質問や意見が飛び交い、
自分たちのことばで対話が進んでいく。

これまでの学生生活やアルバイト経験、
親御さんや兄弟の意見などを材料にしながら、
一生懸命前向きに考える素直さが
かわいくてたまらない。


一緒に参加した社会人スタッフとして、
かつてのコーチングのクライアントさんたち数名と
ご一緒できたことに感激した。

久しぶりにお会いして、その後のお話をうかがうと、
それぞれが、かつて話していた夢をしっかり叶えて、
活躍されている。

そういう姿を見るのが、コーチとしての私の夢なので、
本当に感慨深い。
クライアントさんどうしにつながりが生まれていて、
一緒にお仕事をされているのもとてもうれしい。


学生さんのこれからのキャリアを考えながら、
私も、これまでのキャリアを振り返って、
好きなお仕事を楽しめている喜びと誇りを実感した。


味わい深いひとときを、ありがとうございました。

2011.06.26

「祇園はるゆき」に仲間と集う

Haruyukiコーアクティブ・リーダーシップ
プログラムを学んだ仲間たちが、
「祇園はるゆき」に集う。

祇園はるゆき
  京都市東山区祇園町北側332-2
  ミキ会館2F
  075-531-0187

コーチ仲間のはるゆきが、
祇園に開いたばかりのお店。

1軒家に見えるような店構えで、階段を上がると、
オーナーが満面の笑顔で迎えてくれる。

中はカウンターもソファ席もあって、
実家や友人の家のリビングで
ごはんを出してもらうような感覚で過ごせる雰囲気。


はるゆきのお料理の腕には昔から定評があって、
久しぶりの仲間とおしゃべりに花を咲かせていると
絶妙のタイミングで体に優しいおばんざいが並ぶ。


聴くこと、夢を語ることが大好きなコーチ仲間は、
久しぶりの再会に盛りあがり、
気がつくと深い対話が始まっていく。

これから新しい事業を始める先輩が壮大な夢を
熱く語られるのを聴いて、体が温かくなる。
お互いに夢を語りあい、認めあい、応援しあい、
熱くて清々しい空間ができあがる。


何度も訪れたい、大切な人に紹介したいお店で、
かけがえのない仲間たちとの味わい深い時間を
過ごすことができて、幸せです。

2011.06.25

ジンジャーエール辛口は品切れ中

最近、東京でも大阪でも、
ジンジャーエールの辛口をオーダーすると、
「辛口は今切らしていて、甘口ならありますが。」と
立て続けに3軒のお店で言われた。

なぜだろう?と思っていたら、
昨日訪れたお店の方が、
工場が震災の被害にあって製造できないらしいと
教えてくれた。

飲食物で初めて震災の影響を実感した。

2011.06.23

生々しさに身につまされる

ランチに入ったお店でお隣に座った女性2人は、
午前中にコーチングかコミュニケーションの研修を
受けたみたい。

「言ってることはわからんでもないけど、
 話なんかいちいち聞いてたら仕事できひんやんなぁ。」

「こんな会話はだめですって、例が極端すぎるし、
 ぴんとこんかったわ。」

「うなずいて聞いたら、いつまでもしゃべるやん。」

「総務とか人事とかの人は、ちょっとは聞いてあげたら
 いいと思うけど、私らはありえへんわ。」


生々しいご感想に好奇心がかきたてられて、
思わず、
オーダーするつもりのなかった食後のドリンクを頼んで、
メールしているふりをして、耳をそばだてる。


コミュニケ―ションを伝える立場として、
研修の場がひとりよがりにならないように、
参加者のみなさまの反応を確認したり聴いたりしながら、
つくりあげていかねばと、身につまされた。

2011.06.22

いまここ

Heartいまここ

自分につながる


それだけ

2011.06.21

新しい顔で

3年ぶりに、プロフィール写真を撮りなおした。

Mako2011

この1枚は、3人のプロのすごい技で仕上がったもの。

コーディネートは、
レアリゼスタイルの三好凛佳さんのお見立てで、
前日に楽しくお買物をして、

メイクは、
スタジオKiPSYの善本雅子さんに
丁寧に丁寧にお肌をつくっていただいて、

撮影は、
スタジオKiPSY代表の善本喜一郎さんに、
ごきげんな雰囲気を創りながら撮っていただいた。


メイクをしていただいている段階で、
鏡に映る人が自分とは思えなくなって、楽しくて、
撮影が始まると、
優雅に微笑もうと思っても、
勝手に表情が緩んで、満面の笑みになっていく。


プロフェッショナルなみなさま、
心地いい体験を、ありがとうございました!

この写真で、
心からの笑顔でお客さまに接することができるように、
私もプロのお仕事、がんばります。


3年前にKiPSYさんに撮っていただいた写真はこちら。

Mako2008_2この写真には、
3年間、
とっても
お世話になりました!

2011.06.20

ペイジーで納税

今年から、府民税・市民税をペイジーで納付できるという
案内が入っていたので、早速使ってみた。

1分もかからず納税完了。

あっけないけれど、
窓口に行かずに簡単に手続きできてうれしい。

2011.06.19

ねこはねこ

ねこは、ときどき、いぬにあこがれる。

いぬの世界がかっこよく見えて、
ちょっと真似するだけでは飽き足らなくて、
いっそのこと、いぬになろう、と思う。

一生懸命せのびして、
ボスいぬにくっついて歩いては、
いぬになろうと試みる。

でも、やっぱり、ねこはねこ。

ちょっと近づいたような気がしても、
ねこは、いぬにはなれない。

疲れ果てて、
かなり激しく落ち込んで、
そのあと気づく。

ならなくていいんだ、って。

ねこのせかいを探検して、
見ようとしていなかった、すてきなものをみつけよう。

2011.06.18

「自分を立てなおす対話」

コーチングを学び始めたころにお世話になった、
CTIジャパン元リーダー加藤雅則さんの
「自分を立てなおす対話」出版記念講演会に参加した。


自分を立てなおす対話」 加藤雅則著 日本経済新聞出版社

前半は加藤さんの講演で、
出版に至るまでの裏話を聴けたり、
実際に加藤さんが対話を実施された企業の方が
来られていてコメントをされたり、
ざっくばらんな雰囲気で楽しくお話をうかがえた。


Book加藤さんにとっての
対話の定義は、
聴くことよりも、
自分を語り直すこと。

事柄ではなく、
問題を抱えている
自分について話す。

著書にいただいたサインにも
「語り直す力」と
書いてくださった。


後半のCTIジャパンCEOの榎本英剛さんを交えた
パネルディスカッションでは、
お互いのお話に触発されて交互にマイクを取って、
リアルで深い世界にいざなわれた。


今の私にとって、強く印象に残ったのは、

組織に入っていくときは、
 現状を否定も肯定もせず、
 今あるものをそのまま受け取ること。

 自分のあり方が問われる。

 立て直し続けること。


想定外のことが起こっても、
一瞬ひるんだり、くじけそうになったりしても、
立て直し続けて、語り直そう。
そう思いながら、
新幹線で、本をゆっくり味わいながら帰った。

2011.06.17

1年ぶりのなみへいさんで7-8年ぶりの仲間と集う

神田でお仕事を終えた後、
1年ぶりに「なみへい」さんに行く。

中小企業診断士の仲間たちが、
私の上京に合わせて集まってくれることになり、
幹事を引き受けてくれたKさんが選んでくれたお店が、
なんと、ここ!

メルマガでシェフが今月末で変わられると知って、
どうしても今月中に、1人でも行きたいと思っていた
願いが通じて、奇跡かと思った。


期待いっぱいで訪れたお店は、あいかわらず満員で、
ママの明るさもシェフの忙しさも変わらず素敵。

今月のお料理は、東京から復興支援ということで、
岩手県岩手町特集。
珍しいお料理がいっぱいで、すべておいしい。

  集まった仲間とのおしゃべりが楽しすぎて、
  写真を撮り忘れてましたm(__)m


集まってくれた仲間たちは、
診断士に同期か1年違いで合格したつながりで、
7-8年ぶりに会う人も多い。

それでも、つい最近会ったばかりのように、
当時のノリで盛り上がれる貴重な仲間たち。

気がつくと閉店間際まで、3時間半も過ごした。

居心地のいいお店、
居心地のいい仲間、ありがとうございました!

2011.06.16

フェイスブックのコミュニティで女子会

明日のお仕事に備えて、東京に前日入り。

偶然、お世話になっている先輩が
女性の士業を中心とした交流会を主催されると聞いて、
ありがたくお仲間に入れていただく。

フェイスブックのコミュニティを作られて
たっぷり女子トークで盛り上がっていたせいか、
ふだんは人見知りが激しい私が
初対面のみなさんの中で居心地よく過ごせた。


私の印象は、ファーファ って。
柔軟剤。

よほどリラックスできていたのだと思う。
にこにこ聞いているだけで楽しかったから。


コミュニティ作りが上手な先輩のおかげ。
自己紹介に共通のお題を出して場が和んだり、
お互いを紹介するときに
さりげなく2人の共通点を教えてくれるので、
そのまま自然に会話が生まれる。

昔、niftyでコミュニティを運営されていたころから
そうだった。
老若男女を問わず、ファンが多い方。

私もこのコミュニティと先輩から、
女子力、気配り力を学びます。

2011.06.14

学生さんの勉強会に刺激をいただく

お世話になっている本間直人さんのお誘いで、
NPO法人KOBE GROOVE CRADLEの、
学生さんの勉強会に参加させていただく。

運営されているみなさまは、
毎週自主勉強会を運営されている熱心な方々で、
駅までのお迎えも、事前の打ち合わせも
とても丁寧なおもてなしがすばらしい。


直人さんは、
いつものように始まる前から話しやすい場を創られ、
オープニングからみなさんの気持ちをがっちりつかんで、
どこまでもレベルが上がっていく。

それを、意識の高い学生さんたちは、
全てを自分のものにしようと貪欲に吸収していく。

本気と本気が作り上げるすばらしい空気感。

みなさまと演習でご一緒したり、
休憩時間にお話ししてみると、
明確な目的意識を持って前向きに考えて吸収しようと
される姿勢に、ハートが熱くなった。


今どきの学生さんたちは、
すばらしすぎる人たちがいっぱいいるよ~、と
採用活動中の企業さんに、声を大にして叫びたくなる。

スタッフのみなさま
直人さん
素晴らしい体験をありがとうございました!

2011.06.13

人は成功体験で成長する

「組織変革、組織開発、意識改革」ワークショップ、
いすず自動車元社長の稲生さんのお話から
もう1つシェア。

質疑応答の中で、

 人は成功体験で成長する。

 失敗から学ぶといっても、それだけでは萎縮する。
 組織内に信頼関係があれば、
 成功体験は自慢話にならない

とおっしゃった。


コーチングやAIを学んで、お仕事にしている私は
とても勇気づけられた。
コーチングやコミュニケーション研修では、
必ずのように、ヒーローインタビューをする

演習として盛り上がった後、
参加者のみなさまから必ず聞かれることばは、
 長年一緒にいる同僚がこんなことを思っていたのか。
 初めてこんなことを話した。
 親しみを感じた。
などなど。


だから、
のべつまくなしに自慢話をしたらうるさがられるとしても
職場でヒーローインタビューが当たり前に行われる
組織が1つでも2つでも増えるよう、
背中を押していただいた気持ちで、研修します。

2011.06.12

トップの本分

神戸大学で開催されたワークショップ、
「組織変革、組織開発、意識改革」に参加した。

金井教授に憧れて、
一時期は本気で社会人大学進学を考えた私にとって、
憧れの場所で学べるだけで、テンションが高まる。

いすず自動車のかつての風土改革がテーマで、
金井教授のコーディネートのもとで、
コンサルタントの柴田昌治さん、
人事で改革を首謀(?)された北村三郎さん、
当時の社長の稲生武さんが、
それぞれ講演され、パネルディスカッションが行われた。


特に私が感銘を受けたのが、稲生さんのお話。
技術者魂を強くお持ちの70代の稲生さんが、
「経営はハートの問題だ」と熱く語られる。

組織が変わるために最重要なのは、「トップの本分」。

経営の勉強をせずにトップのポストにつくので、
1~2階層下の部課長の仕事をしてしまいがち。
当然うまくできるから、
「さすがですね」と快感になり、落とし穴になる。

稲生さんは当時、柴田さんに
「トップは、「誰が決めるのか」を決めてください と
言われたという。
決断するという成長のチャンスを独占してはいけない。


会社がなくなるかもしれないという大変な修羅場を
大変な思いをしながら超えてこられたからこそ、
一言一言が重く、深く、
ストレートなメッセージに愛情がたっぷりこもっている。

同じことばでも、誰が言うか、どれだけ本気で言うかで
伝わり方が違うことも、改めて体感した。

会場で直接お話をうかがえた貴重な機会に、
心から感謝します。

2011.06.11

家族とのコミュニケーショントレーニング

朝早く、外出直前に家族がのんびり話しかけてきた。
「出かけるから。」と言っても止まらなくて、
ついイライラした声をぶつけて、家を飛び出した。

20分に1本くらいしかないバスが来るのが見えて、
慌てて走り出して、車にぶつかりそうになる。

ヒヤッとした瞬間に思った。
もし今死んだら、私の人生最後の会話は
あんなにイライラしたことばになる。

・・・ヤだ・・・


他人なら、
「ごめんね。急ぐから帰ってからでいい?」などと
不愉快にしないように丁寧に断れる。

多少の無理も許される、近しい家族だからこそ、
つい、甘えが出てしまう。
本当は、一番身近で大切な関係なのに。


コミュニケーションを伝える仕事をしているのに、
身近な家族につらい思いをさせたくない。
最大のトレーニング環境。

当たり前だけど、
家族である前に、1人の人間どうしのおつきあい。
改めて、肝に銘じようと思う。

2011.06.09

私語禁止

Slogan少し前、
ある事業所さまで、
こんな掲示を
見つけた。

時計とカレンダーの
間に貼られていて、
スタッフの方の目にも
入りやすいと同時に、
来客からもよく見える。


ということは、隠す必要はないということ。
赤文字で、パウチされていて、
隅にはお花のシールで飾られている。

珍しがってカメラを向ける私に、
職員さんたちは笑顔でOKしてくださる。


どうしてこれが貼られることになったのだろう?
どんな職場の風土なのだろう。
掲示物1つから、私の好奇心が広がる。

2011.06.08

YYラジコン倶楽部を訪問

Shop昨夏の堺創業塾卒業生の
方が開業されたお店、
「YYラジコン倶楽部」を
やっと訪問できた。

 YYラジコン倶楽部 
   大阪市浪速区日本橋5丁目1-16
   http://yy-rcclub.com

壁面にはぎっしりと
商品が並べられていて、
来られていたお客さまが
1つ1つ食い入るように
眺めていらっしゃるのが印象深い。

オーナーの難波さんも心得ていらっしゃって、
お好きなだけ眺めていただいて、
絶妙のタイミングでお話しされる。

近況やこれからのことを少しうかがって、
あたたかい笑顔でお見送りいただいた。


今年も、自分で事業やお店をしたいという夢を
お持ちの方を応援できるよう、
何らかの形で講座を開催できるように鋭意企画中。
詳細が決まれば、改めて告知します。

2011.06.06

6月スケジュール

☆コーチング

  新規のクライアントさんを受付中です。
  「こちらのフォーム」からお気軽にお問い合わせください。


☆経営相談

  堺商工会議所の窓口で無料相談を行っています。
  6月7日(火)、21日(火) 13:00-16:00

  ご予約やお問い合わせは、
    堺商工会議所(072-258-5581)へどうぞ。

2011.06.05

ちゃんと待つ

ほぼ日刊イトイ新聞で、
糸井重里さんのエッセイ「今日のダーリン」に感動。。。
さすがダーリン。


どんなすごい人にも、

  どうしたらいいんだろう。
  なにをすればいいんだろう。
  それどころか、じぶんはなにがしたいんだろう。
  なにかしたいというエネルギーがあって、
  それをするためのからだも、気持ちもある。
  だけど、なにを、どうしていいのかわからない。

と立ち止まっている時期があったという。
しかも、断言!してくださっている。

そして、

  「これをしたいんだ」ってわかるときを、
  楽しみに、居眠りせずに待ってることなのかなぁ。
  「ちゃんと待つ」って、すっごいことなんだ。


今の私、そうかもしれない。
独立して7年以上たって、
新しい方向に舵を切りたくて、
これ!と思うことが見つからなくて、
多少焦ったり、もんもんとしたり。


この感じ、何かに似ている。

と思って、記憶をたどる。

例えば、
進学とか、異動とか、資格取得とか、独立とか、
何かを始める少し前。
どれも、すぐに新しいことが見つかったのではなく、
自分が何を探しているのかもわからず、
試行錯誤して、回り道もして、そして出会う。


これだ!とわくわくする新しいプロジェクトに
ちゃんと出会えるように、
ちゃんと待ちます。

2011.06.04

豆乳でおなかをこわす

Cloverコンビニの棚で調整豆乳を見つけて、
1つ買ってみた。

女性の士業のお仲間のみなさんが
美肌やアンチエイジングによいと
Facebookでもりあがっていたのを
思い出したから。


結構おいしい。
ふだんは無糖のお茶やコーヒーを飲んでいるので、
豆乳はカロリーが高いのが気になったけれど、
時々ならいいかも。
・・・と思っていたら、

おなかをこわしたweep


昔から、牛乳は飲めない。飲むとおなかをこわす。
豆乳は、そんな人でも大丈夫と聞いたのに、なぜ~?

ベッドで苦しみながら、スマホでネット検索する。

豆乳は大丈夫説が主流だけど、
中に、豆乳にはマグネシウムが多く含まれているから、
という説を見つけた。
それなのかな? よくわからないけど。
冷たいまま、大量に飲むのもよくないらしい。


お豆腐料理は好きだし、
豆腐料理のお店で出された豆乳は大丈夫だったので、
少量&加工品ならいいのかな。
牛乳も、そのままは飲めないけれど、
プリンやゼリー、カフェオレなどではOKだし。


美しくなるのも、楽じゃないのね(^^ゞ
私に合うもの、探してみます。

2011.06.03

facebookのおかげでandroid OSバージョンアップ

DroidREGZAフォンのandroid OSを2.2に
バージョンアップしようとすると、
Wi-Fiのエラーメッセージが出る。
自宅はWi-Fiが圏外なので、
作業が進まない。

・・・と、Twitterとfacebookで
つぶやいたら、
「WiFiルータでつながらない?」と
お助けメッセージをいただいた。

WiFiルータなんて持ってないし~~~と
あきらめかけること10数秒、

あ、あった!

ノートPCを持ち歩かなくなってすっかり忘れていた、
emobileのPocket WiFiの存在を思い出した。
解約していなくてよかった。。。


Pocket WiFiをデスクトップに初めて接続してみる。
すると・・・
かなり時間はかかったけれど、無事完了happy01


こんなに苦労して(^^)バージョンアップしたかったのは、
名刺認識のアプリを使いたくて、
OS2.1ではREGZAのカメラを認識してくれなかったから。

その名刺認識も成功!
撮影した名刺が、ちゃんとアドレス帳に取り込まれる。
これで、新しく知り合った方のメールや電話番号が
すぐに入力できるので便利。


教えていただいたMさま、ありがとうございます。

2011.06.02

できる女性の心づくしのお手紙

お仕事をご一緒することになり、
先日、お顔合わせを兼ねて夕食の機会を設定して
いただいた女性から、
美しい封筒と季節のお花の切手、
便せんには美しい文字と、
封筒の柄にちなんだスタンプが押された、
見とれてしまうほど美しいお手紙をいただいた。

難しい技術系の資格をたくさん保有され、
男社会な業種の会社で部長職につかれている女性。

お会いしたときも、
ソフトな笑顔で楽しいお話をたくさん聴かせていただいて
すっかりファンになった。
そして今日、心づくしのお手紙をいただいて、
さらにもっともっとファンになった。

できる女性は、しなやかでかっこいい。
また1人、私の尊敬するロールモデルとなる女性に
出会えて、とてもうれしい。


キティちゃんの切手を貼ってお返事も出したけれど、
本当のお返事は、お仕事で返したい。

この心遣いに匹敵するお返しができるように、
私に何ができるのだろう。
大きな大きな問いをいただいた気がして、
わくわくしてきた。

毎日毎日、先方の企業さまのことを思い続けて、
一番喜んでいただけるご支援ができるように、
全身の細胞を総動員して考えます。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ