« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020.05.31

宝塚の背景でオンラインのテンションUP

Points of Youの先輩コーチの
オンラインワークショップを受けました。

使うツールは同じでも、
出会うカードが違い、話すメンバーが違うと、
毎回、今の自分に必要な発見があります。

Potential

内容も素晴らしかったのですが、
オンラインの環境でうれしいことがありました。

それは、
自分が選んだカードをオンラインで見せるのに
セカンドカメラをうまく切り替えて使えたことと、
宝塚大劇場の画像を背景にして参加できたことです。

かなりテンションが上がり、積極的に参加できました。

Haikei1 Haikei2

自分が講師やファシリテーションをするときは、
趣味の背景を使うのは難しいですが、
参加するときの楽しみが増えました。

2020.05.30

強みの組み合わせから自分のトリセツをつくる

10年以上前に本間先生の大阪の講座でご一緒した
熊本の丸本昭コーチに、
ストレングスファインダーを使った
自分トリセツセッションを受けました。

ストレングスファインダーと出会ったのは
2007年のことですが、
 関連記事:「森川里美コーチに学ぶ、強みの資質」(2007.02.03)

そのときのデータは残っていないので、
今年1月に診断を受け直していました。

Strength

書籍や個人レポートの解説を読んでも
あまりピンとこないところがありましたが、
丸本昭さんの解説はとてもわかりやすくて、
1つ1つの資質も、私の仕事に合わせて説明され、
強みの資質をいくつか組み合わせた活用方法を
詳しく教えていただけます。


クライアントさんや関わる会社のみなさまを
本気で熱く応援するのは、
「成長促進」×「共感性」の資質を使っていること、

「戦略性」×「着想」×「個別化」で、
相手に合わせて新しいアイデアを出すのが好きなこと、
一方で、書面に落とすことや収束するのが苦手なこと、

「最上志向」×「学習欲」が裏目に出て、
自分はまだまだダメだと思ってアピールできないこと、

などなど、私の日ごろの言動や特性が
見事に解説されていきます。


これからどう強みを組み合わせればいいのか、
強みが裏目に出る場合の注意など、
診断結果の資質の順位表を見ていただけでは
自分では読み取れなかったことを
深く教えていただきました。

やはり、専門家のお話を聴くのは楽しいです。
「学習欲」と「個別化」がたっぷり満たされました。

2020.05.28

再ブレーキ

緊急事態宣言が解除され、
さあ、いよいよ会場での集合研修の準備ができる、
と期待したのもつかのま、

届くメール、かかってくる電話、
見事に全て、7月以降の研修やコンサルティングの
キャンセルのご連絡が続きます。

もしかすると、
久しぶりに出勤 →研修可否を相談 →中止決定
という流れが起こったのでしょうか。

Stop

アクセルを踏もうとした瞬間の急ブレーキで
ガクンとつんのめりそうになりましたが、
2月後半からのキャンセル続きのおかげで
いちいちショックを受けなくなったことだけは、
今回の騒ぎで鍛えられたかもしれません。

私のステイホームはまだまだ続きそうです。

2020.05.27

簡単プリン

久しぶりに企画書を作っていると、
頭がフリーズして考えがまとまらなくなったので、
珍しくおやつを作ってみました。

Pudding

ふつうなら、お家にある材料で……なのでしょうが、
卵もお砂糖も牛乳も買い置きしていないので、
スーパーに買い出しに行くところからスタートです。
なんという現実逃避。

簡単レシピでプリンもどき?がおいしくできたので、
大満足なひとときでした。

  で、企画書ができたかどうかなんて、
  聞いてはいけません(^^)

2020.05.25

グリーンバックとセカンドカメラ

ようやく研修のお打ち合わせが進み始めると思ったら、
「オンラインで研修できますか?」のお問い合わせも
入ります。

今からオンライン?会場研修ではなくて?

お客さまの要望に応えるのが講師のお仕事なので、
少しずつお部屋に機材が増えていきます。

背景を設定するグリーンバックと、
説明しながら物を映すためのセカンドカメラを
導入しました。

Green Wabcam

物が少ないシンプルなお部屋で暮らしたいのに、
あー、オフィスほしい!と叫びたくなります。

「もうオフィスいらないんじゃない?」という流れに
逆行していますが、
本気で、ワンルームの狭いお部屋ではなく、
仕事部屋とくつろぐスペースを分けられる広い自宅か
セミナールームがほしくなります。

2月半ばから研修が全て中止になって、
大きな投資ができる状況ではないはずなのですが、
浮かんでしまったものはしかたない(笑)

願えば叶うことを信じて、
妄想だけは膨らませておきます。

2020.05.23

年季が入った本を開く

友人から、今春神戸大学を退官された金井壽宏先生の
組織開発の講義がYoutubeで公開されていると
教えてもらって、視聴しました。
 https://youtu.be/IEFbkrJLHmA

テキストになっている「経営組織」を
久しぶりに取り出してみると、
ページの端が斑点で真っ赤になっています。
日焼け? カビ?

おそらく20年近く前に購入したものですが、
他の古い本はきれいなままなのに、なぜでしょう。

Book_20200528185201

私が金井先生と出会った大事な本なので、
また新しく注文しました。


私が金井先生のお話を聴くときは
いつも社会人向け、人事の専門家向けなどで
サービス精神旺盛な金井先生は、
猛スピードで本題+周辺知識を教えてくださって
メモも追いつかないことが多いのですが、

この動画は立命館大学の学生さん向けのせいか、
ゆっくり、大事なことを繰り返し説明されています。

先日、他の大学の先生の動画も見る機会があり、
やはり、同じことを何度も繰り返されていました。

学生さん向けには、これくらい繰り返さないと、
大事なポイントが浸透しないのかもしれません。

私も夏に、大学のスクーリング講座を担当するので、
先生方を見習って、ポイントを何度も復唱できるよう、
講義のタイムスケジュールを見直そうと思います。

2020.05.20

あじさいに足を止める

外出機会を減らしている間に、
いつのまにか季節がめぐっていることを実感します。

日傘が手放せないほど日差しが強くなり、
あじさいが色鮮やかに咲き誇っています。

Ajisai1

Ajisai2 Ajisai3

例年なら多忙な季節、
通りすがりに咲くお花にゆっくり足を止める機会も
少なかったような気がします。

研修のお仕事が再開できるのはまだまだ先ですが、
スーツを着て出歩くころには、
どんな風景になっているのでしょう。

2020.05.19

6月スケジュール

☆体験コーチング☆

 日常生活が少しずつ戻っていきますね。

 お仕事の進め方や生活のバランスも
 従来のやり方に戻すのがよいのか、
 新しい工夫が必要なのか、
 とまどいや心身の疲れを感じることもあると
 思います。

 無理に1人でがんばろうとせず、
 コーチと話しながら気持ちを吐き出して、
 迷いを払拭して、自分の軸を確認するために
 コーチングを体験してみませんか?

 「お申込フォーム」からお気軽にご連絡ください。

 当面は、ご自宅やオフィスからの
 Zoomまたは電話で実施しています。
   カメラはオン・オフどちらでもかまいません。

 対面で実施できる準備が整えば、
 大阪駅周辺で検討しますので、ご相談ください。

 

☆無料経営相談☆

 堺商工会議所の経営相談窓口の担当日は、
 6月2日(火)、10日(水)、16日(火)、30日(火)の
 13:00~16:00 です。
 ご予約は、
 堺商工会議所経営支援課 072-258-5503 へ
 お願いします。

2020.05.16

例のマスク

昨日帰宅すると、届いていました。

Mask_20200518015701

私は使わないので、
人数分届かないから欲しいという知人に譲ります。

この予算、欲しい方が引き換えられる制度とか、
施設や医療機関などで申請できる仕組みとか、
欲しい人に必要な数が届くように考えてほしかったと
今さらながら思います。

全員一律が平等ではないと思うのです。

2020.05.15

自粛ボケの社会復帰

自粛解除の前からのアポイントだったのですが、
数ヶ月ぶりに新幹線に乗りました。

電車にもめったに乗らない生活をしていたせいか、

あれ、新幹線ってどうやって予約するんだっけ?
どのカードをかざせば改札を通れるんたっけ?

と、あまりのボケボケぶりに我ながら驚きます。

Ozone Kon

訪問先の最寄駅からは迷わずスムーズにたどり着き、
元気をいただいて楽しく盛り上がった後、

帰りの新幹線の乗換改札でもICカードで引っかかり、
どうも現実世界に対応できていないようです。

本格稼働はまだまだ先になりそうですが、
こんな調子で、社会復帰できるのでしょうか(笑)

きっと、今まで以上に周りのみなさまを
お騒がせしそうな気がしますが、
これからまたあちこちいろいろ動きます。

私に頼られてしまう周りのみなさま、
あきれずに、私の面倒をみてくださいm(__)m

2020.05.13

経営相談で心のケア

経営相談窓口で経営者さんのお話をうかがいました。

今後に向けた前向きな取り組みへのご相談ですが、
その動機やきっかけとして、
現状の新型ウイルスの影響について触れることになり、
苦しい胸の内をお聴きすることになります。

日ごろ、社員さんの前では明るく振舞って、
苦しい中でも社員さんのお給料を精いっぱい確保し、
不安を与えないように努めて明るく振舞いつつ、
内心では、当面の資金繰りと今後の売上や利益確保に
大きな不安を抱える経営者さんの心の中は、
限界を超えそうなくらい張りつめています。

今の状況で、経営者が事業資金を確保するために
数々の施策を頼りに、なりふり構わず走り回るのは、
全然恥ずかしいことではありません。
会社と社員を守るための、立派な経営者の行動です。

経営者にとって、会社、社員、事業は命です。
命を守ることよりも大切なことなんてありますか?

Heart_20200517214401

お会いした経営者さんは、
涙を流して会社や社員さんへの思いを語られた後、
「心のケアまでしてもらってありがとう」と
すっきりしたお顔で帰っていかれました。

心のケア……
そんな意識はなかったのですが、
コーチングやカウンセリングを学んできたので
そう受け止めていただけたことがうれしくて、
もらい泣きしそうになり、元気をいただきました。

事業計画書の作成をお手伝いすることも
中小企業診断士の私にとって大事なお仕事ですが、
それ以上に、コーチとしてというより、人として、
第三者だからこそ話せることを吐き出していただいて、
少しでも心を軽くして帰っていただきたいなぁと
心から願います。

平常時も、1人で悩まずに話しに来てくださいと
いつもお伝えするのですが、
こんなときだからこそ、声を大にして言いたいです。

状況は変わらなくても、吐き出すだけで楽になります。
心に余裕が生まれたら、元気も知恵も出てきます。

名目は、経営相談、コーチング、カウンセリング……
何でもかまいません。

私もいつでもお話をお聴きして受け止めますし、
話を聴いてくれる方がいれば、ぜひ頼って下さい。

2020.05.10

オンライン研修講師塾で対話の深め方を学ぶ

本間正人先生のオンライン研修講師塾を受講しました。

会場開催の研修講師塾は10年以上前から、
数えきれないほど受講したり、
大阪開催をお願いして運営したりしてきましたが、
オンライン開催は初めてです。

Seminar_20200513085001

従来から、本間先生はプログラムを決めずに
参加者の自己紹介からニーズを拾って
全員の学びにつながるようなアドバイスや演習を
即興で組み立てるスタイルですが、

オンラインではそれが加速化されて、
1人1人順番に現状や課題を話し、
先生が質問やアイデアを投げかけられて、
約30人全員が一巡すると、
5時間研修のうち4時間半近く経っていました。

学生さんからベテラン講師、
企業研修、アナウンサー、小学校や高校の先生、
北海道から九州までと、
年齢もお仕事領域も地域もテーマもバラバラなのに、
本間先生とのやりとりを聴いていると、
全てが自分にも深く響く学びが詰まっているのが
さすがです。

この方のお話をもっと詳しく聴きたい、とか
何か一緒に企画できそう、とか
画面越しの初対面とは思えない親近感も生まれます。


人数が多い会を私が主催するときは、
つい、小グループ内で自己紹介することが多いけれど、
こういうオープンダイアログ形式のやりとりから
参加者全員に学びを広げていくスタイルも、
やってみたいなぁと思いました。
かなり腕を磨かないと成否が分かれますが、
挑戦してみたいです。

2020.05.09

母の日アレンジメント

母がおうち時間を彩ることができるよう、
母の日のアレンジメントと手芸キットを贈りました。

Flower_20200513082501

ネットショップのお花屋さんのおまかせアレンジで、
カーネーションやスイートピーがかわいらしく、
大きなカラーが存在感があります。

写真だけでもお花は気分が上がります。

2020.05.08

あたたかく冷静に受け止める

お世話になっている本間正人先生のFacebookで
前日に急遽開催が決まったという
「死に対する気持ちを口にしてみるワークショップ」
の案内を見つけて参加しました。

昨年乳がんがわかって闘病された女性の方に
本間先生がオンラインでインタビューされ、
感想を語り合うという企画です。
Ws

この時期にそんな重いテーマ?と思いましたが、
さすが本間先生、軽妙な語り口で対話が進みます。

主役の女性が底抜けにお元気で明るく、
・自ら医師に癌の確率を質問して知ったこと、
・片胸の手術の予定だったのが、
 突然両胸を全て失うことになったこと、
などを、
一見、楽しいお話をされるかのようなトーンで
語られます。

私が印象に残ったのは、
「ご家族にどう告知するか」という場面で、
ご主人は努めて冷静に発言されたというお話に
本間先生がすかさずコメントされた、
「あたたかく冷静に受け止める」ということばです。

もし私が大病を告知されたら、
もちろんかなり動揺はするでしょうが、
検査を受けたり、呼び出されたりした時点で
あえて最悪の事態をシミュレーションして、
ショックを和らげる工夫をしてから
説明を聴きに行くくらいの知恵は持っています。

なので、やはり母にどう伝えるかを想像すると、
一番難しいです。
まさか自分が先にということだけは避けたいのに、
それを伝えないといけないと想像すると、
自分が告知されるとき以上に取り乱しそうです。

「あたたかく冷静に受け止める」のキーワードは、
病や死に直面するときだけでなく、
想定外のできごとに直面したどんな場面でも、
パニックになってとんでもない行動をとったり、
不安になりすぎて落ち込んだり、しないために、
大事な心構えだと思います。

前例のない予期せぬことが起こっている今、
無理に元気を出すのは難しくても、
落ち着いて一息つくことなら、私にもできそうです。

この時期だからこそ、必要なことば、ヒントを
いただけて、気持ちが楽になりました。

2020.05.07

Zoom研修で連携の大切さを学ぶ

企業研修の講師や大学講師の方を対象に、
Zoom研修を行いました。

緊急事態宣言も延長になり、
講師業のみなさまもオンラインの講義の依頼が
増えている方が多く、
ホストとして操作する経験を積むのが目的です。

全員順番にホスト操作の体験をしていただいて、
使ったことがない機能にも楽しくチャレンジして
いただけたので、ほっとしています。

Koza

講師のお仕事は、
コンテンツを伝えることが中心と思われがちですが、

実際に登壇するときは、
常に参加者の反応をみながら場づくりを行いながら
準備したコンテンツをアレンジして伝えるという、
感覚を研ぎ澄ませて状況対応していくお仕事です。

オンラインではそこに、
超現実的なPC操作やネット回線の状況に気を配り、
参加者のトラブル対応にも神経を配り続けるので、
右脳と左脳、感覚と頭脳、全身がフル稼働します。


今日の研修でも、
参加者の表情や反応を画面で見ながら話し、
参加意識を高めていただくためにやりとりを続け、
提示する資料や場面に変化をつけて操作して……
久しぶりに全力で集中していたようです。

この感覚、なぜか心地いいのです。

画面越しだからこそ、
私も笑顔で大きく反応することを意識しながら、
全員で話しやすい雰囲気をつくっていくと、
次々と質問や感想を出していただけるので、
参加者LOVE~な気持ちがとまらなくなります。


長時間の研修では、
ファシリテーションを行う講師とは別に、
ブレイクアウトルームや画面共有などの操作を
引き受けてくださるサポートの方がいるほうが
講師も参加者も学びに集中できると思います。

個人事業主でたいてい1人でお仕事していますが、
これからはますます研修事務局の方や
同業の仲間と連携することが大事だと実感します。

2020.05.02

医療従事者のご家族のお話を聴く ~お話聴きます~

ささやかに「~お話聴きます~」を行っていますが、
お医者さまのご家族の方のお話をお聴きしました。

知人に医師、看護師の方も何名かいらっしゃるので、
この時期に医療現場でお仕事をされるご苦労は
これまでもお聞きする機会もあったのですが、

その現場へ送り出すご家族の方の気持ちを
直接お聴きするのは初めてでした。

Iryo

コーチングやカウンセリングではないとはいえ、
守秘義務を大切にしたいので、
個別の状況を避けて一般的な書き方をしますが、


本音は「家にいてほしい」と不安を感じながらも、
大切なお仕事をされるご家族を笑顔で送り出し、

不規則な時間帯に帰宅されるのを温かく迎えて
お食事や寝室の遮光や空間を確保して、
少しでも疲れが癒せるように愛情を注がれていて、

過酷な現場を支える方は、
その周辺にも大勢いらっしゃることを痛感します。

その方はお子さんがいらっしゃるので、
一緒に遊んだり、食卓を囲んだり、入浴したり、
ふだんは家族の楽しみであるはずのことも、
注意を払って、心の健康のために続けてよいのか、
万が一を考えて、別々にしたほうがいいのか、
悩みは尽きません。


私はひたすら耳を傾けるだけですが、
それでも、ふだんはなかなか口にできずに
1人でも悶々としていたことを吐き出せたと、
すっきりしたお声で、
優しい気持ちでご家族と過ごせそうだと
おっしゃってくださって、ほっとしました。


これは医療現場に限らず、
福祉や介護、保育などはもちろん、
営業中の店舗やサービス、お役所や金融機関など、
出勤が必要な方とそのご家族のみなさまは
同じような状況や気持ちなのでしょう。

決して、今だけでなく、
ふだんからそうやって、
私たちの生活が守られているのですね


職場やご家庭で悶々とされている方、
何か問題が起こっているわけではなくても
なんとなくもやもやする方、
ご家族の負担が心配な方、

30分程度、無料でお話を聴きますので、
ご遠慮なくご活用ください。
 https://ws.formzu.net/fgen/S79215156/

2020.05.01

創業ゼミ飲食部で情報交換

2016年の堺商工会議所創業ゼミ「飲食部」で
Zoomをつないで情報交換をしました。

この年はなぜか例年よりも飲食業の方が多く、
飲食部をLINEで立ち上げて
同業者どうしで情報交換を続けられています。

Inshoku

緊急事態宣言で休業要請が出されたり、
営業を続けるにも感染防止対策が大変だったり、
テイクアウトにも気を遣うことが多かったり、

いったんは、1ヶ月の対応を自分なりに決めて
がんばってきたけれど、

どうやら緊急事態宣言は延長されそうなので、
長引くとなると、このままでいいのか、
また新たにお悩みが発生します。


それぞれの状況を話して、
常連のお客さまのためにできそうなことも
見えてきて、

募集が始まった休業要請支援金や持続化給付金や
融資の進行状況などの情報交換もして、

すっきりしていただけたようです。


少し話すだけでも元気が出ます。
大変な時ですが、知恵を出し合って乗り越えましょう。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)
無料ブログはココログ