最近のトラックバック

中小企業診断士

2017.04.25

5月スケジュール

☆参加者募集☆
  「笑顔のコーチング」
   笑顔をテーマにしたワークを楽しみながら、
   参加された方はステキな笑顔になり、
   帰ってからも周りの人を笑顔にできる、
   楽しいプログラムです。

   2017年05月13日(土) 10:00~12:00
   エルおおさか
   参加費500円
   講師:廣瀬久美子、福住昌子

   お申込みは、「こちら」から
   お待ちしています。


☆体験コーチング☆

  5月病ということばもありますが、
  少し息切れしやすい時期でしょうか。

  コーチに話すことを通じて
  今年ここまでやってきたことを振り返って、
  一緒に「いいところ」を見つけて自信をつけて、
  これからやってみたいこと、続けていきたいことに
  気持ちを向けてみましょう。
  
  コーチングを体験してみたい方は、
  「こちらのフォーム」からお気軽にお問い合わせください。

  大阪駅周辺で対面で実施できるのは、
   1日(月)、5日(祝)、7日(日)、8日(月)、9日(火)、
   10日(水)、11日(木)、12日(金)、15日(月)、
   29日(月)、30日(火)、31日(水)
                       (4月25日現在)

  他の日程でも、調整可能な時間帯もあります。
  電話・スカイプなら、実施できる日時が増えます。
   「お申込フォーム」から個別にご相談ください。

  
☆無料経営相談☆

  堺商工会議所の無料経営相談窓口の担当日は、
  5月2日(火)、16日(火)、24日(水) 13:00~16:00 です。

    ご予約は、堺商工会議所(072-258-5581)へ。

2017.04.01

船場勉強会のお花見

中小企業診断士の受験生時代にお世話になった、
船場勉強会のお花見に顔を出す。

Sakura1Sakura2

Tosainari私が受験したころとは
制度も科目も変わり、
勉強会メンバーも
知らない方ばかりだけど、
私にとっては
大事なふるさとの1つ。

今年受験される船場勉強会のみなさまにも
桜が咲きますように☆彡

2017.03.28

4月スケジュール

☆体験コーチング☆

  4月。新年度。新学期。
  私が4月生まれだからでしょうか、うきうきしたり、
  新しいことを始めたくなったりします。

  環境や役割が変わった方、新しいことを始めたい方、
  自分自身とコーチに宣言して、
  ぐっ!と前に進んでいきましょう。
  
  コーチングを体験してみたい方は、
  「こちらのフォーム」からお気軽にお問い合わせください。

  大阪駅周辺で対面で実施できるのは、
   1日(土)、2日(日)、8日(土)午前、10日(月)、
   20日(木)、21日(金)、24日(月)、25日(火)、26日(水)
                       (3月28日現在)

  他の日程でも、調整可能な時間帯もあります。
  電話・スカイプなら、実施できる日時が増えます。
   「お申込フォーム」から個別にご相談ください。

  
☆無料経営相談☆

  堺商工会議所の無料経営相談窓口の担当日は、
  4月11日(火)、18日(火) 13:00~16:00 です。

    ご予約は、堺商工会議所(072-258-5581)へ。

2017.03.27

春のつながる交流会で販売促進を語り合う

Koryukaiさかい起業
チャレンジポート事業で
起業5年以内の方向けに
四季ごとに開催している
「つながる交流会」。

今年度最後の
「春」の会のテーマは
販売促進。

FujimisanYasudasan

某F課長(^^)のご挨拶で始まり、
安田勝也さんの問題提議に基づいて、
参加者それぞれが、
現在行っている取り組みや工夫、
ちょっと困っていること、
こうなったらいいなぁと思っていること、などなどを
紹介し合い、知恵を出し合って、語り合う。

情報を伝えるのは難しいよね、
お客さまの本音をきくのは怖いよね、と
お悩みを思い切って口にしてみたら、
「そうそう」と同意がたくさん得られて、
自分だけでないことがわかる。

じゃあ、どうやって克服する?と知恵が生まれ、
一緒にがんばってみる勇気が生まれる。


Mako最後のまとめでは
私もちょっとしゃべる。

がんばっている起業家の
みなさんだからこそ、
これから出会うお客さまに
思いが届きますように。

そういう私自身も、
自分の事業の販売促進、がんばらなきゃね~

2017.03.15

ガラスの桜

Sakura待ち遠しい桜の季節を
少し先取りして、
ガラス細工の
桜のネックレスをして、
お仕事に行く。

経営相談に来られた方に
桜のエネルギーが
届いたかなぁ。

2017.03.06

友人がラジオに出演

Atabosan中小企業診断士の
受験生時代からの
お仲間で
株式会社あたぼう
代表取締役の
佐川博樹さんが、

文化放送のラジオ番組
「福井謙二グッモニ」に
出演され、
生放送で、
開発された人気文具の
「飾り原稿用紙」と「スライド手帳」を紹介された。


番組のホームページはこちら。
 http://www.joqr.co.jp/good/2017/03/361024.html
Podcastはこちらの、3月6日(月)から。
 http://www.joqr.co.jp/good_ima_pod/

生放送でも、ふだん通りの自然な語り口で、
商品への思いを語れるなんて、すごいなぁ。

2017.03.02

出身校の活躍を聴く

私の開業当初からお世話になっていて、
元日本政策金融公庫大阪創業支援センター所長で、
今は独立してご活躍されている方と、
久しぶりにお会いする。

Planずっと聞きたかった、
高校生のビジネスプラン
・グランプリのお話を
聞かせていただく。

三国丘高校が
応募数2662の中で
グランプリをとられたと
記事で見て、興味を持っていた。

https://www.jfc.go.jp/n/info/pdf/topics_170112a.pdf


高校生チームは、
フィリピンでフィールドワークを通して、
自分たちで問題を発見し、
仮説を立てて、メーカーなどに取材して、
感染力が高い蚊を避けるための
アロマを使った蚊よけのリストバンドを製作し、
市場調査、自分たちを実験台にした実証実験、
ビジネスとして成り立つかどうかなどを
細かく検証したプランを練り上げたという。

高校生すごい!

ビジネス経験を積んだ大人でも、
そこまで細かくプランを練ったり、実証実験したり
するのは難しい。

こんな経験を高校生時代にできるなんて、
彼らのこれからの人生が楽しみすぎる。


三国丘高校は、私の出身校。
とはいえ、受験制度も学科も様変わりし、
このようなビジネスプランを作成するチームが生まれて、
もはや、母校と呼んでは申し訳ない気もする。

私の高校時代にこの制度があったとしたら、
ここまでがんばれたのかなぁ。

すばらしい優秀な後輩たちに恥ずかしくないように、
私も卒業生の誇りをもって、お仕事します。

2017.03.01

パンケーキを食べながら経営を考える

Pan有名なパンケーキ店へ。

開店直後に行ったので
待たずに入れたけれど、
その後しばらくすると、
まだ肌寒い屋外に、
行列ができはじめる。

ある女性が、
何度もドアを開けては、
「あとどれくらい待てばいいの?」
「さっきから誰も出てこないけど、まだまだかかる?」と
大きな声で聞く。

店内に気まずい空気が流れて、
お隣の席にいた幼稚園くらいの女の子が、
1/3も食べていないのに、「帰ろう」とママに言っている。


この女性の行動が極端とはいえ、
よく似たことは、この先も起こるかもしれない。
何店舗もある有名なお店なので、
行列ができることは開店前から想定できたはず。

経営者さんなら、お客さまに愛されるお店になるように、
事前に対策を考えたほうがよかったのでは?と
おいしいフルーツとパンケーキを食べながら、
職業病のように、あれこれ考えてしまう。

創業支援のお仕事をしていると、
必ずしも、路面店が最高条件ではないと思うことが多い。

路面店は、認識してもらうには効果的だけど、
でも、お店の特徴やコンセプトをよく考えると、
このパンケーキ店の場合では、
席数を減らしても、店内で待つスペースをつくるのか、
屋内の通路で待てるように、ビル内の店舗を選ぶのか、
待ち時間をつぶせるお店が多いところを選ぶのか、
コストのかけ方も、好条件の中身も変わる。

出店後でも、待ち時間の工夫はいくつもできる。


フルーツたっぷりのおいしいパンケーキを食べながら、
お店の経営について考える機会になる。

2017.02.27

価格はマニフェスト

先週、久しぶりに出席した経営者の勉強会で、
講演されたアパレルデザイナーの社長さんが
「価格はブランド価値のマニフェスト」ということばに
射抜かれる。

創業セミナーなどでは同じことを私も伝えているので、
わかっていることなのに、
こんなふうに、
一言でズドンと射抜く、ことばのセンスに魅かれる。


確かに、マニフェスト。

打ち出す覚悟も、守り切る覚悟も必要。

自分が提供するサービスに価格設定するのは、
誰もが一番悩むところだけど、
価値があると思うからこそお仕事にしているわけだから、
そのマニフェストと思えば、背筋が伸びる。

先輩経営者のことばをお借りして、
私自身も覚悟を持って自分のサービスを伝え、
セミナーや研修の参加者のみなさまにも、
この考え方を伝えたい。

2017.02.25

始める前に終わりを考える

Seminar私は、直接商店街を支援する
機会は少ないけれど、
商店街の中の個店さんの
ご相談は時々あるので、
ヒントを得るために、
先週半ばに開かれた、
流通科学大学商学部
石原武政教授の講演
「商店街のあり方を考える」
を聴きに行く。

石原教授は、冒頭から「暗い話ですよ。」と宣言されて、
厳しい現実を、いくつかの事例を使って紹介される。

過去に、商店街組合などの単位で融資を受けて
アーケードなどのハードに投資して、
老朽化して不良資産となって、
撤去費用に困っているところも多いという。


私の仕事に関連づけると、
経営相談を受ける時、経営者さんや創業者さんに
「どうしようもなくなる前に、来てくださいね。」と
今でも私はよく声をかけている。
早めに相談してもらえると、打てる手が多いので、
一番いい選択肢を選べるから。

今回のお話を聴いて、さらにその前に、
始める前に、やめることを考えておくことも
強調したほうがいいなぁと思った。

新しい設備を導入するときは、
便利になるハッピーなイメージを描いて、
購入費用の調達計画を立てる。
維持管理、修理コストを考慮していればいいほうで、
廃棄コストまで考えることは、たいてい忘れてしまう。

元気なうちに、廃業のことを考える。
新しい設備を入れるときに、廃棄のことを考える。
新しいサービスを導入するときに、廃止のことを考える。

大事なことを考えるきっかけをいただいた。

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ