最近のトラックバック

« 「ひとのわ」に反応して講演を聴く | トップページ | 浴室の天井裏を見る »

2014.09.09

カレーちゃんトートで至福の新人公演

チケットを入手するのがとても難しい、宝塚の新人公演。
演目のエリザベートも、主演の柚香光さんも大好きで、
配役が発表される前から、
カレーちゃんのトートが見たい!と祈り続けていたら、
いつもお世話になっている友人のお知り合いのご縁で、
夢のまた夢のような幸せな機会に恵まれた。

Hana1Hana2

カレーちゃん(柚香光さん)の端正なトートに息をのむ。
舞台の隅に登場されるだけで、場の雰囲気を一変し、
端から端まで、トートさまを目で追ってしまう。

一緒に観劇したお友達と、帰り道で、
「こんなに素敵な死神なら、
 黄泉の国でもどこでも連れていってほしいよね~」と
盛り上がる。

やっぱりトートはビジュアルが大きい。


他は、脇を固める研5~研7さんがレベルが高い。

ルキーニのマイティがすばらしい。
歌はもともと上手だし、どの場面でも存在感たっぷりで、
銀橋のカメラの場面では、
初々しいアドリブで笑いを巻き起こしていた。

ゾフィの仙名さんは、
歌も演技ももっと上級生さんかと思うくらいうまい。

ルドルフの優波さんも光っていた。
カレーちゃんとの場面は、息もぴったりで美しい。

フランツは、前半は緊張されているかなと思ったけれど、
後半は落ち着いたおじさまで、夜のボートが渋かった。

下級生中心のはずの黒天使も、
群舞の花組と思いこみで見てしまうせいか、
一糸乱れぬ揃った動きが美しくて、みほれてしまう。
カレーちゃんを囲むダンスは、もっといっぱい見たかった。


ぜいたくすぎる夢の時間。
これでもう100周年の宝塚は大満足です。

« 「ひとのわ」に反応して講演を聴く | トップページ | 浴室の天井裏を見る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/60293035

この記事へのトラックバック一覧です: カレーちゃんトートで至福の新人公演:

« 「ひとのわ」に反応して講演を聴く | トップページ | 浴室の天井裏を見る »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ