« 「職場のコミュニケーション」で関わり方を見直すきっかけづくり | トップページ | 先輩のフィードバックで磨きをかける »

2021.09.10

Points of You®Expertへの旅の一歩

Points of You®のExpert資格を取得するための
練習会を始めました。

Expertの認定を受けるには、
6月に、L3 Turning Point Programを受けた後、
  関連記事:「ターニングポイントを探る旅へ」(2021.06.09)

6種類の演習を各3回ずつ、
計18回のワークショップを実施する必要があります。

自分の時間をつくることも大変ですが、
毎回「L2 Creative Practice Workshop」経験者を
4名以上募ることも、かなり大変です。
経験者に限定されるのは、
これからL2ワークショップに初めて参加する方の
楽しみを奪わないようにするためです。
なので、対象者はお忙しい経験者や先輩方に
ご協力のお願いを呼びかけることになります。

さらに、資格認定なので手順や文言が事細かに
決まっているのも、緊張感が高まります。

Potential1 Potential2

というわけで、
研修講師として場を創ることに慣れていて、
多少厳しい質問や予想外のハプニングが起こっても
ほとんど緊張や動揺をしなくなった私ですが、
第1回めは柄にもなく緊張している自分を感じました。

それでも、さすがPoints of You®、
参加者を迎えるためにカードやお花を美しく並べて
センターピースをつくって場を整えていると、
自然に心が落ち着いていくのを感じます。

Points of You®のワークショップの最初には、
毎回音楽をかけて「何もしない」ポージングをして
その場に集中できる準備をしますが、
ファシリテータは準備で場を整えることが
何よりのポージングになることを実感しました。

開始時間が近づくと心も落ち着き、
参加者のお顔が見えて、実際に話し始めると、
私らしさが取り戻せました。
これは日ごろの講師経験のおかげかもしれません。

Potential3

最初のワーク「Potential Me」を終えて、
経験者ならではの貴重なフィードバックも
たくさんいただいて、
次回以降に備えます。
私も参加者として仲間の練習会にも出るので、
まずはスケジュールの確保からがんばります。

« 「職場のコミュニケーション」で関わり方を見直すきっかけづくり | トップページ | 先輩のフィードバックで磨きをかける »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「職場のコミュニケーション」で関わり方を見直すきっかけづくり | トップページ | 先輩のフィードバックで磨きをかける »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)
無料ブログはココログ