最近のトラックバック

« 「フォルスタッフ」で泣き、笑う | トップページ | 葡萄ジュース »

2016.10.15

河内ワインへの本気の思いを聞く

中小企業診断士の船場総研のお仲間と一緒に、
先輩診断士が長年一緒に地域振興に取り組まれている
柏原市のカタシモワイナリーを訪問する。
  カタシモワイナリー http://www.kashiwara-wine.com/

高井利洋社長に出迎えていただいて、
ウェルカムワインのおもてなしを受けて、
歴史的な図録や資料を見ながら、
大阪がブドウやワインの生産量を誇っていたお話や、
大阪ワイナリー協会を立ち上げて活動されている思いを
たっぷりうかがう。

WineKura1

ShachoKura2Car

登録有形文化財に指定されている貯蔵庫や
見晴らしのいい斜面一帯に広がるぶどう農園を歩き、
肥料や薬剤を使わずに育てられたぶどうの甘さと、
農園ごとの味の違いに驚く。

ランチは、フランス料理の名店「BON-CHIC」(ボンシィク)から
板東亮シェフをお招きして、
手の込んだお料理ごとに、ぴったり合うワインが選ばれる。

お酒に強い船場総研の仲間たちが、
芳醇なワインの香りを楽しみ、
お料理と合わせると味わいが変わることに喜ぶ隣で、
お酒が全く飲めない私は、本気で悔しい(^^)

Lunch1Lunch2

Lunch3Lunch4

Lunch5Lunch6

Lunch7Lunch8

食事の間も、
ワインの説明や事業の説明をしてくださる高井社長は、
にぎやかに笑い飛ばしながら話すさりげない一言に、
思わず録音しておきたくなるような、
経営の要諦を言い表す金言がたくさん飛び出す。

仕事とは、考えたことではなく行動したこと。
事業計画は自分でつくるもの。
1人でやったほうが速いけど、巻き込んでやらなあかん。
うちだけ残っても、このあたり一帯がダメになる。

これだけ地域とワインを愛し、尽くし、
本気で経営に向き合っている社長が語るからこそ、
ずしりとした重みのあることばになる。


買って帰った濃厚なぶどうジュースを味わいながら、
経営者のことばを反芻する。

« 「フォルスタッフ」で泣き、笑う | トップページ | 葡萄ジュース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/64352817

この記事へのトラックバック一覧です: 河内ワインへの本気の思いを聞く:

« 「フォルスタッフ」で泣き、笑う | トップページ | 葡萄ジュース »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ