最近のトラックバック

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018.04.30

1日で会社ができる?

朝日新聞のサイトによると、
 「会社設立「10日→1日」で可能に 簡素化で起業促す

Asahi会社設立が
1日でできるように
検討が進んでいる
らしい。

設立日にこだわる
方も多いので、
手続きが短期間で
できるようになると
便利だと思うけれど、

これで開業率が
上がるかどうかは疑問に思う。


事業の準備をして会社設立に至った方が、
手続きを不満に思うことはあっても、
1日で設立できるから起業しようというのは
あまり現実的ではなさそう。

創業支援を行う立場からは、
個人事業主からの法人成りにしても、
開業当初からの法人設立にしても、
準備で忙しい時期に煩雑な手続きに
手をとられなくなることを歓迎しつつ、

安易に法人化して後で苦労しないよう、
やりたいことを叶えるのにふさわしい体制を
丁寧に一緒に考えるように心がけよう。

2018.04.28

夢を応援

Hikokigumo新しい歳になって
初めてのお仕事は、
コーチングの
新しいクライアント
さんとの出会い。

ステキな夢を見つけて、
大きく羽ばたこうとされている彼女を
コーチとして応援できることに、
感謝と幸せでいっぱいです。

2018.04.27

新しい歳

お誕生日の朝にコーチングができる幸せを
クライアントさんに叶えていただいて、
新しい歳のスタートを切る。

Cake

ケーキは、
先日、気学の師匠のいくちゃんから
パティシエのお母さまのお店のケーキを
いただいたもの。
おいしい。
  パティスリー ボンヌノノ

2018.04.26

お誕生日前日に神社にお詣りする

長いおつきあいのコーチ&講師仲間と
三宮で待ち合わせたので、
少し早めに出かけて
一宮神社と生田神社にお詣りして、
御朱印もいただく。

IchiIkuta

Goshuin

久しぶりに散策した生田の森は
暖かい陽ざしの下でも少しひんやりして
澄んだ空気が気持ちいい。

お誕生日前日。
新しい歳を迎える祓になった気がする。

2018.04.25

気学易学講座も一段落

2015年9月から約3年にわたって
毎月1回岸本行央さんから学んできた
開運☆気学易学講座が一段落した。

  関連記事:「気学易学を学び始める」(2015.09.15)

Ikuchan

最終回は全体の復習を織り込みながら、
九星の最後の九紫火星を深く掘り下げる。
今年は九紫火星の年でもあるので、
その象意が示す現象が世界情勢にも
身近なところにも起こっていて
なるほど~と納得しながら話題が進む。

まだまだ奥が深い世界なので
もっと継続することもできると思うけれど、
いったんここで一区切りをつけて、
夏か秋ごろから、今度は易学講座として
スタートする予定。

毎月の学びの場がなくなっても
せっかく学んだことを忘れないように、
興味をもってくれている友人にも伝えて、
日常の生活に活かしたい。

いくちゃん、長い間ありがとうございました。

2018.04.24

5月スケジュール

☆体験コーチング☆

  すっかり初夏ですね。
  春に環境が変わった方も、
  新年度の目標に向かっている方も、
  お疲れが出ていませんか?

  取り組みたいことやなりたい自分について
  コーチに語り直してみることで
  モチベーションが高まったり
  進め方を見直したりできると思います。

  コーチングを受けてみたい方は、
  「お申込フォーム」から
  お気軽にお問い合わせください。

  大阪駅周辺で対面で実施しやすい日程は、
   5月3日(祝)、4日(祝)、5日(祝)、6日(日)、
   7日(月)、11日(金)、13日(日)、
   18日(金)、19日(土)、20日(日)、24日(木)、
   25日(金)、28日(月)、30日(水)
                    (4月24日現在)

  上記以外の日程でも、調整可能な時間帯や、
  電話で実施できる日もありますので、
   「お申込フォーム」から個別にご相談ください。

  
☆無料経営相談☆

  堺商工会議所の経営相談窓口の担当日は、
  5月1日(火)、8日(火)、29日(火)の13:00~16:00 です。

  ご予約は、
  堺商工会議所経営支援課 072-258-5503 へ。

2018.04.22

裏メニューの貼り紙に興味をひかれる

先日友人と出先でランチしたお店に、
「裏メニュー」が貼られていた。

Ura

裏と言いつつ、
入口に掲示して堂々とアピールされるのも
ユニークだなぁと眺めていると、

店主の麻婆豆腐へのこだわりが書かれた
文章の下に
「豆腐を1丁お持ちいただければ
 お作り出来ます。」


え?
豆腐にはこだわらないの?
何でもいいの?

ふだん自宅やお店で食べているのと
ソースの味で比べてほしいのかなぁと思って
Facebookにアップしてみたら、

食材のロスを防ぐためかなというご意見や
四川料理で素材にこだわるというフレーズは
聞かないよというご意見をいただいて、
そのやりとりもおもしろい。


もしかすると、
こうやって話題にする人たちが
興味をひかれて注文するのがお店の狙い?

なかなか立ち寄る機会がない駅だけど、
次に行くときには、お豆腐持参で行けるかな。

2018.04.21

カラフルな指先に

新入社員研修の時期を終えたので、
少しおさえめにしていたネイルも解禁?で
久しぶりにカラフルな指先に変える。

Nail

大きめのマーガレットと
パステルカラーを眺めていると
気持ちがふわっと楽になる。

2018.04.20

会社員時代の先輩に「観見二眼」を学ぶ

会社員時代にとてもお世話になった方に
大阪市内に行くからとお誘いいただいて、
かもめキッチンでランチする。

Lunch

会社員時代と同様に、
深いご経験や知恵が詰まったお話や
大きく物事をとらえた考え方をお聴きして
視野をぐんと広げていただく。

中でも、宮本武蔵の「観見二眼」のお話が
心にしみる。
目でみるのが「見」、
心でみるのが「観」。

コーチングの「聞く」と「聴く」にも通じる。


会社員時代に、
デジタル画像活用のプロジェクトで
ご一緒させていただいたとき、
ご自宅で天体望遠鏡を見せていただいて、
芸術的な天文写真もたくさん拝見して、
肉眼では見えないものが鋭い光を放ち、
加工されると大星雲が姿を現すことに驚き、
鮮烈な体験として心に残った。

その体験は、今も時々、
仕事に行き詰ったときに私を助けてくれる。

本当は相手は強い光を放っているのに、
私が見ようとしていないのでは?と
気づかされたことが、何度も何度もある。


会社を辞めて何年たっても、
こうして知的な刺激をいただき、
内省する機会を思い出せていただいて、
本当にありがたい。

次にお会いするときには、
心の目で観て、聴く力を高められるよう、
成長への欲求と目標が生まれる。

2018.04.19

花總まりさんのカルメンを見る

昨年末、花總まりさんに魅せられて、
宝塚時代にも演じられたカルメンを
生で観たくて、「ロマーレ」に行く。

 関連記事:「レディベスの花總まりさんに魅せられる」(2017.12.06)

Romaleやはり、
花總まりさんの
カルメンは圧巻。

男性を翻弄し、
大口を開けて笑い、
時には荒れ狂う、
かなり激しいお役が
下品にならず、
ひたむきに生きる
女性として映る。

名役者さんとはいえ、
どこからこの役づくりが生まれるのだろう。


ストーリーは、宝塚の「激情」のほうが
引き込まれたけれど、
 関連記事:「月組「激情&Apasionado!! III」最高!」(2016.03.20)

脇を固める名役者さんの迫力もすごい。

ストーリーテラーで重要な役どころの
団時朗さんと福井晶一さんの
迫真の演技と歌が渋くてかっこいい。

ガルシアのKENTAROさんは
夢に出てきそうな強烈なビジュアルで、
中塚皓平さんの圧倒的なダンス力にも
目を奪われる。

あさこさん(瀬奈じゅんさん)のご主人の
千田真司さんも初めて見ることができた。
ダンサーズは常に動き続け、踊り続け、
とんでもない運動量をこなされる。


この後2ヶ月くらいは観劇予定がなくて
ちょっとさびしいけれど、
次の観劇を楽しみに、お仕事しまーす。

2018.04.18

目の前で消防活動を見る

Fire通ろうとした道に
黄色い通行止めの
テープが張られ、
思いがけず、
目の前で
消防と救助活動を
見ることになる。

煙は出ていても
炎は見えず、
水を撒くことは
なかったけれど、
すぐ近くには、散水栓にホースをつないだ
小型消防車が何台も待機していて、
こんなシステムで消火活動を行うのかと
初めて知る。

それほど大きくはなかったようで、
すぐに撤収されたようなので、よかった。

2018.04.17

こだわりの「Cocha Bar」が誕生します

2年前の堺商工会議所創業ゼミに
参加してくださった藤岡彰さんが
来月5月5日にオープンされる
紅茶・ハーブティの専門店
「Cocha Bar」にお邪魔する。

Cocah Bar
 堺市堺区一条通20-9
 12:30-20:30 水・木定休
 5月5日オープン

Cocha_barShop1

Shop2Owner

CakeTea

防音に力を入れたという店内は
堺東駅から徒歩5分の便利な場所とは
思えないほど静かで、
落ち着いた内装と雰囲気で、
日常を忘れてゆったりとお茶を楽しめる。

茶葉にも入れ方にも食器にも家具にも、
オーナーのこだわりがあちこちにあふれ、
1つ1つお話を聴いているだけで楽しい。


ダージリンだけでも数種類あり、
特長を教えてもらって、お茶を選ぶ。

お菓子もオーナーの手作りで、
アールグレイのパウンドケーキも
優しい味でおいしい。


男性がお1人で訪れてもくつろげる
落ち着いたお店。

紅茶がお好きな方はもちろん、
紅茶をあまり飲みなれていない方も、
こんなにおいしいの?と楽しめるので、
ぜひ足をお運びください。

2018.04.16

本日開店のパン屋さん「Amu Bakery 」

昨年の堺商工会議所創業ゼミ卒業生の
佐々木利文さんが
本日「Amu Bakery 」(アムベーカリー)を
開店された。

Amu Bakery
 堺市堺区大町西3-4-11
 6:00-17:00 水・日定休

Amu1Amu2

11時オープンで、13時ごろに訪問すると、
お店が閉まってる。。。

なぜ?と立ち尽くしていたら、
佐々木さんが戻ってこられた。

「完売して、材料もなくなったから、
 買い出しに行ってたんです。」って。

というわけで、パンは買えなかったので、
近いうちにリベンジに行きます。

2018.04.15

笑顔のコーチングのシニアファシリテーターになる

NPO法人ハロードリーム実行委員会の
中心的なプログラム「笑顔のコーチング」の
シニアファシリテーターの研修を受講し、
認定を受けてきた。

Egao

シニアファシリテーターは、
笑顔のコーチングのプログラムを開催する
ファシリテーターを認定できる資格。

講師経験がない人でもマスターできる
プログラムになっているので、
笑顔のコーチングを受けた方で、
お友達の集まりやPTAさんなどで
開催してみたいなぁと思う方を応援したい。

第1回はいつ開催できるかな。

2018.04.14

関西大学堺キャンパスで学ぶ

友人にすすめられて、
関西大学人間健康学部の
「教養としてのからだ、生き方としての健康」
を受講する。

Koza

堺キャンパスに入るのは初めてで、
久しぶりの大学の雰囲気に心が躍る。
やっぱり私は学びの空間が好き。


講師の小室弘毅准教授は
講座の主旨やご専門のヨガについて
語るときのことばの選び方がおもしろい。

おそらく、
奥が深い世界を表現するのに
一番ふさわしい単語を選ぼうとして、
発言した瞬間、表現しきれていないなぁと
別の表現を探るような感じで、
何度も言い換えながら、
ユニークなことばで説明されるので、

ことばの表現が大好きな私の好奇心が
かきたてられる。


ヨガマットの上で体を動かす時間も多く、
「ネコ」のポーズを説明するのに、
前段階の説明を丁寧に丁寧にされる。

気持ちよく動きたいように身体を動かして、
その結果がポーズであって、
決して、きれいなポーズをとることが
大事なわけではないと力説される。

ヨガを教えている知人たちが、
「○○のポーズをきれいにつくるには」と
解説するブログやFacebookを見ることが
多かったので、とても意外に感じた。


意味を理解し、気持ちは深く納得しても、
身体を動かすのが苦手な私は、
実際に身体で表現するのは難しく、
実習はほとんどついていけなかったけれど、
小室先生のお話はもっと聴いてみたい。

2018.04.13

満開の八重桜

昨日は曾祖母の命日だったので、
母と一緒にお堂にお詣りに行く。

Sakura

今年の桜はもう終わったと思っていたら
足を伸ばした難波神社の八重桜が
満開に咲き誇っていて、
お花見気分を楽しむ。

2018.04.12

東郷青児展に魅せられる

優しい美人画のポスターに魅せられて
行きたかった「東郷青児展」に行く。

デフォルメされたようなバランスなのに、
そのまま絵から飛び出しそうな気がして、
不思議な世界が広がる。
時がたつのを忘れて見入る。

Card

ポストカードもお気に入りを選びきれず
10点買って、自宅でも眺めて癒される。

2018.04.10

今年度も堺の窓口に

Tulip今年度も引き続き、
堺商工会議所で
月に2~3回
経営相談窓口を
担当する機会を
いただく。

商工会議所のスタッフさんにも
担当する私たちにも多少の変化もあり、
気持ちも新たに業務を開始する。

新年度最初のお客さまは、
創業ゼミ出身でずっと通ってくださっている
経営者さん。

今年度も生まれ育った堺の土地の
経営者さんや創業希望者さんたちの
お役に立てるよう、
私も力を尽くします。

2018.04.09

企業の成長と教育投資

Heartお話をうかがうたびに
深く感銘を受けている
経営者さんは、

従業員約50名に
予算として1人7万円の
教育費用を予算化され、
使うことを促されている。

何を学ぶかは自分で決めて申請し、
就業時間外に学ぶことがルールで、
実際に、語学や技術、マネジメントなどを
学ばれているという。

社内の交際費も1人3万円まで認め、
職場の懇親会や同期会、
プロジェクトのキックオフなどを支援する。

合わせて1人10万円、
総額は500万円になるけれど、
それ以上の利益を上げてくればいいと
言い切る。

社員や社風づくりへの投資は
将来のために大切だと頭でわかっていても、
業績が悪化すると真っ先に削る企業が多く、
ここまで徹底して実行される経営者さんは
少ないと思う。

成長を続ける企業の秘訣の1つとして
大きな学びをいただいた。

2018.04.08

トップスターさんのお茶会へ

宝塚宙組トップスター真風涼帆さんの
熱狂ファンのお友達のお誘いで、
お茶会に参加する。

真風さんのお茶会は2年ぶり2回め。
  関連記事:「シアター式のお茶会へ」(2016.08.11)

TeapartyTea2

目の前が通路というありがたいお席で、
入場から目の前を真風さんが通られる。

今回の舞台の裏話などを楽しく聴いた後、
全員が順番に並んで順番に握手する。
人数が多いので軽くタッチするくらいかなと
思っていたのに、
びっくりするくらいぎゅっと力を入れてくれる。

宝塚は、舞台でキラキラ輝くスターさんと
こうやってすぐ近くで会える機会がある。
これも人気の理由かな。


次の観劇まで少し期間があくので、
しばらくこれでがんばれそう。

2018.04.07

「湯を沸かすほどの熱い愛」に家族を考える

やっと、前から見たかった
「湯を沸かすほどの熱い愛」を観る。


宮沢りえさん、杉咲花さん、
子役の伊東蒼さんたちの演技がすばらしく、
表情1つで感動させられるし、
ストーリーにも引き込まれる。

宮沢りえさん演じる「おかあちゃん」は
誰とも血がつながっていないのに、
関わる大人たちも子どもたちも、
誰もがおかあちゃんに引き寄せられ、
本当の家族以上の家族になっていく。

家族って何だろう?と考えさせられる。

ただ血がつながっている、
一緒に住んでいる、というだけでも
十分に強いつながりがあるし、
そこに安住せず、
自分たちでつくっていく、守っていくという
強い意図も必要なのだと思う。


血のつながりや生活スタイルは
システムコーチング(ORSC:
Organization & Relationship Systems
Coaching)を行うシステムコーチには
出る幕はなさそうだけど、

何を大事にするのか、どうつくるのかは
生活をともにすると忘れがちになる分、
システムコーチが関わって、
より幸せな家族になっていくサポートが
できたらいいな。

2018.04.06

1年間の幟の見納めに

住吉大社に初辰まいりに行く。

1年間会いに来た、ひとのわの幟も
今月が最後。
来月の初辰大祭で、新しい幟を奉納する。

NoboriNekoBird

カルガモちゃんは
今日は陸でひなたぼっこ気分みたい。

来月は経営者の勉強会の先輩方と一緒に
お詣りに来て、みんなの幟を探す予定。
楽しみ。

2018.04.05

新入社員研修で成長宣言を聴く

Butterfly2日間の
新入社員研修の
終わりには、
1人1人に力強く
今後の宣言を
してもらうことが
多いのだけど、

今回はなぜか直感で、
この2日間の成長を自ら祝福してほしいと
いう思いがわきおこり、
習得したこと、自信をつけたことなどを
一言披露してもらうことにした。

学ぶ意欲が高く、
演習問題として意識すれば基本マナーを
ほぼ実践できるようになったみなさまを
心から讃えたくなった。

最初は
「え~、そんなこと自分で言うの?」
みたいな表情をされていたみなさまが
宣言文を心に決めて、
本気で宣言してもらうと、
うれしそうな、誇らしそうな表情になり、
美しいなぁと思う。


今の素直でまっすぐな彼らの輝きが
職場の先輩方にも刺激になって、
お互いにぐんぐん成長されますように。

そう願いながら、
心地よい疲れを感じながら、大阪に帰る。

2018.04.04

食とアートで研修疲れを癒す

広島での研修初日を終えて、
コーチつながりのkeiさんとお会いして、
名物の天然穴子釜飯がおいしいお店
「酔心」に連れて行っていただく。

KamameshiGozen

おいしいお料理と楽しいおしゃべりで
研修疲れはすっかり癒えて、
もう1日がんばれる活力をいただく。

Mandara

そしてなんと、
京都造形芸術大学の通信課程の
現役女子大生でもあるkeiさんお手製の
糸かけ曼荼羅の作品をいただく。

細かく糸をかけて創られた作品は
ずっと見ていても飽きなくて、美しい。

ありがとうございます。

2018.04.03

宮島でパワー充電

明日から広島でお仕事のために、
早めに到着して、宮島に出かける。

アジアやヨーロッパなど外国人観光客で
島に渡るフェリーに一度に乗り切れない。
厳島神社の大鳥居が見えると、
さまざまな言語で歓声が上がる。

25度を超える夏日、
強い日差しを浴び、日焼けしながら、
厳島神社と大願寺で御朱印をいただく。

ToriiTower

Goshuin

Age商店街で
見た目につられて
買ったのは、
からあげ、ではなく
あげもみじ。

もみじまんじゅうを
揚げたもの。

パワースポットに
あやかって、
明日明後日、
いいお仕事ができるようにがんばります。

2018.04.02

宝塚の若手公演で、組織の人材育成を考える

宝塚雪組「義経妖狐夢幻桜」を観る。

主演は、私が好きな月組から組替えした
あーさくん(朝美絢さん)。

Asa1Asa2

超美形のあーさくん演じるヨシツネは
お衣装もカラフルで華やかで、
時代劇ではなく、ロックファンタジー。

オープニングから輝くオーラがあふれ、
歌うまなあーさくんの見せ場がたっぷりで、
会場のど真ん中のお席をいただいたので、
強いメヂカラにひきつけられる。

永久輝せあさん演じる兄のヨリトモは
リーゼントでヤンキーのように登場され、
月組の龍真咲さんの「NOBUNAGA」を
思い出す。
冷酷で強いだけのヨリトモかと思いきや、
人望がなく情けない一面も表現され、
会場の笑いを誘う。

照明を効果的に使った舞台で、
ヨシツネとヨリトモの場面、
夢と現実の場面、を使い分ける。

中堅~若手の橘幸くん、縣千くんも
セリフや出番が多く大活躍で、
ベテランのまなはるさん(真那春人さん)、
久城あすさんたちが、
大胆な動きと落ち着いた演技で引き締める。


若手主演公演は、
主演、2番手さんも大きな役割に輝き、
本公演ではあまり役がつかない下級生が
貴重なチャンスに思い切って勢いよく動き、
中堅やベテランが支えるという
チーム力の美しさを感じられるところが
何よりの醍醐味。

役割が人を育てると言われるように、
企業の人材育成にも応用できる。
育てたい人にチャンスを与えて、
成功体験を積めるように、周りが盛り立てる。
頭ではわかっていても、なかなか難しい。

宝塚でも、脇役に配置された方はきっと
複雑な思いはあるはずだけど、
舞台では、お客さまに喜んでもらうため、
共通の目的のために全力を尽くす。

観劇中は、
あーさくんかっこいい!と目をハートにして
舞台に心をもっていかれつつ、
帰り道では、
こういうところをお仕事の人材育成に
活かせたらと思いをはせる。

Mokuren

花のみちには桜もまだ残っているけれど、
濃いピンクのモクレンが目に留まる。
亡き祖父が好きだったお花。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)
無料ブログはココログ