最近のトラックバック

« 日経新聞で同級生を発見 | トップページ | 祖母のお詣りで母と濃い時間を過ごす »

2013.01.15

「採用基準」でリーダーシップスタイルを学ぶ

長年マッキンゼーの採用マネジャーをされ、
ちきりんさんのお名前でブログや書籍を書かれている
伊賀泰代さんの「採用基準」を読んだ。
 「採用基準」 伊賀泰代 著 ダイヤモンド社

伊賀さんのおっしゃる採用基準は、
グローバル企業で求められるリーダーシップ。

コンサルタントに最も必要なスキルはリーダーシップ、
問題を解決するのは、
解決策を紙に書き出すスキルではなく
解決策のステップを行動に移していくリーダーシップ、と
きっぱり断言される。

その観点で、世間でよくある誤解もばっさりと切り捨てる。

リーダーシップ論は数多くあるけれど、
シンプルな論点で明快にきっぱりと提示されると、
主張がすーっと頭に入ってくる。
このわかりやすさも、マッキンゼーで鍛え上げられた
リーダーの伝え方なのだと思う。


ちきりんさんのお名前で書かれているブログも、
大胆な仮説を小気味よくきっぱりと打ち出されていて、

彼女の記事をきっかけに、
意外な視点に目からウロコが落ちたり、
こんなふうに論を展開するのかと驚いたり、

「え~、それは極論では?」と思うときは、
なぜ私は「え~」と思ったのだろう?
反論するとしたら、どう立論すればいいのだろう?と
考えるきっかけになる。


私の伝え方やリーダーシップの特徴は、おそらく、
思いをこめて伝える巻き込み型と
相手の思いを汲んで取り入れるコーディネート型。

彼女のようにパーンと意見を言い放つ強さを磨きたいと、
自分のスタイルを振り返るきっかけをいただいた。

« 日経新聞で同級生を発見 | トップページ | 祖母のお詣りで母と濃い時間を過ごす »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/56545287

この記事へのトラックバック一覧です: 「採用基準」でリーダーシップスタイルを学ぶ:

« 日経新聞で同級生を発見 | トップページ | 祖母のお詣りで母と濃い時間を過ごす »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ