最近のトラックバック

« 瞳に映り込むポスター | トップページ | ビジネスプランコンテストで友人が受賞 »

2016.07.24

ORSCで4毒素のパワーを実感する

Orsc関西でシステムコーチング
(ORSC:Organization &
Relationship Systems
Coaching)を学んだ
仲間たちとの勉強会
「なにわ道場」で、

ジョン・M・ゴッドマン博士の
「関係性の4毒素」を組織で扱うときの話題になり、
実際に、私たちの「なにわ道場」のリアルなシステムで
コーチ役、クライアント役に分かれて、体験してみた。

  お顔がわからない大きさで、
  雰囲気がわかる写真をお借りしました。


ジョン・ゴッドマン博士の「関係性の4毒素」とは、
 ・批判(Criticism)
 ・防御(Defensiveness)
 ・侮辱(Contempt)
 ・無視/逃避(Stonewalling) で、

システムコーチング(ORSC)では、
夫婦や家族、組織やチームの関係性の質を高めたいときに
よく使うツールの1つで、
決して、個人攻撃するのではなく、
「システム」の中にどんな毒素が表れているかを紐解き、
よりよくするための「解毒」のヒントを見つけていく。


今日の「なにわ道場」のシステムでは、
「批判」を選んだ人が誰もいなかったので、
選ばなかったのはなぜか、どんな意味が隠れているのか、
クライアント役全員が「批判」のところに集まってみて、
そこで感じることを声にしてみた。

すると、なんともパワフル。

この勉強会に対する願い、個々のとらえ方の違いなどが
みるみるうちに、声として浮き彫りになり、
これから、私たちは「道場」をどうしていきたいのか、
何のために参加しているのか、
前向きなエネルギーがあふれて、止まらない。

批判ということばには前向きな印象はないのに、
そのエネルギーの強さがそのまま反転したような、
とても強くて清々しいパワーとして姿を見せた。


私がシステムコーチとして企業さまで実際に使うときも、
この4毒素は、クライアントさんたちに大きな影響があり、
以降のメンバーの関係性がガラッと変わる。

「毒」を扱うのは、抵抗を感じることもあるし、
システムコーチとして場をホールドする覚悟も必要だけど、
その分、あらわれてくる知恵はとても大きい。

豊かな学びの場を体験して、
また現場でチャレンジしようと大きく勇気づけられた。

« 瞳に映り込むポスター | トップページ | ビジネスプランコンテストで友人が受賞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/63955692

この記事へのトラックバック一覧です: ORSCで4毒素のパワーを実感する:

« 瞳に映り込むポスター | トップページ | ビジネスプランコンテストで友人が受賞 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ