最近のトラックバック

« よもぎの柏餅 | トップページ | ME AND MY GIRLで至福のハイタッチ »

2013.05.06

「自衛隊式最強のリーダーシップ」に上司の共通のお悩みを見る

自衛隊式最強のリーダーシップ」を読んだ。

年に1~2回、ある機関で自衛隊出身の数名を対象に
プレゼンテーションやマネジメントなどの研修を担当する
機会があって、タイトルにひかれた。


自衛隊式最強のリーダーシップ」 石田英司 著 中経出版

石田氏は陸上自衛隊で訓練指導を担当された後、
民間企業で営業や研修を担当されている。

端的な表現で明確に結論を示され、
要点がストンと頭に入ってくる。

毎日が戦いの連続、
想定外などという言い訳は通用しない、など
さすが、強いリーダーシップで率いていくのだなぁと
思いながら読み進めていくと、
「支援型リーダーシップで部下を動かす」という表現が
出てきて驚いた。

私の頭の中には、
軍隊=一方的な指示命令、絶対服従という
勝手な思い込みがあったみたい。
私が担当する研修でも、元自衛官の方のご挨拶は、
「起立!」「礼!」「直れ!」と規律正しく号令がかかり、
勝手な判断や意見は許されないイメージがあった。

石田氏は、
勝手に目標を設定して無理やり部下を巻き込むのは、
「自己満足のリーダーシップ」とおっしゃる。

当事者意識を持ってもらう重要性を説くために、
企業研修でもよく用いられる、
ドラッカーの三人の石工を引用される。


ビジネスも戦いに例えられることも多いし、
チームビルディングにも、軍隊を参考にした理論も多い。
一見、ほど遠い世界や特殊な世界に思えても、
同じ目的で人の集合体を率いる上司の苦労やお悩みは
共通しているものなのかと、少し身近に感じられた。

« よもぎの柏餅 | トップページ | ME AND MY GIRLで至福のハイタッチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/57105972

この記事へのトラックバック一覧です: 「自衛隊式最強のリーダーシップ」に上司の共通のお悩みを見る:

« よもぎの柏餅 | トップページ | ME AND MY GIRLで至福のハイタッチ »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ