最近のトラックバック

« 診断士仲間と和歌山へ | トップページ | セミナータイトルの重要性 »

2016.05.22

経営者さんのお話で感じた地域紙の意義

中小企業診断士の受験生時代からの仲間との集まりでは、
訪れた地域の診断士さんや経営者さんのお話を聴くのが
楽しみの1つ。

中小企業診断士の奥村さんから経済状況をうかがい、
和歌山の地域紙「わかやま新報」を発行されている
津村周社長のお話を聴く。

 わかやま新報 http://www.wakayamashimpo.co.jp/

MrtsumuraPaper

全国紙には載らない地元の「人」に焦点を当てて、
地域のイベントや活動、会社の商品やサービスなどを
大きく詳しく掲載されている。

ことばの端々から「和歌山LOVE」があふれ、
和歌山のよさを知ってほしい、
和歌山をパラダイスにしたいと熱く語られる。

果物も農産物や水産物も豊富で、
自然や広大な土地、太陽の恵みも豊かなところ。
大学も上場企業も少なく、
進学や就職で県外流出率が高いのは覆せなくても、
子育て世代や、高齢者が移住してくる県として、
活路を開くことはできるはず。

お話を聴きながらそんなことを考えるのも楽しい。


会社の成り立ちを説明される中で、
「日高新報」について触れられた瞬間、
あ、知ってる!と、
知り合いの経営者さんが掲載されたことを思い出す。

 関連記事:「知人の会社の梅抽出物が不妊治療に」(2014.06.18)

なるほど、地域紙で大きく掲載されることで、
地元の方には詳しく知ってもらうことができ、
全国の取引先や金融機関にも信用されやすくなり、
地域紙の果たす役割の大きさを、
身近な事例のおかげで具体的に実感できた。

« 診断士仲間と和歌山へ | トップページ | セミナータイトルの重要性 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/63669936

この記事へのトラックバック一覧です: 経営者さんのお話で感じた地域紙の意義:

« 診断士仲間と和歌山へ | トップページ | セミナータイトルの重要性 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ