最近のトラックバック

« 大阪狭山市のさやりん×はろうきてぃ | トップページ | 100年組織の宝塚からビジネスを学ぶ »

2014.10.05

「奇跡の脳」の研究者魂に圧倒される

マインドフルネスを学び始めた一環で、
アメリカの脳科学者ジル・ボルト・テイラーさんの
「奇跡の脳 脳科学者の脳が壊れたとき」を読む。


奇跡の脳」 ジル・ボルト・テイラー 新潮文庫

学術書ではなく、ジル・ボルト・テイラーさんご自身が
実際に脳卒中を起こされたときに、
「脳科学者が内側から脳卒中を体験できるなんて
 貴重だわ。」と考えられて、
ご自身の脳や体の変化を刻々と記憶され、
回復されてから記録されたという奇跡のような1冊。

脳の機能は壊れても、意識や感覚はあるから可能だったと
書かれているけれど、
自分で脳のどの部分から出血しているのか理解し、
機能が壊れ、体の自由が利かなくなっていくプロセスを、
パニックを起こしたり悲観したりするのではなく、
落ち着いて観察できるなんて、
なんという研究者魂なのだろうと、ただただ驚く。

助けを求める電話を1本かけるのに、
名刺の意味がわからなくなり、
電話番号の数字と電話機の数字がわからなくなり、
図形として認識して同じ形のボタンを押して、
40分かけて職場の同僚にようやくつながり、
相手の言葉も理解できず、自分の声も言葉にならず、
というような臨場感あふれる描写がすばらしい。

8年もかかった回復のプロセスを通じて、
患者にはどう接するべきか、
どのような教材が役に立つのか、など
まさしく生きた教科書として残されている。


ジル・ボルト・テイラーさんご本人のスピーチ映像も
Youtubeで公開されている。
とても脳卒中を患った方とは思えない力強さに
圧倒される。

« 大阪狭山市のさやりん×はろうきてぃ | トップページ | 100年組織の宝塚からビジネスを学ぶ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/60398363

この記事へのトラックバック一覧です: 「奇跡の脳」の研究者魂に圧倒される:

« 大阪狭山市のさやりん×はろうきてぃ | トップページ | 100年組織の宝塚からビジネスを学ぶ »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ