最近のトラックバック

« お揃いで気づくパーソナルスペース | トップページ | コーリードの関係性を築く »

2011.09.06

大丈夫?の期待

クライアントさんの先を越さないこと、

これは、2003年後半ごろに受講していた、
コーチングの資格取得コースのスーパービジョンで
 直感力があるのは強みにもなるけれど、
 クライアントさんが気づく前に投げると
 水晶玉の世界になるよ
と言われて以来、気をつけていることの1つ。

  そのスーパーバイザーさんは
  最近読書会でお世話になっている方です(^^ゞ


でもそれは、まだまだかなり甘かったみたい。

いのちの電話のお仕事を何十年もされ、
後進の指導もされている方のことばを読んで、
想像を超えた奥が深さに驚いた。

その方は、
例えば、転んだ人に「大丈夫?」と聞くのは、
既に質問者の期待が入っているとおっしゃる。

つまり、「大丈夫。」と答えることを期待していて、
相手も、「大丈夫。」と答えざるをえないという。

ここは、黙って待つか、
「つらいですか。」「痛いですか。」などと
相手の感覚に沿う言語を使うのがいいらしい。


カウンセリングの現場では、
離婚や自殺を考える相手がひとしきり話した後に、
お子さんへの気がかりを話し始めたとき、
「お子さんはいくつ?」などと聞くのは、
カウンセラーが、話題が変わったことに安心して、
気が緩んでいるのだと指摘する。

こういうときも、黙って待つか、
「お子さんのことが浮かんだのですね。」などと
あくまでニュートラルに接するようにと指導される。


もし彼女に私のコーチングを聞いていただいたら、
あちこち指摘が飛んでくるかもしれない。

コーチングなので、ただ黙って聴くのではなく、
クライアントさんの気づきや進化の役に立つように、
どんどん関わりながら、一緒につくっていく世界。
なおかつ、追い越したり引っ張ったりしないように、
ときどきこういう視点からもチェックして、
もっともっと極めたい。


何年学んでも、何年プロとして活動しても、
どこまでもどこまでも奥行きがあるのがおもしろい。

« お揃いで気づくパーソナルスペース | トップページ | コーリードの関係性を築く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/52643184

この記事へのトラックバック一覧です: 大丈夫?の期待:

« お揃いで気づくパーソナルスペース | トップページ | コーリードの関係性を築く »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ