最近のトラックバック

« 酷暑の初辰まいり | トップページ | お盆のお詣り »

2019.08.13

「チェ・ゲバラ」でお芝居の重厚感に浸る

宝塚「チェ・ゲバラ」で世界史の人物を学ぶ。

専科の轟悠さん主演と月組若手の公演で、
轟さんも月組も大好きな私には最高の組み合わせ。

Stage

轟さんがすばらしいのは言うまでもなく、
当初の配役の月城かなとさんが休演になり、
代打で2番手のフィデル・カストロを演じた
おだちん(風間柚乃さん)が落ち着いた渋い演技で、
約30期上の轟さんと堂々と渡り合っていたのが
すばらしすぎる。

目だけで芝居ができる名役者さんで
本公演や新人公演でも演技力や歌は定評があるし、
エリザベートでは美弥ちゃん休演の繰り上がりで
代役でルキーニを演じ、
武蔵でも代役で月城かなとさんのお役を演じ、
またとないチャンスに着実に結果を出されて、
1作1作力をつけられている。
まだ研5。これからが恐ろしいくらい楽しみ。

Ishisan Odachin

このお2人だけでなく、脇役や若手のお1人お1人が
活躍されていて目が離せない。

革命軍は全員の個性が立ってお髭のイケメン揃いで、
蒼真せれんくんは舞台の隅で立っている間も
怒りの表情と動きで渋い芝居をしているし、
瑠皇りあちゃんは美しい青年兵士で活き活きされ、
研1の2人も躍動感にあふれている。

蓮つかさくんは美声と美貌と力強い演技で
ストーリーの展開を握る大事な場面でお芝居を締め、
晴音アキさんは美声とスタイルのよさで美しく踊り、
このお2人の絶品デュエットが聴けたのもうれしい。
本公演でももっと歌ってほしい。

きよら羽龍ちゃんはあまりのかわいらしさに、
まゆぽん(輝月ゆうまさん)の弟と知っていても、
息子にしか見えなくて、
「弟が」とセリフのたびに毎回驚いてしまう。
歌もお芝居の声も美しく、新公ヒロインしてほしい。

ゲバラの妻の天紫珠李ちゃんは、さすが元男役。
轟さんとの場面ではかわいらしさを見せながらも、
勇ましい女性役を自然にかっこよく演じ、
銃を持って踊る姿もサマになる。

研1時代から気になっていた礼華はるちゃんが
大きな出番をもらっていて、
端正なお顔立ちだからこそ、
任務と私情の間で揺れる苦しさや切なさが見える。

これは何度でも観たくなると思うので、DVDが欲しい。

お席はまたもや神席。
通路の目の前で、今回は後方だなぁと思っていたら、
革命兵士たちが横一列に並び、通路でお芝居をされる。
目の前に蓮くんがしばらくとどまっていて、
美しいお顔を観ていられる幸せを味わう。

月組OTT組の方々も10名以上ご観劇で、
海ちゃん(海乃美月さん)など娘役さんがずらっと並び、
客席がとても華やか。
千海華蘭ちゃんのアドリブでは、
ちなつさん(鳳月杏さん)と紫門ゆりやくんが
いじられていた。

次の観劇まで2ヶ月くらい空きそうだけど、
これでしばらくがんばれそう。

« 酷暑の初辰まいり | トップページ | お盆のお詣り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 酷暑の初辰まいり | トップページ | お盆のお詣り »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

他のアカウント

無料ブログはココログ