最近のトラックバック

« 阿川佐和子さんの「聞く力」の世界を楽しむ | トップページ | 不器用な選択 »

2012.03.15

お家探しは自分探し

お引っ越し先を探す中で、
知らなかった自分の一面がよりはっきりと見えてきた。

心地よさや感覚が最優先の私にとって、
優先順位が、住>>>衣・食なのは、わかっていた。

その住空間の居心地を決める譲れない条件は、
探し始めたころは、空間の広さだと思っていた。
探しているうちに気づいたのは、
私は、物件の質感に反応しているらしい。

希望以上の広さで、比較的きれいなお部屋を見ても、
それほど気持ちが高まらないのに、
狭くてもグレードが高いマンションを見せてもらうと、
宙に浮いたみたいに身体が軽くなって、
明らかに、自分の表情や声が変わるのがわかる。

外と内の気持ちを切り替えられるエントランスの雰囲気、
私のお部屋と言いたくなるドアの質感、
天井と床と壁に囲まれたときの呼吸のしやすさ、
触りたくなる収納スペースの扉や棚の材質感、
お部屋への光の差しこみ方、
座って見上げたときの空の見え方、などなど、

文字にすると長くなるけれど、
実際には、ほんの一瞬の感覚で、心が弾む。


そういえば、今年の私は、「はずむ年」
 関連記事:「2012年は「はずむ」年に」(2011.12.23)
 ついでに、今気づいたけれど、この記事のURLは
 私の誕生日「427」なのも、何か大切な意味がある?


論外とさえ思っていた狭さなのに、
物を置くともっと狭くなるのに、
お片づけが苦手な私にはチャレンジングなのに、

どうしても置きたいものをあきらめてでも、
何をどうレイアウトすればミニマムに生活できるかと、
考え始めている自分にびっくりする。

いくら感覚人間と言ってもね・・・と、
冷静に考えると、再検討マークが点灯しそうだけど、
人生の大切な瞬間は、直感で乗り切ってきた私。


お部屋を探しながら、自分と向き合う日々が続きます。

« 阿川佐和子さんの「聞く力」の世界を楽しむ | トップページ | 不器用な選択 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/54224197

この記事へのトラックバック一覧です: お家探しは自分探し:

« 阿川佐和子さんの「聞く力」の世界を楽しむ | トップページ | 不器用な選択 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ