最近のトラックバック

« 末広がりの日に | トップページ | 堺の手づくり飴の実演を見る »

2016.08.09

個性豊かな宙組エリザベートにひかれる

Stage週末に、
宝塚宙組の
エリザベートを観る。

宝塚大劇場は、
早々と年内見納めなので、
目に焼きつける。
  梅田やバウは行きます(^^ゞ

真風さんはルキーニかトートで観たかったけど、
いざ観てみると、フランツ、かっこいい(^o^)

これまでの上演では、
フランツは頼りないマザコン男性としか思えなかったのに、
こんなイケメンフランツは初めてで、
シシィを愛していたことも、国のことを憂いていたことも
ひしひしと伝わってくる(^^)

なぜシシィは戻ってこないの?と
フランツの立場で観てしまう、とっても単純な私。

  瀬奈さんのトートや、柚香光ちゃんの新公トートには、
  早く黄泉の国へ連れて行って~と思ったくせに(笑)

フィナーレの真風さんもかっこよかった。

MakazesanHoshibukisan

今回のキャストで一番楽しみにしていたのが、
モンチ(星吹彩翔さん)のヴィンディッシュ嬢。
自由で天真爛漫な笑顔がはじけて、痛々しさが際立つ。
歌うまのモンチが歌うと、シシィより迫力があって、
この病院のシーンも、今までで一番印象に残る。

第1幕も、ヒゲをつけたおじさまやカフェの青年役として、
歌い継ぎのソロをたくさん聴けた。
歌うまで演技派。貴重な存在。


朝夏まなとさんのトートは、
シシィと接するシーンは人間の男っぽい印象で、
黒天使と踊るシーンは孤高の死神で、かっこいい。

蒼羽りくちゃんのルドルフは表情豊かで、
苦悩する皇太子を熱演されていて、
トートとのコンビネーションのダンスも鮮やか。

伶美うららさんのマダム・ヴォルフは誰よりも美しくて、
女の子たちを手配する側より、
彼女がフランツを誘惑したほうが・・・と思ってしまう。


黒天使がそれぞれに動きがかっこよくて、
和希そらくん、マデレーネの結乃かなりちゃん、
優希しおんくんが美しくて目を引く。

  新公の、そらくんのルキーニ、
  しおんくんのマデレーネを観たかった~

純矢ちとせさんのゾフィーは、美しくて迫力があり、
花音舞さんの死刑囚の母も、安定の熱演。


今の宙組さんは、
歌うまさん、ダンサーさん、演技派が分かれていて、
役柄とぴったり合えば、個性が際立ってスタイリッシュ。
何でもできる人の集団より、魅力的に思える。

強みを活かしあって1つの舞台をつくりあげるところに
つい、職業柄、マニアックにひかれてしまう。

« 末広がりの日に | トップページ | 堺の手づくり飴の実演を見る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/64034309

この記事へのトラックバック一覧です: 個性豊かな宙組エリザベートにひかれる:

« 末広がりの日に | トップページ | 堺の手づくり飴の実演を見る »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ