« ドローンの産業活用 | トップページ | 10月スケジュール »

2017.09.26

思わぬ体験で指示の出し方を学ぶ

Mizuhiki状況が特定できないように、
時をおいて書くと。。。


あるセミナーに参加すると、
冒頭で、初対面の人どうしで
質問しあう演習があった。

講師の方は、
・自己紹介しない
・会社や仕事の話をしない
・「何が好きですか?」と趣味や食べ物など
気楽に聞いてください
と指示された。

私のお隣の男性が最初に質問者役になり、
第一声は
 「私は55歳で、○○の仕事をしていて」

あらら。。。自己紹介&お仕事のお話が。

そして、
「あなたは女性だから、やっぱり、
甘いものが好きですか?」

女性だから?
やっぱり?。
「甘いもの」と限定するの?


決してこの男性を揶揄したいのではなく、
何が好きですか?と例文を出されても、
できていないことに、びっくりした。

私もふだんは、講師として伝える側。
参加型の演習を多用するので、
指示の出し方を振り返る機会として学ぶ。

コツは先輩方から学んで実践していても、
大人数の時は、
全員が話すと1人1人の声は聞こえないので、
もしかしたら、どこかで私の意図とは
異なることが起こっているかもしれない。

そんな兆しをキャッチしたり、
さらに伝え方を改善したり、
講師としての学びには終わりはない。

« ドローンの産業活用 | トップページ | 10月スケジュール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思わぬ体験で指示の出し方を学ぶ:

« ドローンの産業活用 | トップページ | 10月スケジュール »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)
無料ブログはココログ