最近のトラックバック

« スリムなアイスティ用ボトルを見つける | トップページ | か? »

2014.07.23

「アナと雪の女王」と女性性

私が今年1番かも、と大感動した「アナと雪の女王」は、
  関連記事:「ようやくレリゴー」(2014.07.17)
男性にはあまり受けがよくないらしく、
どこがいいの?過去最低、などの酷評も見聞きする。

言われてみれば、
王子さまがプリンセスにキスしてハッピーエンド、という、
いわゆる定番の役割ではなく、
王子は悪者で、支えた山男もごほうびをもらったけれど、
実際に救ったのは姉妹の愛。
確かに、男性にはおもしろくない展開かもしれない。

企業の中で、
ダイバーシティ、女性活躍推進、と女性がとりあげられ、
男性は、内心、こういう気持ちなのかな、と
なかなか進まない理由が少しわかった気もする。

ディズニーはこの時代に向けて、
ものすごいメッセージを投げかけてくれたのかも。


だからといって、
決して、性別での男性不要論ではないと思う。

男性にも女性にも、男性性、女性性の両方があって、
これまでの世の中は、競争、勝ち負け、などの
男性的な性質、男性性で回ってきたとするならば、
これからの世の中は、協調、受容、などの
より女性的な性質、女性性が求められていると
考えたらいいのではないかな。


ディズニーでダイバーシティを考えるとは思わなかったし、
こじつけたところもあるかもしれないけれど、
この時代に生まれ、これだけヒットしているのは
何か意味があるのだと思う。

« スリムなアイスティ用ボトルを見つける | トップページ | か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/60024101

この記事へのトラックバック一覧です: 「アナと雪の女王」と女性性:

« スリムなアイスティ用ボトルを見つける | トップページ | か? »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ