« コーチング風景がイラストになる | トップページ | MACHI cafeで研修の1人打ち上げ »

2014.01.15

月組「風と共に去りぬ」にどっぷり浸る

急にありがたいお誘いをいただき、
梅田芸術劇場へ。

Kazetomo

宝塚月組の「風と共に去りぬ」。

水曜日は宝塚大劇場がお休みなので、
実は多少は期待していたけれど、
宙組トップコンビ、花組トップコンビをはじめ、
大勢の現役スター御一行さまがご観劇。

なんとなんと、
同じ列でお1人はさんだお隣に、
宙組でスカーレットを演じれられた
まぁさま(朝夏まなとさん)と
ベルを演じられた緒月遠麻さんが座られる。


舞台はすばらしすぎて、
ことばにするのが難しい。

オープニングから、
とても男役さんとは思えないほど
美しいお嬢さまな龍真咲さんのスカーレットが
男性にとりまかれながら華やかに踊られて、
一瞬にして夢の世界に連れていかれる。

専科の轟さんは、
さすがの渋い魅力のバトラーさまで、
舞台の隅に登場されるだけで、
雰囲気が一変する。
勝気なスカーレットが思いっきりぶつかっても、
南部の貴族たちにイヤミな扱いを受けても、
余裕たっぷりに受け止める大人の男ぶりが
かっこいい。


そして、月組のみなさんがすごいのは、
男役さんの娘役は女装っぽくなりやすいのに、
揃いに揃って本当に娘役さんに見えること。

一番驚いたのは、美翔かずきさんの美しさ。
ここ数年応援していて、
男役としてのキレのあるダンスも
キザっぽい立ち振る舞いも見慣れているのに、
それが思い出せなくなるくらい、
はっとするほど美しい。


ラストシーンは、
スカーレットが勝手すぎるんじゃない?と
冷めて見てしまいそうな場面なのに、
龍さんのスカーレットの嘆きっぷりにつられて、
「バトラーさま、戻ってあげて」と
感情移入してしまう。


あと5回くらいリピしたい。
DVDも買っちゃいます。

« コーチング風景がイラストになる | トップページ | MACHI cafeで研修の1人打ち上げ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月組「風と共に去りぬ」にどっぷり浸る:

« コーチング風景がイラストになる | トップページ | MACHI cafeで研修の1人打ち上げ »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)
無料ブログはココログ