最近のトラックバック

« おもてなしするつもりが、おもてなしされる | トップページ | 明るい色あいに華やぐ »

2016.10.29

「長いお別れ」

中島京子さんの「長いお別れ」を読む。


長いお別れ」 中島京子 著 文藝春秋

認知症の父親をめぐる家族のお話。

「長いお別れ」
タイトルの意味は、
アメリカでは、認知症を「Long Goodbye」と表現するらしい。
少しずつ記憶をなくして、ゆっくりと遠ざかって行くから。

妻と3人の娘さん、さらにその家族たちが、
それぞれの事情や立場から、
本音を吐き出しながら、明るくユーモラスに描かれて、
小説はあたたかい気持ちで読める。


同時に、あまりにリアルで、心が痛い。

私の父も認知症を長く患い、
実家で母が介護する老老介護の大変さを実感し、
疲労、費用負担、今後の不安などを経験したので、
介護制度の話題や職員さんとの会話が、生々しい。

それでも、小説として、重苦しくならないのは、
著者の愛情深いまなざしのおかげかもしれない。


美しい景色の映像や、
お父さんや奥さんの笑顔のシーンが浮かぶので、
映画になるといいかもしれない。

介護中の方には、気持ちをわかってくれる同志のように、
これから起こるかもしれない方には、予行演習のように、
話し相手になってくれそうな本。

« おもてなしするつもりが、おもてなしされる | トップページ | 明るい色あいに華やぐ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/64088137

この記事へのトラックバック一覧です: 「長いお別れ」:

« おもてなしするつもりが、おもてなしされる | トップページ | 明るい色あいに華やぐ »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ