最近のトラックバック

« 玉手箱で甘い打ち上げ | トップページ | 自分の意思で涙を止められる女になりなさい »

2011.12.10

激動の年、かけがえのない仲間のありがたさをかみしめる

中小企業診断士の受験生時代からのおつきあいの
船場総研の忘年会に、京都へ出向く。
農と食の分野で活躍中の幹事さんが選んでくれた
素敵なお店は、
 都野菜 鹿ヶ谷 http://shishigatani.net/


みなさんと顔を合わせるなり、
久しぶりなのになんでここまで息がぴったり?と
台本があるかのような突っ込み合戦トークが展開する。

自然に心が開いて、気持ちが緩む。
かけがえのない仲間。


落ち着いたおしゃれな内装の店内で、
新鮮な朝採れ京野菜のおいしいお料理に舌鼓を打つ。

インパクトが大きかったのは、
朝採れ野菜スティック食べ放題と、里芋ごはん。

StickGohan

かぶを見て、
スティックか?と同時にハモリ突っ込みをいれながら、
野菜の素朴な甘みを堪能する。
もちろん、おかわり!

里芋ごはんも、土鍋のふたをあけると、
ごろっと大きな里芋が存在感を主張する。

Concept女子トイレに飾られていた
「胃・飾・自由」の額は、
このお店のコンセプト。

都野菜はあなたの未来を
綺麗にする。
今宵あなたの綺麗に乾杯。

というフレーズにひかれ、
席に戻ってスマホを持って、
写真におさめる。


世間のみなさまが月食を見上げ始めたころ、
帰りに、京都駅で寄り道。
TreeTower

広い階段を上ったり振り向いたりしながら、
壁や階段にも反射する光を楽しむ。
ちょうど建物の間にはめこんだように、
京都タワーも見える。


世の中にも、身の回りにも、
いろんなことがたくさん起こって、
いろんなものが変化したこの1年だけに、
10数年来のかけがえのない仲間の存在が
ますます大切に思える。

« 玉手箱で甘い打ち上げ | トップページ | 自分の意思で涙を止められる女になりなさい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/53455021

この記事へのトラックバック一覧です: 激動の年、かけがえのない仲間のありがたさをかみしめる:

« 玉手箱で甘い打ち上げ | トップページ | 自分の意思で涙を止められる女になりなさい »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ