最近のトラックバック

« サイズぴったりの手袋 | トップページ | 祖母の命日のお詣りに »

2017.01.17

新人公演「グランドホテル」

Moon月組若手ファンの私にとっては
本公演より楽しみなところもある
新人公演のチケットが手に入り、
ありがたく観劇する。

主演は、夢奈瑠音さん。
「A-EN」の妖艶なダンスで
スタイルの良さに目を奪われ、
以降の公演でも目にとまる方。
  関連記事:「最高気分の月組若手公演」(2015.09.03)

ピンスポットで登場されるシーンから、
すらっとしたスタイルにスーツが似合ってかっこいい。
身のこなしが鮮やかなので、男爵が妙にかっこよく見える。
声もステキで、センター感もバッチリ。

グルーシンスカヤの海乃美月ちゃんも大好きなので、
久しぶりにヒロインが見られてうれしい。
引退間近のプリマドンナの難しい役どころで、
いつになく凛とした声や表情、口調が多い女性を演じ、
年齢を重ねた女性として胸弾ませる難しい場面もあり、
努力と苦労がうかがえるような熱演。

配役発表から注目されていた風間柚乃ちゃんは、
研3の若さながら、病弱なオットーを見事に演じ切る。
チャールストンはるねちゃんと息もぴったりで、
病弱なのに飛び跳ねるところは、さすがの身体能力。


メイン3人だけでなく、歌うまさん、役者ぞろいの若手は
見事な適材適所で目が離せない。

つっちー(颯希有翔さん)は、
昨年の「NOBUNAGA」の新公で今川義元のソロの
あまりの美声で注目した方で、
本役では専科さんが演じたお医者さまの役を、
年配の役づくりと、低音で響く歌で存在感を示す。

エリックの礼華はるちゃんは、お顔立ちと役が合って、
端正なホテルマンらしいたたずまいと、
難しい歌をきれいに歌い上げる。

れんこんくん(蓮つかささん)は歌もお芝居もうまいので、
ラファエラをどう演じるのだろうと楽しみにしてると、
期待通り、さりげないたたずまいだけでも
心情が伝わってくるような名演技。

プライジングの春海ゆうさんは、言うまでもなく、
おっさんのいやらしさをこれでもかと表現する。
このまま本公演でも通用しそうなおっさんぶり。

名コメディエンヌとして大好きな佳城葵さんも、
怪しげな興行主をおかしく演じる。

歌うまさんの周旺真広くんと蘭尚樹くんは、
短いフレーズでも、声と歌のうまさがわかる。

新公主演経験豊富な、ありちゃん(暁千星さん)は、
今回は脇に回って、ドアマンを演じる。
セリフも歌もゼロなのに、目を引く。
さすがスターさん。

フラムシェンの結愛かれんさんは、
大健闘していたし、声もかわいかったけど、歌が残念。
歌うまさんが多い公演では悪目立ちしてしまう。
踊れて、娘役さんらしいので、別のお役で見てみたい。


人間模様を描くグランドホテルを、
若手だけで演じ切るのは難しかったはずなのに、
そう思わせない月組若手のみなさん、すばらしい。
チャンスを与えて伸ばす仕組み、ステキだ~

« サイズぴったりの手袋 | トップページ | 祖母の命日のお詣りに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/64777892

この記事へのトラックバック一覧です: 新人公演「グランドホテル」:

« サイズぴったりの手袋 | トップページ | 祖母の命日のお詣りに »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ