最近のトラックバック

« 研修参加者から学ぶ | トップページ | 「冬のつながる交流会」でチャネルを語り合う »

2016.12.08

今年の宝塚見納め

Hana宝塚大劇場は
8月に今年の見納めを
したつもりだったけど、
花組のお芝居が
上田久美子先生脚本と
KAZUMI-BOY先生振付
なら、生で見ておきたくて、
「雪華抄」「金色の砂漠」を観に行く。

和物のショー「雪華抄」は、
あでやかにチョンパで始まる。
日本舞踊ばかりではなく、男役さんの見せ場も多くて、
あきらさん(瀬戸かずやさん)は粋で男くさく、
ちなつさん(鳳月杏さん)は涼し気でセクシーなまなざしで、
カレーちゃん(柚香光さん)は軽やかに跳ね回る。

松本悠里先生の場面では、
音くり寿さんのカゲソロが、さすが、美しすぎる。

お芝居の「金色の砂漠」は、
主要な男役さんたちが奴隷で、
王女さまたちに仕えるという珍しい役どころ。

みりおちゃんは、昔から
アンドレ、ティボルト、紫子の定嗣など、
まっすぐで苦悩する青年役がはまると思うのだけど、
今回は久しぶりにその本領発揮で、
少年のシーンもとってもかわいらしい。

かのちゃんも、強い女がぴったり似合う。

キキちゃん(芹香斗亜さん)は、
ミーマイのジョン卿ではしぶいおじさまだったのに、
今回は素直な奴隷で、弟で、冷静な語り部でもあり、
幅の広い役者さん。
美しい表情と丁寧な歌が際立つ。

ちなつさんのワンマンな王様も堂に入っていて、
お芝居を引き締める。
和物のショー、お芝居に欠かせない役者さん。


ストーリーはさすが上田久美子先生、
感情を揺さぶられる場面が満載。
でも、泣かされそうな、ここぞ!という場面で
みりおちゃんが盛大に噛んで言い直してくれたので、
現実に戻って、冷静に続きを鑑賞する。

トップさんも感情がこみあげたり、出突っ張りだったり
大変なんだろうなぁ。

フィナーレは短いけれど、
これで退団するかのちゃんのエトワールと
次期トップ娘役のゆきちゃんのロケットで
見せ場がしっかり作られていた。

どうやら私はしっかりしたストーリーの作品でないと
満足できないようなので、
見ごたえのある作品で今年の観劇を締めくくれて
大満足。

年末までの大繁忙期を乗り切るエネルギーを
チャージできたかな。

« 研修参加者から学ぶ | トップページ | 「冬のつながる交流会」でチャネルを語り合う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/64600655

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の宝塚見納め:

« 研修参加者から学ぶ | トップページ | 「冬のつながる交流会」でチャネルを語り合う »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ