最近のトラックバック

« 中村鴈治郎さん襲名披露公演を楽しむ | トップページ | 商人の町、ふなっしーに負ける »

2015.01.13

もっと男性「喝」用の記事に、組織支援の必要性を思う

Nikkei「もっと男性「喝」用」
「男があまりに不甲斐ない」

身も蓋もない見出しに
日経ビジネス15.01.12号を
めくる手が止まる。

日経ビジネスの読者は
男性の方が多そうだけど、
この記事をどのように読まれるのだろう。
そうそう、最近の若い男性は・・・と共感されるのかな。


記事に取り上げられた情けない事例が、
どれくらい一般的なのかわからないけれど、

入社して8ヶ月~10ヶ月後くらいのフォローアップ研修を
担当してみると、
確かに、女性の方が積極的に、
こちらからの問いかけに発言したり、自分から質問したり、
グループ演習をリードしたり、男性に役割を指示したりして、
活躍されるところが多い。

積極的でしっかりされている男性も、
大きく成長された男性も大勢いらっしゃるので、
単純に男女差では論じられないと思うけれど、
全体的には、この記事のように、おとなしい印象を受ける。


記事によると、
採用時は、優秀な順に採ると女性ばかりになるので
男性にゲタをはかせているという。

それが7-8年たつと、リーダー候補や管理職候補として、
女性にゲタをはかせようとする動きは何なのだろう?

女性対象の研修に力を入れるだけでなく、
男性が、女性が、と論じる前に、
職場として、人が育つ組織になっているのか、
組織全体へのサポートが求められているのでは?と思う。

組織を対象としたシステムコーチング
(ORSC:Organization & Relationship Systems Coaching)は、
概念を理解していただくのが難しいけれど、
効果も必要性も高いなぁと、ますます確信が高まる。

« 中村鴈治郎さん襲名披露公演を楽しむ | トップページ | 商人の町、ふなっしーに負ける »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/60953713

この記事へのトラックバック一覧です: もっと男性「喝」用の記事に、組織支援の必要性を思う:

« 中村鴈治郎さん襲名披露公演を楽しむ | トップページ | 商人の町、ふなっしーに負ける »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ