« 今年も七草 | トップページ | 宵えびす »

2018.01.08

下山する勇気

NHKの「週刊ニュース深読み」で
グラフィックレコーダーとして活躍している
なっちゃんこと山田夏子さんの
「グラフィックファシリテーション講座」に
参加した。

KozaNacchan

なっちゃんとは10年以上前から
コーチングやリーダーシップを一緒に学び、
なっちゃんの絵の大ファン。
なっちゃんのつくる場なら、
絵が大苦手な私もコンプレックスを忘れて
楽しめるのでは?と思って、チャレンジした。

絵を描くというよりも、
コーチングを受けたみたいに、
自分の癖や特徴が浮き彫りになっていく。


グラフィックファシリテーションは、
グラフィックレコーディングとは目的が違い、
登る山が違うのだという説明には、
目からウロコが落ちた。

絵が、ファシリテートする。
絵が、状況を明らかにする。

だから、目を見て話を聴くのではなく、
話し手に背を向けて、
ことばにならない感情や雰囲気を描く。

結論や事実、現実は書かなくてよい。
話し合いが停滞したら、その雰囲気を描く。
愚痴や不満が続いていたら、それを描く。

それを観た話し手たちが、
「あー、愚痴しか言ってないね。」と気づき、
底を打って、浮かび上がってくる。


場を明らかにする、
これはまさしく、システムコーチング
(ORSC:Organization & Relationship
  Systems Coaching)の世界。


絵を描けるようになるとは思えないけれど、
解決策や結論を提示したいのか、
組織の見えない現状を明らかにしたいのか、
登る山が違うことを自覚して聴くことから
活かしてみようと思う。

すぐに答えを出そうとする前に、
現実の山、問題解決の山を下りる勇気が
必要だという学びは、私にとって大きい。

« 今年も七草 | トップページ | 宵えびす »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下山する勇気:

« 今年も七草 | トップページ | 宵えびす »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)
無料ブログはココログ