最近のトラックバック

« 1年ぶりに金井教授のお話を聴く | トップページ | アリヤラトネ博士の世界観にふれる »

2014.11.19

すみませんからありがとうへ

電車の中で、見知らぬ人を泣かせてしまう。

地下鉄の女性専用車両で、
スマホでメールの返信を終えて、ふと顔を上げると、
目の前に立つ女性のバッグに、
マタニティマークがぶら下がっていた。

「あ、どうぞ。」
「いえ、あと少しで降りますから。」
「じゃあ、それまでの間だけでも。」
と、席を離れようとしたら、

会釈しながら座ってくれた表情がゆがんで、
「すみません。。」と声を上げて泣き始める。

そして、
「すみません。代わってもらったことなくて。」
「会社でも誰もわかってくれなくて」
と、泣きながら説明してくれる。

「そうなんですね。つらいですね。
 職場って、余裕がないと、殺伐としますよね。」
と話していたら、

隣の席で眠っていた年配の女性も目を覚まして、
「あらあら、大丈夫よ。
 これからおなかが大きくなったら、目立つから。」
と、背中をさすって加わってくれた。

気持ちも落ち着いたら
「すみません」と少し照れたような笑顔になられて、
柔らかい空気が流れた。


すみませんって言わなくてもいいのにな。
口癖かもしれないけれど、ことばには言霊があって、
何度も言ううちに、申し訳なさそうになっていく。

妊婦さんじゃなくても、たまたま体調が悪い人でも、
我慢せずに「座りたい」と言えるようになればいいのに。

「座らせてもらえませんか?」ってダメ元で聞けて、
頼まれた人も疲れていたら率直に断れて、
近くの誰か1人くらい、代わってくれる人がいたら、
笑顔で「ありがとう」って言えたらいいな。

« 1年ぶりに金井教授のお話を聴く | トップページ | アリヤラトネ博士の世界観にふれる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/60573872

この記事へのトラックバック一覧です: すみませんからありがとうへ:

« 1年ぶりに金井教授のお話を聴く | トップページ | アリヤラトネ博士の世界観にふれる »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ