最近のトラックバック

« ディープ大阪な夜を過ごす | トップページ | 文殊×2の知恵がつながる »

2012.04.18

先輩からの昔話のすすめ

お世話になっている企業さまで連載しているコラムで、
新人時代の失敗談を公開してみた。

------

みなさまの職場にも新人さんがこられましたか?

新入社員研修などで20歳前後の方々と話してみると、
お仕事や会社についてもっと先輩の話を聴きたいと
思っている方が多いです。

みなさまの新人時代のお話は、彼らにとって新鮮です。
1人1台のパソコンや携帯電話がなかったころのお話は
想像もつかない世界です。

オレ様自慢にならない程度に、昔話に花を咲かせてください。

「昔はよかった。今はダメだ。」と話すのはNGですが、
その頃にタイムスリップしたように、
当時はどう思って、何を願っていたのか、気持ちを語ると、
今は偉い上司や先輩も同じような道を通ったのだなぁと、
距離が近く感じられます。

私のお客さまも、
「この会社の今のロゴは、僕たちが15年前に考えた。」
「あの商品のデザインを当時の役員に認めてもらうのに、
町を毎日歩き回ってデータを集めた。」などと話すと、
後輩たちが興味津津でたくさん質問が飛び交ったそうです。


私自身はカメラ会社に入社して、
「俺が開発したんだ」と昔の貴重な機材を触らせてもらって、
「ピントが合わないですけど、壊れてるんですか?」と、
役員さんを絶句させた経験があります。

慌てた先輩方から、
電池がいらなかったカメラの構造と歴史について
特別教育を受け、数年後の商品企画やマーケティングの
お仕事に大いに役立ちました。
「彼女は使えない」と見捨てなかった先輩方に、
感謝の気持ちでいっぱいです。

------

« ディープ大阪な夜を過ごす | トップページ | 文殊×2の知恵がつながる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/54445782

この記事へのトラックバック一覧です: 先輩からの昔話のすすめ:

« ディープ大阪な夜を過ごす | トップページ | 文殊×2の知恵がつながる »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ