最近のトラックバック

« 神戸大学で「アクションリサーチとは何か」を学ぶ | トップページ | 「どうやって社員が会社を変えたのか」と「なぜ会社は変われないのか」 »

2013.03.23

非常ベルが鳴り響くエレベータに乗る

うららかな午後、マンションのエレベータを待っていると、
中から非常ベルが鳴り響いている状態で、
上のフロアから降りてきた。

ドアが開いて、おそるおそる中をのぞくと、
男性が2人乗っている。
台車と荷物を抱えているので、運送会社の方らしい。

「あの・・・」
乗っていいものか、立ち尽くす私に、
「ちょうどうまいこと、肘が当たってん。」と
おじさんが声をかけてくれたので、そーっと乗りこむ。
うまいことって・・・

1階に向かう間にも、ベルの音はどんどん大きくなる。
途中の階で止まるとか、
警備会社から連絡があるかと思ったのに、
何事もなかったかのように、1階に到着する。

エントランスを出たところで、
管理会社から委託されている方が掃除をされていたので、
「非常ベルが鳴っているんですけど。」と声をかけると、
「そうですねぇ。」って。
掃除は委託されていても、管理業務は別なのかな。


私はびっくりしすぎて心臓がバクバクしているのに、
運送会社のおじさんも、
掃除のおじさんも、
あまりにものどかで拍子抜けする。

もし、部屋にいるときに鳴り響いたら、どうしただろう。
生活力がなく、怖がりの私、
危機管理をちゃんと考えておかなければと思った
のどかな午後でした。

« 神戸大学で「アクションリサーチとは何か」を学ぶ | トップページ | 「どうやって社員が会社を変えたのか」と「なぜ会社は変われないのか」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/57015362

この記事へのトラックバック一覧です: 非常ベルが鳴り響くエレベータに乗る:

« 神戸大学で「アクションリサーチとは何か」を学ぶ | トップページ | 「どうやって社員が会社を変えたのか」と「なぜ会社は変われないのか」 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ