最近のトラックバック

« 知人の会社の梅抽出物が不妊治療に | トップページ | ノクターンのカレーちゃんを満喫 »

2014.06.20

不条理劇でことばの力を考える

Play舞台「昔の日々」を
観に行く。

真四角に設営された
お部屋の中だけで、
若村麻由美さん、
堀部圭亮さん、
麻実れいさんの
3人のセリフだけで、ストーリーが展開されていく。

3人が好き勝手にバラバラに話しているように見えて、
会話もストーリーもかみあっていないように思えて、
開演からしばらくは、混乱に陥った。

不条理劇といわれるジャンルらしい。

だんだん、シンプルなセットで展開されていくからこそ
浮き彫りにされる人間模様の深みにひきこまれ、
誰が実在の人物で、誰が架空の人物で、
どれが現在のお話で、どれが回想なのか、
どんなふうにも解釈できる不思議な世界に魅せられる。


終演後にはアフタートークショーがあって、
3人の出演者の方が、有名な演出家の方のエピソードや
不条理さについて語られて、
観劇直後の余韻がまた深まっていく。

役者さんが、単語1つ1つを何度も何度も繰り返させて、
日本語がわからないはずの演出家さんが、
「その語感はちょっと違う」「その単語だ」「そのトーンだ」と
作りあげられたというお話が、興味深かった。


ことばがわからなくても、ニュアンスや感情は伝わる。
逆に、ことばがあることで、伝わりにくくなるものもある。
深い世界。

« 知人の会社の梅抽出物が不妊治療に | トップページ | ノクターンのカレーちゃんを満喫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/59879092

この記事へのトラックバック一覧です: 不条理劇でことばの力を考える:

« 知人の会社の梅抽出物が不妊治療に | トップページ | ノクターンのカレーちゃんを満喫 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ