最近のトラックバック

« 診断士の更新研修でうれしい再会 | トップページ | 堺創業ゼミからコラボが芽吹く »

2012.09.05

組織マネジメントと職場マネジメント

神戸大学の鈴木竜太先生のセミナー
「職場における援助と勤勉と創意工夫のマネジメント」を
聴きに行く。

組織行動学の分野で、
市民行動とか公共的行動などと言われている、
役割外の行動をどうマネジメントするのか、というお話。


「組織マネジメントの限界と職場マネジメントの可能性」
という区分が新鮮に感じた。

これまで、
個人主義と全体主義、成果志向とチーム志向
などの切り口は、
仕事の中で体験したり直面したりしてきたけれど、
組織と職場という単位で区別したことはなかった。

鈴木先生の研究データでは、
Face to faceで関わり合って仕事をすることで、
「自分にできることは何か」を考えるようになり、
互いに助け合い、自律も促進される。


関わるからこそ自律できる、
自律しているからこそ関われる、と聞いて、

やっぱり、私が興味をひかれるのは、
人は人で磨かれ、人と人の関係性が形作られていく
プロセスなのだなぁと、再確認する。


関わり合いを感じる(認知的)と作る(構造的)の
2つの側面でマネジメントするという考え方も興味深い。


まだ私の中でうまくまとまらないけれど、
組織の中で、
なぜチームやプロジェクトの関係性が大事なのか、
組織の目的、チームの目的、個人の目的、など
私が取り組んでいるシステムコーチングともつながって、
知的な刺激をいっぱいいただいた。


セミナーの中で引用された
加護野忠雄先生の書籍「経営の精神」も
ぜひ読んでみたい。

経営の精神」 加護野忠雄 生産性出版

読みたい本がまた増えてきた。。。

« 診断士の更新研修でうれしい再会 | トップページ | 堺創業ゼミからコラボが芽吹く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/55590599

この記事へのトラックバック一覧です: 組織マネジメントと職場マネジメント:

« 診断士の更新研修でうれしい再会 | トップページ | 堺創業ゼミからコラボが芽吹く »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ