最近のトラックバック

« 今年の創業ゼミもにぎやかに完了 | トップページ | 月組小チーム公演の見納め »

2015.09.20

一緒に考えてもらって納得する

責任者を出せ!

なんて、言ってません(^^ゞ

けど、いったん電話を切って待っていたら、
責任者を名乗る方からお電話をいただいた。


お昼過ぎ、利用しているプロバイダから電話があって、
ノートパソコンに内蔵されているからという理由だけで
使っているUQ WiMAXの速度が、
10月から、40Mbpsから13.3Mbpsに低下するので、
外付けのWiMAX2の機器に変更しませんか?と
キャンペーンの案内があった。

いきなり1/3に落ちるの?

13.3Mbpsは実質どれくらい不便なのか、
代替プランはないのか、など質問を重ねると、
担当の男性は、おどおどしてお詫びを繰り返す。

「謝らなくていいですよ。
 ○○さんが決めたことではないんですから。
 プランの相談にのってもらいたいのです。」と伝える。

私は数年前に、
通信教材のコールセンターのコンサルティングをしたので、
現場の大変さも手に取るように知っているから。


なるべく穏やかな声で、丁寧にゆっくり、
「私が優先したいのは、
・荷物を増やしたくない
・pptやpdfの大きなファイルがスムーズに送受信できる
・キャンペーン価格に該当しなくてもかまわない
この条件をなるべく満たす最適なプランを教えてください。」
と、希望を伝えた。


「調べます」といったん電話が切れたあと、
しばらくして、電話をかけてきたのは上司の男性だった。

私の用途と速度のバランスのアドバイス、
他社のサービスのメリットデメリット、など
私が必要な情報を説明し、一緒に考えてもらえたので、
外付けの不便さを受け入れることにした。

私好みのソフトな声だったから・・・ではないと思う(^^)

「一緒に考えてくれた」から、
要望を叶える解決策は見つからなかったけれど、
仕方ないかなと納得し、安心して決断できたのだと思う。


忘れ物の多い私。
回線の性能が上がっても、
私の頭の性能のせいでお仕事できない!ということに
ならないよう、気をつけなきゃ。

« 今年の創業ゼミもにぎやかに完了 | トップページ | 月組小チーム公演の見納め »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/62316972

この記事へのトラックバック一覧です: 一緒に考えてもらって納得する:

« 今年の創業ゼミもにぎやかに完了 | トップページ | 月組小チーム公演の見納め »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ