最近のトラックバック

« お仕事へのピュアな気持ちを思い出す本 | トップページ | クライアントさんの未来を旅する »

2011.12.21

産みの苦しみ中

Kame来年は、
屋号をつけるにあたって、
ほとんどしてこなかった
自主セミナーを開こうと、
ここ数日、うなり中。

企業研修の企画などの経験を重ねてきたので、
しばらく思い描くと、それらしきものは形になる。
名(?)コピーも浮かぶ。


でも・・・

何か違う。


たぶん、テーマ性のあるセミナーになるし、
持ち帰っていただく気づきも大きいし、盛り上がる。

でも、何か違う。
私自身の、深いところに、いまいち響かない。


これが、私が一番やりたいこと?
本当は、何がしたい?
どんな方たちに、何を持って帰ってほしい?

問いばかり浮かぶ。


書きなぐった紙は、くしゃくしゃ、ポイ。
次に書いたのも、くしゃくしゃ、ポイ。
その次のも。


自分の名前で自分で開催することが、
私自身のハードルを越える活動だと思ってた。
実際は、もっと大きいものと向き合っているみたい。

私の根っこにあるもの、奥深く眠っている思い、
世の中に伝えたいこと、

生きる覚悟が問われているような。

年の瀬に、なんだか大きな課題がふってきた。


といっても、わくわく楽しい。

屋号のおひろめというプレッシャーとも戦いながら、
私が本当にやりたいことを見つめてみます。

  でもでも、
  一緒に考えてくれる方募集~(^^)  

« お仕事へのピュアな気持ちを思い出す本 | トップページ | クライアントさんの未来を旅する »

コメント

まこさんと同じ作業に直面しています。
12月中いっぱいは、インプットの時期と決めて、あれこれ人に会いに出かけたり、情報を集め読みしたり。12月末から1月初頭に、温泉宿にこもる計画です。
ここで一気に、自分自身のふりかえり、棚卸し、何ができるのか、何をしたいのか、何をしなければいけないなか、何だったら市場性があるか、なんてことを考えつつ、自分自分のミッションステートメント、新しい屋号の事業趣意書などをいっきに作ろうと思っています。
自分が再出発にあたって気をつけなければと思っているのは、そこそこ器用に何でも対応可能なため、ともすれば何でも屋さんになりかねないことです。何でも屋さんでもよいのですが、自分の「軸」となるものがないと、フラフラしているうちに人生が終わってしまいそうな気がします。この「軸」となるもの(言葉?考え方?何?)を見つけることが、年末年始の独り合宿の目的です。
まこさんもきっと同じような問題に直面しているのかと。ともに、やりとげましょう!

masaさん、ありがとうございます!
勇気がでます。
また情報交換しましょうね(^_-)-☆

僕も同じようなことやってます^^
11月に東京に来て、来年をスタートダッシュできるようにただいまプラン作成中です!
お互い頑張りましょうね☆

しんちゃんも、お仲間ですね。
できることを組み合わせたら、形はつくれるけれど、
じっくり原点を見つめて、練ってみようと思います。
またシェアしましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/53533838

この記事へのトラックバック一覧です: 産みの苦しみ中:

« お仕事へのピュアな気持ちを思い出す本 | トップページ | クライアントさんの未来を旅する »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ