最近のトラックバック

« おなかが動く | トップページ | 子どものステキな接し方 »

2011.07.31

ミョウガとゴーヤ

Myoga茗荷が出てきた!と、
母が部屋に呼びに来た。

ミョウガ大好きなので、
食べられるのかな?と
わくわくしてサイトを調べると、
食用として採取するには、
蕾が2~3cmのうちに
掘らないといけないらしい。

ぎりぎり食べごろかな。

Goyaゴーヤは、
今年は不作。
やっと雌花が
いくつかついても、
実が大きく
成長せずに、
そのまま黄色く
朽ちてしまう。

ゴーヤも無事に
実りますように。

« おなかが動く | トップページ | 子どものステキな接し方 »

コメント

まこさん、ご無沙汰しています。
こうじゅです。

ゴーヤ、雌花 が咲いているとのことですが、
雄花を取って受粉されていますか?。
余程、田舎でないと蜂や蝶が受粉してくれることは
少ないと思います。

そして、もしかしたらなんですが、
苗を植えて少し育った時に、先の方を摘芯(切ってしまいす)
して、そのわき目から出てきたのが、子づるで、更にその子
ずるも伸びてきたら、摘芯します。そのわき目から出てきた
孫づるから沢山の雌花が咲き、朝、雄花の花びらを取って
雌花にちょんちょんと受粉してやると、必ず実になります。
受粉から2週間くらいで食べられるかな?。

摘芯の仕方は苗の種類によっても多少の違いはあるようですが、これで随分実のなる個数が変わるようです。

私は昨年、それで25個食べました。苗は3株だったかな?。
季節の最後の方は苦味が凄かったですけどね(苦笑)。

まだ8月の最初なので、是非雌花を見かけたら、
受粉してあげて下さいね♪。
きっとおいしいゴーヤが収穫出来ますよん(^^)。


こうじゅさん、お久しぶりです。
経験者の解説、ありがとうございます!
受粉してあげないとダメなのですねeye
なんにもしてませんでした(^^ゞ
摘芯もせず、ほったらかしです。。。

苗も1株だけで、ダメになった雌花は8個くらいです。
残りを見つけたら、がんばります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/52352569

この記事へのトラックバック一覧です: ミョウガとゴーヤ:

« おなかが動く | トップページ | 子どものステキな接し方 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ