最近のトラックバック

« 笑顔のコーチングat大津 | トップページ | 自由業の不自由さを感じた日 »

2011.10.03

70代女子の爪を磨く

母が右手を骨折し、手術のための入院を控えて、
爪を切ってほしいと頼まれる。

入浴や着替えなどの全身の大がかりな介助より、
こういう細かい作業のほうが、
相手の感覚や加減がわからないので、神経を使う。


どうしようかなと思った次の瞬間、思い出した。

長浜のガラス館で買った、スワロフスキーがついた
ガラス製の爪やすりがあったはず。

キラキラしたやすりを持ってくると、母の目が輝く。
ネイルサロンのお姉さんみたいにうまくできなくても、
母の手をとって、1本ずつ丁寧にやすりをあてていくと、
ちょっとうれしそう。

やっぱり母も、女子なのね。

入院や手術の不安が少し和らいでよかった。

« 笑顔のコーチングat大津 | トップページ | 自由業の不自由さを感じた日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/52902220

この記事へのトラックバック一覧です: 70代女子の爪を磨く:

« 笑顔のコーチングat大津 | トップページ | 自由業の不自由さを感じた日 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ