最近のトラックバック

« お詣りの後は創業者のお店へ | トップページ | もっと男性「喝」用の記事に、組織支援の必要性を思う »

2015.01.12

中村鴈治郎さん襲名披露公演を楽しむ

中村鴈治郎さんの襲名披露公演の初春大歌舞伎を
観に行く。
私のおめあては、息子さんの壱太郎さん。

Kabuki_2Kazutarousan

先代の鴈治郎さん(現在の坂田藤十郎さん)時代から
わからないなりに歌舞伎を見始めて、
翫雀さんと、扇雀さんの襲名披露公演のときに、
当時3歳(たぶん)で初舞台を踏まれた壱太郎さんを
見て以来の壱太郎さんファン。


「将軍江戸を去る」は新春には少し重い演目だけど、
橋之助さんの長ゼリフと迫力に圧倒される。

有名スターさんがずらりと並んだ口上は、
中堅どころの方は「小学生からかわいがっていただき」と、
ベテランの方は「智太郎さんとしての初舞台から」と、
それぞれに強調して笑いをとられる。
扇雀さんの息子さんの虎之介さんがかわいい(^^)

「封印切」は、豪華なベテラン勢ぞろいで、
鴈治郎さん扇雀さんの兄弟の息がぴったりで、美しい。
仁左衛門さんは、イヤな人にしか見えないほどの名演で、
我當さんの休演は残念だけど、代役の橋之助さんは
無言で表情やしぐさで怒りを豊かに表現され、
秀太郎さんはところどころユーモアで笑いを誘いながら、
お祝い演目を盛り立てる。

いつか、壱太郎さんの梅川を観てみたい。

一番楽しみだった「棒しばり」は、
愛之助さんと壱太郎さんが、これでもかと笑わせる。
縛られた体勢で、どんな身体能力なのかと驚くほどに
激しく楽しく踊られる。
愛之助さんの曲芸(?)場面は、
観客も祈るように息をのみ、一体感が生まれる。
壱太郎さんの男役は初めてだけど、やはりかっこいい。


たっぷりたっぷり楽しんで、
今週来週の繁忙期をのりきれそうな英気を養いました。

« お詣りの後は創業者のお店へ | トップページ | もっと男性「喝」用の記事に、組織支援の必要性を思う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/60962356

この記事へのトラックバック一覧です: 中村鴈治郎さん襲名披露公演を楽しむ:

« お詣りの後は創業者のお店へ | トップページ | もっと男性「喝」用の記事に、組織支援の必要性を思う »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ