最近のトラックバック

« 「セラピスト」で人と向き合う心構えを確認する | トップページ | NVCで深い理解と安心感に包まれる »

2014.10.10

糸井重里さんの名言「弱点の価値化への挑戦」

ほぼ日刊イトイ新聞の糸井重里さんのコラム、
今日(10月10日)の「今日のダーリン」がすばらしい。

バックナンバーがなくて読めなくなってしまうので、
長めにところどころ抜粋すると、


「個性がないとお嘆きのあなた。」という書き出しで、

  個性も取り柄もないというあなたにも、
  欠点というものがあるということを思いだそう。
  そう、それこそが、探していた個性だ。


  あなたが欠点だと思っているところをこそ、
  人はおぼえているものだ。
  そう、その欠点はあなたの「しるし(サイン)」なのだ。
  それが、個性というものなのだ。
 

  欠けているところや、足りないものについて、
  まずは追いつこうなどとしていたら、
  追いつく前に埋もれて腐ってしまうかもしれない。
  欠点やら、弱点やらだと思われていたことを、
  どういうふうに「うらやましいもの」磨きあげるか‥‥。
  取り柄を探すとき、ついででいいから欠点を探す。
  弱点克服じゃなくて、弱点の価値化への挑戦だ。


個性を伸ばす、視点を変える、などの表現や考え方は
聞き慣れていても、
「弱点の価値化」ということばの強さにひきつけられる。
さすが、糸井重里さん。

コーチや組織活性化のコンサルタントがよく使う、
「強みに焦点を当てる」「強みを伸ばす」というのも、
本人や周りの人が思う長所や得意分野だけでなく、
欠点や弱点と思うところに光を当てて、磨きあげて、
強みに変えてしまうところまで、幅広くとらえてみたら、
人や組織の可能性は、ますます広がっていきそうで、
わくわくしてきた。

« 「セラピスト」で人と向き合う心構えを確認する | トップページ | NVCで深い理解と安心感に包まれる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/60461999

この記事へのトラックバック一覧です: 糸井重里さんの名言「弱点の価値化への挑戦」:

« 「セラピスト」で人と向き合う心構えを確認する | トップページ | NVCで深い理解と安心感に包まれる »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ