最近のトラックバック

学び

2017.06.21

夏至に気学を学ぶ

Ikuchan夏至。
朝、恵方まいりの
追いまいりに行き、
いくちゃん(岸本行央さん)の
開運☆気学易学講座に
向かう。

オープニングの話題も
恵方まいりになり、
数か月ぶりの方がいらっしゃったので、
恵方まいりの仕方、吉方の取り方を
大復習する。

最大吉方がとれる場合は選べばいいけれど、
他にも吉方がとれる場合、
仕事運、ご縁、ご家族など目的に合わせて
幸せを選べばいいですよ、と習う。

早朝に向かう先が凶方で、吉方が取れなければ、
後から最大吉方をとれば、完全ではないとしても
多少は凶を埋め合わせることもできるらしい。

凶方の日はあきらめていたけれど、
これからは後からでも埋める工夫をしよう。


来月は7月19日。
初めての方もお問い合わせください。
http://www.kokuchpro.com/event/kigaku1707/

2017.05.21

気学で読み解く姓名鑑定の初歩を学ぶ

Textいくちゃんこと
岸本行央さんの
姓名鑑定講座。

付録として
50音の意味や
漢字の一覧表が
大量に掲載された
厚いテキストに
驚く。

毎月、九星気学を
学んでいる開運☆気学易学講座では、
気=生命エネルギーなので、
人のエネルギーを上げるように活用し、
伝えていくことを学んでいるけれど、

姓名鑑定になると、
使わないほうがよい字、音などがあり、
これからの名づけではなく、
既に名前を持ってる方に伝えるのは
とても難しいことがわかる。

たまたま私は、
どこでどんな手法でみてもらっても、
強運と言われる名前なので、
大半は、そうではないこともわかる。

ひらめきでつけた屋号「ひとのわ」も
なかなかの強運のようで、ほっとする。


あまりよくないことがわかっても、
どんなことに気をつければよいのか、
周りがどんなサポートをすればよいか、
工夫の余地はあると思うので、
知識を習得するだけではなく、
活用の仕方、伝え方を考えたい。

しばらく、お会いする方のお名前が
気になりそう。

2017.05.19

企業のカスタマーセンターとQ&Aサイトの関係を学ぶ

先週、神戸大学のMBAのセミナーに行ったときの
学びのメモ。


大学院生の研究発表によると、
最近のカスタマーセンターでは、
一般人どうしが質問に答え合うQ&Aサイトを
うまく活用する企業が増えているという。

ソニーやブラザーの事例を
社員へのインタビューの結果を交えて紹介された。

Q&Aサイトで答える人は、
メーカーからもサイト運営会社からも謝礼はなく、
役に立ちたい貢献意欲から、情報を提供する。

企業のサービス担当者も、
誰もコメントがついていない質問を中心に、
Q&Aサイト内で社名を名乗って答えることもある。


最初は意外な気がしたけれど、
実際に、私もふだん、
仕事で調べたいことやPCトラブルなどがあると、
まずネットで検索する。
Q&Aサイトに書きこんだことはないけれど、
私が知りたいことはたいてい、
誰かがブログ記事などで
丁寧に解説してくれていることが多い。

特定のメーカーの社員よりも、
実際に使っているユーザーの方が、
日々の不具合にも直面し、
周辺機器との相性や試行錯誤をした経験から、
具体的な情報を持っている。

自前でシステムを組んだり、ノウハウを蓄積したり
する時代ではないのかもしれない。

2017.05.18

この春のHRのキーワードはVUCA

SeminarHRカンファレンスの
講演を聴きに行く。
人事組織分野で
お仕事をしているので、
私個人で集めきれない
最新情報や動向を
学べる機会は貴重。

最近の新人育成のテーマでも、
上司のリーダーシップのテーマでも、
複数の講演で共通して使われていた
キーワードは、VUCA。

Volatility(変動性)
Uncertainty(不確実性)
Complexity(複雑性)
Ambiguity(曖昧性)
の頭文字をとったもの。

英単語はなかなか覚えられないけれど、
内容は、
私が社会人になったころには
既に言われていたことだと思うのだけど、

複数の講師が取り上げるということは、
企業の人事の方とお話をするときには
必須のキーワードなのかもしれない。

2017.05.17

5月26日は経営のことを考える

Ikuchan岸本行央さんの
開運☆気学易学講座は、
今月も世間をにぎわせる
話題から入る。

メインは二黒土星。
その合間にも、
話題はあちこちにとび、
吉方の活かし方で
盛り上がる。

今年は金局三合の年。
酉と巳と丑が揃うと、
24倍のパワーで効果が表れるらしい。

それが揃うのは、酉(2017年)、巳:5月、丑:26日。
この日には、お金のこと、事業や収益のことを
計画したり話し合ったりするとよいらしい。

ひとのわのこと、お金のこと、しっかり考えよう。

2017.04.30

システムコーチングの学びを深める

Himoこの「ひも」は、
2日間の学びの象徴。

CRRジャパンの
システムコーチング
(ORSC:Organization &
Relationship Systems
Coaching)基礎コースの
アシスタントに行く。
  http://www.crrjapan.co.jp/

私が受講した2010年のプログラムと
内容が様変わりしているので、
  関連記事:「関係をコーチングする」(2010.08.14)

アシスタントとして、
参加者のみなさまが学びを深められるよう、
場を整えることに気持ちを注ぎつつも、
第?番めの参加者のつもりで、
貪欲に学びを吸収する。

学ぶ意欲の高い参加者のみなさまに
触発されながら、
変更になっている部分だけでなく、
参加者だったころには気づかなかったこと、
当時はまだうまくできなかったこと、
忘れかけていたこと、などなど、
今だから学べたことがいっぱいあって、

いまさらながら、
人間関係をコーチングするパワフルさを
改めて実感する。


クライアントさんたちのところで、
より素晴らしいチームがつくれるよう、
より生産性を高める組織をつくれるよう、
早速たっぷり使います。

2017.04.29

シンプルネイルで学びの週末

Nail4月半ばからGW明けは
平日も土日も、
一番お仕事が入らず、
自由な時間が多いので、
私にとっては
脳への設備投資(?)に
使える時期。

というわけで、昨日から、
今月2回めの東京へ向かう。
荷造りしながら、ネイルをオフしたままなのは
ちょっとさびしいなぁと思って、
時間を逆算して、1時間半以内にできそうな
シンプルネイルに挑戦する。

この集中力、
どうすればお仕事のときに発動するのでしょう。

2017.04.22

ORSC勉強会で時代の変化を知る

Orsc数か月ぶりに、
関西でシステムコーチング
(ORSC:Organization &
Relationship Systems
Coaching)を
学んでいる仲間との
勉強会に参加する。

新しいもの好きの私が
システムコーチングの基礎コースを受けたのは
もう7年前で、
 関連記事:「関係をコーチングする」(2010.08.14)

久しぶりにコーチ役を務めると、
「手順が違うよ。」と指摘をいただく。
私が持っているテキストと他の方の
説明を比べてみると、
演習の手順が様変わりしている。

コースの中身も変わっているけれど、、
同じ演習の手順も変わっているのかと
びっくりする。

システムコーチングは、
企業さまで実施させていただく場合、
コーチ側も2人体制のシステムとして
コーチすることがあるので、
同じ演習でも、細かいところまで
確認しないといけないんだなぁと思う。

忘れているところを思い出すだけでなく、
最新情報にキャッチアップするためにも、
この勉強会にもっとまめに参加しなければ。

2017.04.19

二黒土星を学ぶ

Ikuchan岸本行央さんの
開運☆気学易学講座は、
時事ネタ?として
引退発表をされた
浅田真央さんが
本命星も月命星も
一白水星という話題で
始まる。

アドバンス編の企画段階では、
1回に九星を1つずつとりあげて深堀りしていく
予定だったのが、
一白水星はなんと2回でも終わらず、
残っていた一部分を終えてようやく完結する。

そして、本題は二黒土星へと移る。
それぞれの特徴を詳しく学んでみると、
こんなにも違うのかと際立って理解が深まる。

ますます深みにはまり、楽しくなってくる。
来月は、二黒土星が終わるかなぁ。。。(^^)

2017.04.16

2人でファシリテーションをする「アルケミー(錬金術)」を学ぶ

Alchemy金曜日からの3日間、
システムコーチング
(ORSC:Organization
& Relationship
Systems Coaching)の
学びを深めるために、
「アルケミー」の講座に
参加する。

ファシリテーターや講師が
2人で一緒に講座を進める方法で、
単に役割分担するのではなく、
システムコーチング(ORSC)で学んだ
第3の存在(2人の関係性)を使って
一体となって場をリードする。

2001年12月に、私が初めてCTIジャパンの
コーアクティブコーチングを学んだときに
2人で場をつくる進め方に感動し、
それ以来ずっと憧れ続けている姿なので、

今回の講座の募集があったときに
昔からお世話になっている先輩コーチに
声をかけて、一緒に参加していただいた。


プログラムが進むにつれて、
私の課題が浮き彫りになる。
1人でORSCや研修をすることに慣れすぎて、
委ねて一体化することが難しい。

難しい・・・と苦しむ私たちの前で、
3日間、このワークショップをリードしてくれる
ベテランリーダーたちも、
衝突しながら関係をつくり続けるプロセスを
惜しみなくさらけ出してくれる。

その真剣な姿を目の当たりにすると、
今回挑戦して壁にぶつかったくらいで
弱音を吐いている場合ではなく、
落ち込んだりあきらめたりせずに、
2人で創り出すことができる魔法を信じて、
何度も何度も挑戦するしかないよね、
と勇気づけられる。


2人だからできることがある。
そう信じて、
企業にシステムコーチングや研修に入るときに、
「2人でお願いします!」と言ってもらえるように、
磨き続けるのみ。

このお仕事で何年生きていても、
まだまだチャレンジは続きます。

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ