最近のトラックバック

学び

2019.11.22

HRカンファレンスでシニアの活躍を学ぶ

人材育成や組織開発の分野でお仕事をしているので、
今年もHRカンファレンスに参加する。

Hr

野田稔先生の
「ミドル・シニアを戦略的に活用するために
 人事がなすべきこととは」の講義を聴く。

野田先生のトークはおもしろく、
脳科学の考え方を引用して、
50代以上は、優先順位をつけたり統合したりする
機能が優勢になるため、
試行錯誤することが得意な若手のイノベーターと
ペアを組むとよいとおっしゃる。

大好きな映画の「マイ・インターン」を思い出す。

お仕事のヒントもいただいたけれど、
自分自身が勇気づけられたような気がして、
元気に次のお仕事に向かう

2019.11.05

河合隼雄先生の最終講義で自分の軸を確認する

故・河合隼雄先生の最終講義の映像が見られると
教えてもらって、ありがたく視聴する。

講義のテーマは「コンステレーション」
コンステレーションは、2005年ごろから、
NLPやシステムコーチングの学びを通じて知ったと
思い込んでいたけれど、
1992年3月に習っていたの?

この講義をリアルに聴いたのに、
横文字が苦手なせいか、全然覚えていない(笑)

人は自分が見たいものを見て、聞きたいことを聞く

きっと、当時の私は、自分の関心テーマだった
・母なるもの、
・悪者探しをしない
・外に原因を求めない
・心理療法家はよけいなことをしない
・何でもかんでも、自分の関心に引き寄せて聴かない
などに注目して、メモを取っていたに違いない。

学生時代から、同じ内容の講義を聴いても、
平易なことばで書かれた先生の著書を読んでも、
その時々で、心に残るところが変わるのを感じていた。

今も大事に感じるところは変わらないけれど、
今回視聴して新たに響いたのは、
・コンステレーションは、
 「私はこう読んだ」であって「私が正しい」ではない
・何もしないのは、余計な手を出さないこと
 心は本当にそこに関わる
 力の及ぶ限り、心はついていく

映像には聴講席も映り、
山中康裕教授や同級生の顔を見つけて
学生時代に戻ったような懐かしい気持ちになる。

2019.09.25

妄想を語る

佐宗邦威さんのセミナー
「妄想を価値あるアイデアにつなげる力」を聴く。

「直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 」に
基づく内容で、


 

妄想は人間にしかできない力だと説く。

Seminar_20191017125701

面識のないお隣りの方と話す演習で、
「自由な時間と100億円があれば何がしたいか?」と
お題を見た瞬間は、
100億円と言われても想像できない金額で、
何も浮かばないのでは?と思っていたら、

順番に問われるままに、
教育水準が高いと言われている今の日本でも
専門学校や大学への進学をあきらめなくていいように
学費と生活費を賄う、返済不要な奨学金をつくりたい、
成績優秀とかの条件はつけず、
他の学生のように多少遊んでも進級さえすればOK・・・
などと、
勝手に口から出てくることばに、自分で驚いた。

確かに、私は昔からそこに強い問題意識は持っている。
私が資産家なら、と夢見ることもある。
でも、日常生活でそんなことを語ることはないし、
非現実的で、まともに考えたこともなかったのに、
根っこに残っていたことにびっくりした。

もしかしたら、小さな小さな規模で
何かそういう分野に関わる日がくるのかもしれない。

16年くらい前に、独立を控えたころ、
NLPの夢のワークをしたときに、
「キティちゃんとお仕事する。」と口走ったときも、
私何を言ってるの?と自分の頭を疑ったのに、
NPO法人ハロードリーム実行委員会に関わることになり、
キティちゃんのロゴマークが入ったワークショップを
運営することができ、
無償なのでお仕事ではないけれど
近い形で実現できたのだから。
  関連記事:「うれしい偶然 」(2009.05.26 )

忘れたころに?何か起こるのか、楽しみにしておこう。

2019.09.20

麻野耕司さんの講演「THE TEAM」を聴く

先日、麻野耕司さんの講演
「THE TEAM~成功するチームに必要な5つの法則」を
聴きに行った。

私は以前「すべての組織は変えられる」を読み、
不勉強で新刊の「THE TEAM」は読んでいないけれど、
お話を聴く限り、中心となる理論は変わらないので、
講演にはついていけた(と思う)。

 

 

コーチングで使うものとと同様のタイプ分けがあり、
麻野さんは関西弁でエネルギッシュに話されるので
プロモータータイプかと思っていたら、
典型的なアナライザーらしい。
道理で、理論が整理されてわかりやすい。

私は体系化が弱いので、
講演内容よりも整理の仕方に関心を向けて聴く。

Siryo
画像は、参加特典として投影されたシートなので、
あえて不鮮明に。

感覚的に理解してしまう私は、
こういう図を見るとわかった気になりやすいので、
「THE TEAM」を読んでみよう。

2019.09.19

本間正人先生のセミナーで最新学習歴を更新

本間正人せんせ「公演」をSS席センターで楽しむ。
目線をいただき、名前を呼んでいただき、贅沢の極み。


Hommasense
本間正人先生のコーチング講座(高座?)は、
2001年12月以来、何十回も受け続けていても、
毎回毎回、新しい学びや発見がある。

私が忘れっぽいから・・・だけではなく(たぶん)

大切なテーマや軸は変わらなくても、
時代に合わせたトピックや最新の著書の内容に
関連づけて説明してくださるので、常に新しい。

今回も講座の冒頭から、
「研修のグランドルール」として
「講師がおもしろいことを言ったと思ったら、
 ニコっとしてください」という定番のセリフから、

感情を動かすことで記憶に残るという説明へ、
そして、
感情がコントロールできないと
「敵をつくる言葉」を発してしまう、と
セミナーテーマにつなげる鮮やかな展開に、
すっかり本間せんせワールドに引き込まれる。


私の今日の3つのキーワードは
・感情的になってしまったら、リカバリーショット
・能力開発の前に興味開発
・5G時代も、心と心が通い合うコミュニケーション

お隣に座ってペアワークをした方は、
なんと、2003年ごろに同じマーケティング講座で
ご一緒していた方という、
懐かしい再会のおまけつき。

とても充実した「最新学習歴」の更新になりました。

2019.07.15

協働のためのアサーションを学ぶ

連休中の2日間、
日本のアサーションの第一人者、平木典子先生の
「協働のためのアサーショントレーニング」を
受講した。

これまで平木先生から学ぶたびに、
深い気づきと学びを得られてきたけれど、
 関連記事:「アサーションの学びを深める」(2018.06.11)
      「NOから始まるコミュニケーションを考える」(2018.11.17)

今回は、1対1でのアサーションだけでなく、
組織や集団の中で、いかにアサーティブでいられるか、
組織そのものが、いかにアサーティブになれるか、
という、私の関心ど真ん中のテーマ。

今回は少人数での宿泊研修だったので、
休憩時間に思い切って、著書にサインもいただく。

Book

組織の中で、自分らしさも相手らしさも活かすには、
・人と違う考えや価値観を持ってもOK、
・人と違う行動をとってもOK、
・意見を伝える権利も、伝えない権利もある
という、
基本的な人権であるアサーション権を尊重しつつ、

組織の課題達成、関係性の形成・維持、個人の要望の
3つの機能を満たすように関わっていく。


これまでアサーションを学んでいるメンバーばかりで
演習を行っても、そう簡単には進まない。

会議運営をサポートしたり、
研修で伝え方を伝える立場として、
最初にこのルールをしつこいくらい伝えることが

第一歩なのかもしれない。


相手が変われば、
立場や役割が変われば、
ふさわしい伝え方は変わる。

母よりご高齢の平木典子先生から直接学べる機会は
とても貴重なので、まだまだ学び続けたい。

2019.06.23

システムズアプローチ三昧

日本ブリーフセラピー協会の東豊先生の研修会に
参加する。
昨年の学びは、今もコーチングで役に立っている。
  関連記事:「ブリーフセラピーの学びと私の夢」(2018.03.18)

今年のテーマは、システムズアプローチ三昧。

Seminar_20190624231301

先生の深い知見と経験に基づいて
はまりやすいポイントがシンプルに整理され、
わかりやすく、おもしろく教えてくださるので、
先生の一言一言が、
あー、あるある・・・と心に刺さる。

「聴くだけ、質問するだけですよ。
 先に言ったらだめですよ。」

「これが問題だ!と思ったら、その通りになりますよ。
 あなたが問題を作ってるんですよ。
 クライエントに巻き込まれてますよ。」


「わかるまで帰しません」という副題がついていて、
基本の基本はわかったような気もする。
けれど、「わかる」と「できる」の大きな違いも
身に染みる。

学んで実践して、できることが増えると、
さらにその先が見えて、できないことも増える。
次のステップへの成長と学びは一生続きそう。

2019.06.16

アンコンシャスバイアスを学ぶ

昨夜は、池田でお仕事の後、京都に向かい、
守屋智敬さんと本間正人さんの出版記念講演会に
参加する。

Book1 Book2

無意識の思い込み、アンコンシャスバイアスについて、
守屋さんの誠実でわかりやすい説明を聴き、
近くのお席の方と自分のバイスについて共有する。

後半は、本間先生がファシリテートされ、
参加者を盛り上げて盛り上げて、学びを深める。
参加者の質問やお悩みを引き出し、
全員が深く共感&納得できるように解説され、
来られていた出版社の方もまきこみ、
次の企画につながりそうなアイデアも出され・・・
鮮やかな進行に、いつもながら憧れる。

本間先生ファンのお仲間にも久しぶりに会えて、
先生にはサインもいただいて、宝物が増える。

2019.05.11

ブリーフセラピーはおみくじアプローチ?

ブリーフセラピーの研修会に参加する。
今回のテーマは、ブリーフセラピーの対話術。

伝統的なカウンセリングの会話との違いとして、
ブリーフセラピーでは、
振り子のように対極の意見を投げかけて揺さぶり、
融合して新しい考えを生み出すと説明される。

Omikuji

「おみくじみたいなもの。」という独特の例えが
神社好きな私のツボに刺さる。

おみくじは、筒を振って、出てくる番号を受け取る。
セラピーも、言い方には配慮や工夫は必要だけど、
あえて揺さぶってクライアントさんの反応を待ち、
出てきたものを受け止める。

おもしろい。

対話によって、新しい答えを創っていく。
ブリーフセラピーはコーチングとも近い感覚なので、
セッションでも私には活用しやすい。

2019.04.28

神戸大学MBA創立30周年記念シンポジウムで経営判断の厳しさを学ぶ

卒業生でもなくMBAも持っていない部外者だけど、
神戸大学MBA創立30周年記念シンポジウムに参加する。

神戸大学特命教授の加護野忠雄先生と
ミスミグループシニアチェアマンの三枝匡さんの
基調講演が聴きたくて。

Kobe

久しぶりに聴く加護野先生節は懐かしく、
ソフトな口調で冗談を交えながら、
「顧客価値のイノベーション」について
深い気づきのあるお話をされる。

三枝匡さんのお話は、
「ザ・会社改造」に書かれていたお話も含め、
アメリカと日本の経済成長の歴史から、
強い経営者人材について、ハイテンポで話される。

母性的な加護野先生の語り口と、
父性的な三枝さんの話し方が対照的でおもしろい。

後半の、MBA卒業生の3名のパネリストに対しても、
加護野先生は、注意深く報告を聴きとって、
緊張をほぐして労をねぎらい、
ピンポイントで今後のヒントを与える。

三枝さんは、
「あなたは経営者人材として何をしたのか」と
一貫して問いかける。
一言一言には若手への愛情がこめられているけれど、
あまりの頭の回転の速さと質問の鋭さに、
報告者のみなさまはたじたじで、
最後までついていけたのはお1人だけ。


難しい局面で判断の正確さとスピードが求められる
経営者を支援するということは、
支援者にもこの温かさと厳しさの両方が必要だと
教えられたように受け取った。

私は、クライアントさんが自分で前に踏み出すことを
優先するために、
つい、温かく励ますほうに偏ってしまう。
これからもそこは大事にしたいけれど、
難局ではそれだけでは足りないのかもしれない。
経営とコーチングを両方学んだ者として、
支援者の在り方を考えさせられた。

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

他のアカウント

無料ブログはココログ