最近のトラックバック

« カンボジアの子どもたちに自転車100台プロジェクト | トップページ | 善光寺名物の七味をいただく »

2016.05.07

リーダーシップの名著に出会う

企業経営者やリーダーにぜひおすすめしたい
リーダーシップの名著に出会う。


アメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」のつくり方」 
マイケル・アブラショフ著 三笠書房

海軍の軍艦を立て直した名艦長の事例なので、
自分がこんなふうにできるかというと
はるか遠い世界に思えてしまうかもしれないけれど、

自分が上司にこんなふうに関わってもらえたら?と
いう視点で読んでみると、
「もっとよいやり方は?」と知恵を絞って考えたくなり、
思い切って提案したくなり、
モチベーションも生産性も上がることが想像できる。

軍隊=絶対服従というイメージを持ちがちだけど、
著者は、「命令では人は動かない」と言う。
厳しく管理することは、
部下の才能を引き出す最良の方法ではなく、
「君が艦長だ」と自分で決断を下す訓練をした。

これは、私たちがコーチングで大切にする考え方や、
企業研修でリーダーに伝えることと同じ。

軍隊でも組織でも、
人が離れる理由は、「大切に扱ってもらえないこと」。


最後に
「指導者の評価は、本人が組織を離れてから
 半年か1年立つまではくだすべきではない」
「自分が在任中にどれだけのことを行ったかということを
 正確に判断できるのは、
 自分が後任に何を手渡したかによる」
というところに、ぐっと心をつかまれた。

つい、自分の功績を主張したくなるところを
後任が成功したのは、自分が耕しておいたからだと
かつての部下が後任を支える力となることを喜び、
後任の成功や出世を喜ぶ。


トリンプ・インターナショナルの吉越浩一郎さんが
訳されているせいか、
翻訳書の読みにくさがない明快な文章なので、
シンプルな主張がすっと腑に落ちる。

リーダー像の指針として、おすすめ。

« カンボジアの子どもたちに自転車100台プロジェクト | トップページ | 善光寺名物の七味をいただく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/63592293

この記事へのトラックバック一覧です: リーダーシップの名著に出会う:

« カンボジアの子どもたちに自転車100台プロジェクト | トップページ | 善光寺名物の七味をいただく »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ