最近のトラックバック

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019.01.30

<告知>2月27日茨木コーチングセミナー

告知が遅くなりましたが、
2月27日午後、茨木商工会議所で
コーチングセミナーを開催します。
 http://www.ibaraki-cci.or.jp/wp/topics/seminar/20181210_5574.html

Seminar

働き方改革が提唱され、
職場でコミュニケーションをとる時間が
少なくなったという声も聞かれますが、
こんなご時世だからこそ、
職場のコミュニケーションの重要性が
高まっています。

逆説的に聞こえるかもしれませんが、
上司が部下の話に耳を傾け、
職場の人間関係を密にすることは
生産性向上の近道です。

90分という短い時間で
コーチングスキルをマスターしていただく
ことは難しいですが、
職場で対話を深めようという意識を高め、
上手にコミュニケーションをとるコツを
お持ち帰りいただけると思います。

ぜひご参加ください。

日時:2019年2月27日(水)14:00-16:00
     14:00-15:30 セミナー
     15:30-16:00 交流会

場所:茨木商工会議所

講師:ひとのわ 福住昌子

ご案内とお申込みは、
http://www.ibaraki-cci.or.jp/wp/topics/seminar/20181210_5574.html

2019.01.29

ストーブを囲んで研修

車窓から雪景色を楽しみながら、
毎年のようにお招きいただく企業さまに
接客レベルアップの研修に向かう。

Snow

お部屋の真ん中に大きなストーブが
あったので、
キャンプファイヤーのようなイメージで
椅子を丸く並べて研修を進める。

暖かいお部屋で気持ちもほぐれたのか、
演習に積極的に大胆に取り組んでいただき、
笑い声もあふれる。

学ぶ環境づくりは大事。

2019.01.28

朝夏まなとさんに上司が声をかける大切さを学ぶ

日本経済新聞社主催セミナー
「魅力的なチームづくりと
 人を動かすコミュニケーション力」に
参加する。

と固いタイトルがついているけれど、
実は、
宝塚宙組前トップスター朝夏まなとさん
(まぁさま)のトークショー。

Maasama

1年前にも柚希礼音さんのトークショーに
参加した。
  関連記事:「柚希礼音さんに学ぶチームのまとめ方」(2018.01.29)

現役トップスター時代の朝夏まなとさんも
大好きだったし、
2ヶ月前にも舞台を観たので、
  関連記事:「出張ついでに「オン・ユア・フィート」」(2018.12.10)
トークで違う一面を見られるのが楽しい。

まぁさまは下級生時代から後輩の面倒見が
よかったといわれていたけれど、
組替えされてトップスターになられても、
気になることがあれば、その都度
自分から下級生に声をかけていたという。

組をまとめる立場だからというよりも、
私が心に残ったのは、
実績を積んで余裕ができたからこそ、
まだ余裕がない下級生に声をかけることが
できる、ということば。

ご自身も下級生時代は大きなお役に
抜擢されても実力が追いつかず、
技術を磨くことで精いっぱいだったけれど、
上級生になると出番は多くて忙しいものの、
技術や立ち振る舞いには余裕ができ、
だからこそ、相手に合わせて声をかける
ことができるようになったとおっしゃる。

上下関係が厳しい宝塚ならではの
美しい伝統でもあり、
会社組織でも、応用できることだと思う。


上に立つと、責任や扱う問題に気をとられ、
部下やスタッフの気持ちを思いやることを
忘れてしまったり、
周りが立ててくれて慢心してしまったり、
自分から声をかけることが減ってしまう
人のほうが多いと思う。

私自身も、
年齢と経験年数だけは勝手に上がるので、
何もしていなくても先輩扱いされてしまう
機会が増えていく。
だからこそ、まぁさまを見習って、
自分から声をかけ、学び続けられる人で
ありたいと、改めて強く感じた。

2019.01.27

最後か最初か

Kumo「平成最後の」
あらゆるところで
このフレーズの
広告や記事が
目立つ。

経営相談でも、
会社設立の時期を迷う方に
「平成時代からの会社がいいですか?」
「新元号の新時代にしたいですか?」と
質問したこともある。

実態は、いつでもいい、のかもしれない。
浮かれすぎるのも問題だとは思う。

それでも、数十年先、もっと先に、
社員やご家族と歴史を振り返ったときに、
平成最後の、
新元号最初の、
来年オリンピックイヤーの、
どんなキャッチフレーズで語りたいか、
どんなふうに紹介されたいか、
何が社風や理念、事業分野にふさわしいか、
今から考えて決めるのも、
夢があると思いませんか?

2019.01.25

2月スケジュール

☆体験コーチング☆

  2019年も早くも1ヶ月過ぎましたね。
  今年は、今年こそ・・・と立てた思いは
  持続していますか?

  慌ただしくなる年度末も近づき、
  少しゆっくり自分のための時間をとって、
  コーチと話しながら考えてみませんか?

  コーチングを受けてみたい方は、
  「お申込フォーム」から
  お気軽にお問い合わせください。

  大阪駅周辺で対面で実施しやすい日程は、
   2月8日(金)、18日(月)、21日(木)、23日(土)、
   28日(木)
                    (1月25日現在)

  上記以外の日程でも、調整可能な時間帯や、
  電話で実施できる日もありますので、
   「お申込フォーム」から個別にご相談ください。

  
☆無料経営相談☆

  堺商工会議所の経営相談窓口の担当日は、
  2月5日(火)、20日(水)、26日(火) 13:00~16:00 です。

  ご予約は、
  堺商工会議所経営支援課 072-258-5503

2019.01.24

はにわの梅ちゃん

Haniwa先日、
お世話になっている
Aまさんに
堺市博物館
オリジナルの
犬形はにわ
キーホルダーを
いただいた。

なんともいえない
愛嬌のある雰囲気の
わんちゃん。

「梅ちゃん」の名札もついている。

脱走されないように
梅ちゃんをかわいがります。

2019.01.23

キラキラネイル

キラキラネイルに。

Nail

オフィスネイル系の
シンプルなピンクのグラデーションに
キラキラをいっぱいちりばめて。

少しお上品に過ご・・・せるかなぁ(^^)

2019.01.22

何歳まで働けるのか

昨日の日経新聞朝刊のトップ記事は
「70歳以上まで働く」3割。

Nikkei

本当かなぁと思って読んでみると、
質問は、「何歳まで働くつもりか」。

平均66.6歳と書かれているが、
回答した方は、
「働きたい」のだろうか。
「働かざるを得ない」と思うのだろうか。

老後の資金が不安だからという理由なら、
「働く意欲」とは言えないと思う。


私も、お金のことはとっても不安。
同時に、研修講師やコンサルタントとして、
知力も体力も必要なお仕事なので、
何歳までお役に立てるのかという不安も
とても大きい。

何歳まで生きるのだろう。
何歳まで働くのだろう。

2019.01.21

龍真咲さんの1人「風と共に去りぬ」

実家で、Eテレ「100分de名著」で
文学のお勉強~

宝塚でも上演された大好きな名作
マーガレット・ミッチェル
「風と共に去りぬ」の特集で、
なんと、宝塚でスカーレットを演じた
元月組男役トップスターの龍真咲さんが
朗読される。

Kazetomo

男役声でレット・バトラー、
美しい女性の声でスカーレットを演じ分け、
1人風共。

ファン心理をくすぐるすばらしい演出。
  これ、実際の舞台でも観たい。。。

轟さんと真咲さんのすばらしかった舞台が
頭の中でよみがえる。
  関連記事:「月組「風と共に去りぬ」にどっぷり浸る」(2014.01.15)

原作は文庫本で5冊もある大作だけど、
真咲さんの声で再生しながら
また読み返したくなる。
  関連記事:「「風と共に去りぬ」読了」(2015.09.01)

2019.01.20

タクシーで実家に向かう

東京から出張に来ていた友人と
新大阪駅で夕食をとり、改札で見送った後、
スマホを見ると、
見慣れない番号からの留守電が入っている。

実家のお隣の奥さんからで、
地域の集会で母が倒れたという。
慌てて折り返すと、救急車は呼んだものの
貧血で大きな心配はなさそうなので、
自宅で横になっているということで、
すぐにタクシーで実家に向かう。

タクシーのカーナビが見当違いの地図を
出すのをやきもきしながら、
運転手さんに事情を伝え、急いでもらう。

帰宅すると母は意識もはっきりしていて
眠れば問題なさそうで、ほっとする。

ご近所の方に心配はかけたけれど、
みなさんに親切にしていただいて、
助けていただいてありがたい。

2019.01.19

おことばとミーアキャット

18日が祖母の命日だったので、
南御堂にお詣りに行く。

Midou

掲示されていた今月のおことばは、
「跂つ者は立たず
 跨ぐ者は行かず(老子)」

つま先立ちではしっかり立つことができない。
大股歩きでは長く歩けない
という意味らしい。


身の程を知るということだろうか。

Meerkat目標は、
背伸びするくらいが
よいと言われるし、
小さな私はすぐに
背伸びしたくなる。

年初のセミナーでも、
背伸びする自分を
ミーアキャットに例えて
自己紹介した。
 関連記事:「学び初めのプレゼンテーション」(2019.01.04)

背伸びするためにも足元を固め、
ぐらつかないように足腰を鍛えることは
重要だと思うので、
基盤を固め、一歩ずつ着実に進むことを
大事にしようと、おことばから考える。

2019.01.18

生きた学び

3日間の研修を終えて、
憧れの今半の牛肉弁当を購入し、
満席の新幹線でじっくり味わう。

Bento

この時期の連続研修は、
何名かの参加者が体調を崩して抜ける。

以前は、
こんな時期に重い研修をすることに
疑問を感じたこともあったけれど、

この3日間、つらそうな仲間に声をかけて
お互いに気遣ったり、
抜けてしまった方に思いを馳せたり、
途中から参加した方に前日までの流れを
みんなで教えていたり、

演習でコミュニケーションを学ぶ以上に、
自然に周りへの気遣いや協調性を養う
生きた学びになっているのを実感した。


休憩時間に参加者と話していると、
職場では、自分の業務も忙しいうえに、
休んだ方の業務対応にも追われて、
心配する気持ちは後回しになってしまうと
気づいた方もいらっしゃる。

職場の稼働人数が減っている中で
自分が研修に参加できていることに
感謝の気持ちが芽生えた方もいる。


どんな状況からでも学ぶことができるし、
成長することができる。
講師として、どんな状況も学びに変える
関わりの大切さを実感した。

2019.01.16

チョコでごきげん

Choco今年初の出張は
インフルエンザの
警報が出た東京で、
3日連続の研修。

元気とごきげんを
養うために、
THE Chocolateの
期間限定ゆず味で
プチ贅沢。

2019.01.14

これぞミュージカルの世界

花總まりさんのマリーアントワネットと
ソニンさんのマルグリットを観たくて、
「マリー・アントワネット」を観劇する。

Marie

宝塚ファンではあるけれど、
桁違いの歌のうまさやお芝居の迫力は
これぞミュージカルという世界。

透明感のある花總まりさんが演じる
無知ゆえの無垢で可憐なマリーの前で、
古川雄大さんのフェルセン伯爵が
葛藤する胸の内が切なく伝わり、
声の相性もぴったりで美しい。

宝塚でもベルサイユのばら、1789などで
フランス革命の時代を何度も観て、
ストーリーや結末は知っていても、
マリーの幸せを願ってしまう。

毒のあるソニンさんとのかけあいが見事で、
フィナーレでは2番手の位置づけで、
カーテンコールも花總さんと手をつないで、
お2人で登場される。

このお2人を観たかった私には、
お年玉のようなうれしい演出に大感激。

早くも、今年1番の作品になりそうです。

2019.01.13

感謝の秘訣

人生の大先輩のお誕生日に
お気に入りのカフェのアフタヌーンティーに
お誘いする。

Tea

華やかな人生を送られていて
マシンガントークのように続くお話の中に、
時々、周りの方への感謝のことばが出て、
これが、人に慕われる秘訣なんだなぁと
改めて学ぶ。

2019.01.11

華やかな会場で研修

Flower松の内が明けても
研修会場の
ホテルの入口には
お正月らしい
門松やお花が
華やかに飾られ、
気分が上がる。

大人が学ぶには、
環境も大事。

おかげさまで、
コミュニケーションの非言語の影響を
楽しく学ぶ。

2019.01.10

「YYラジコン倶楽部」を訪問する

昨日はえべっさんの帰りに、
すぐ近くにある「YYラジコン倶楽部」に
お邪魔する。

Shop

オーナーの難波裕文さんは
2010年の堺商工会議所創業塾の卒業生で、
日本橋で開業後、一度拡張移転された後、
今年はさらに新しい展開に挑戦される。

にこにことお話ししてくださる間にも、
サーキットに常連の方が来られたり、
ネット販売している専門パーツの
お問い合わせの電話が入ったり、
ファンから愛され、信頼されているのが
とてもよくわかる。

新しいチャレンジも、応援しています。

2019.01.09

えべっさんで大吉

朝、自宅をお掃除して清めてから、
えべっさん(今宮戎神社)にお詣りに行く。

笑顔のかわいい福娘さんから
福笹に縁起物を授かって、
にこにこ笑顔のおじさまからおみくじを引くと、
なんと「大吉」。

えべっさんで大吉をいただくのは初めてで、
商売繁昌に向けて心が弾む。

Ebisu

FukumusumeDaikichi

おことばも、ありがたい。

「嵐し吹く世にも動かじ吾が家は
 巌に根ざす松のごとくに」

 世に貫く信念を固くするのは己であり、
 動くことなしと決めるのは神の心である。
 無上の運勢に恵まれている。
 よりよい幸福を求めて、松の根の如く
 世間に根を張りなさい。


毎年えべっさんが終わると、
やっと年が明けたという実感がわく。

しっかりと根をはって、
軸を大切に、着実にお仕事を進めます。

2019.01.08

静かな初辰まいり

昨日は今月の初めての辰の日なので、
七草粥を食べた後、
住吉大社の初辰まいりに出かける。

Neko

ところが、
神社が設定した初辰まいりの日は
お正月を避けて2番めの辰の日らしく、
参拝客はまばら。

賑わいの中で商売繁昌を願うのも
いいけれど、
静かにゆっくりお詣りするのも心地よく、
今年の決意を丁寧に宣言できたので、
幸先がよいということにしておこう。

2019.01.07

炊飯器で七草粥

初めて炊飯器で七草粥を炊く。

例年は炊いて冷凍した玄米ごはんで
雑炊仕立てにしていたけれど、
炊飯器でも玄米からおかゆがおいしく
できると聞いて、初挑戦。

Kayu

葉の色が変わってしまったけれど、
朝食においしくいただく。

今年も健康で過ごせますように。

2019.01.06

レゴで笑顔満開

笑顔のコーチングつながりの河井大さんが
高島屋大阪店のレゴランドのイベントに
出張で来られているので、会いに行く。

Daichan

大ちゃんが担当されていたのは
精巧につくられたジェットコースターで、
私も動かして遊ぶ。
楽しい。

Lego1Lego2

大阪の街や名古屋のレゴランドの模型や、
インスタ映えしそうな写真スポットもあり、
子どもも大人も楽しめる。

楽しそうに働いている大ちゃんに
大阪のイベントで会えてよかった。

2019.01.05

初春大歌舞伎で3世代共演を楽しむ

松竹座で初春大歌舞伎を観る。

平成5年ごろから歌舞伎を観ているので、
坂田藤十郎さんの米寿記念の
「寿栄藤末廣」の演目で、
坂田藤十郎さん、
中村雁治郎さん、扇雀さん、
中村壱太郎さん、虎之介さんの
3世代総出演の舞がとても感慨深い。

米寿とは思えない艶やかな藤十郎さんと
雁治郎さん、扇雀さんの迫力、
壱太郎さん、虎之介さんの若々しさで、
お祝いにふさわしく華やかなひととき。

Kabuki

私は、初舞台から壱太郎さんのファンで、
3演目とも大活躍を観られて、大満足。

「土屋主税」のお園は、
初々しい娘さんらしい美しさに加えて
赤穂浪士の娘としての見せ場があり、

「心中天網島の河庄」の小春は、
大人の色気を魅せながらも、
心のうちに秘めた思いを抑えた演技で
ひきつける。


お正月気分の締めくくりにぴったりの
幸せな観劇になる。

2019.01.04

学び初めのプレゼンテーション

2019年も初笑い&初学びは
お世話になっている本間正人先生の
「研修講師塾2019新年スペシャル」。
Hommasense

メンバーの状況や要望に合わせて、
楽しい演習が即興でつくられて、
先生のパフォーマンスに笑い、
メンバーと話すことで学びが深まっていく。

冒頭と最後には、
1人ずつ前に出てスピーチをした。

Mako1Mako2

スマホで撮影していただいた動画を見ると、
うれしそうに話す私が映っている。

よく、研修を受けてくださる方からも
「なんでそんなに笑顔で話せるんですか?」と
聞かれるし、
研修風景の写真を見る機会もあるので、
そこはあまり驚かない。


ただ、久しぶりに聴いた自分のアニメ声は
もう少しなんとかしたいなぁ。
重みのある話をするときに、
落ち着いた表情と声で伝えられるように、
年齢とともに、磨いていかねばと思う。

2019.01.03

TVで宝塚

昨日の夕方は、TVで宝塚の特集を観る。

大劇場での観劇は少し先になりそうだけど、
お正月から宙組の真風涼帆さんを
アップで観られて幸せ。

Makazesan1

Makazesan2Makazesan3

2019.01.02

八方厄除のお守り

母と初詣へ。
今年はこんなお守りを見つけた。

Mamori

気学を学んでいると
この八角形の盤になじみを感じて。

家内安全、福徳円満、商売繁盛、
地相、家相、方位、日柄の
全ての災いを除いてくれるらしい。
なんと贅沢な。。。

信じて毎日持ち歩きます。

2019.01.01

優雅に飛ぶ年に

あけましておめでとうございます。
2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

のどかなお正月、
折り紙で祝い鶴を折ってみました。

Iwai

のびのびと羽を広げて優雅に舞い、
心が動くお誘いに気持ちよく乗りながら、
気がつくと遠くまで翔んでいる、
そんな年にしたいなぁと思います。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

他のアカウント

無料ブログはココログ