最近のトラックバック

学び

2018.02.14

WorldShiftフォーラムで問いを受け取る

先日、2月4日に、
京都造形芸術大学で開催された
WorldShift Kyoto Forum 2018 に
参加した。

WorldShiftが何かもわからないまま、
お世話になっている本間正人先生と
リーダーシップやコーチングをともにまなんだ
あきちゃん(大江亞紀香さん)のお2人が
進行役を務められるので、
深い学びがあるに違いないという思いだけで、
京都に向かう。

会場は大学内の京都芸術劇場春秋座。
見やすい劇場で、花道も立派で、
ここで歌舞伎を観たい。

LunchMrhomma1

MrhommaAkichan

大勢のスピーカーが入れ代わり立ち代わり
約20分ずつくらい話されるので、
あまりにも盛りだくさんで、頭は飽和する。


そんな中でも
「危機的状況は地球ではなく、人間の意識」
「つながることは、無条件によいことなのか」
「自分を殺すことは殺人である」
といった問いやフレーズが、頭に残る。


特に、お仕事で
人とのつながりを大事にしているだけに、
つながり方の質について、
もう少し時間をかけてゆっくり考え続けたい。

2018.02.10

人生の師のひとり、榎本英剛さんにお会いする

私が2001年12月に
コーチングを初めて学んだ師匠の
榎本英剛さんの
最新著「本当の自分を生きる」の
出版記念講演会に参加した。

もう何年お会いしていないのだろう。
榎本さんの活動領域も変わられて、
もうお会いすることはないかもしれない、
とさえ思っていたのに、
なんと、地下鉄から会場に向かうところから
ばったりお会いする(笑)

会うべきタイミングにお会いするものだなぁと
昔から変わらない笑顔に触れて、
その時点で、足を運んだ意味を感じる。

HidesanCafe

講演は、榎本さんの人生を追う形で
エピソードとメッセージが語られる。
何度もお聴きしていることもあり、
最初に聴いたころの私の出来事などが
紐づいて思い出されて、
必然的に、私の人生を振り返る旅になる。

引っ越しで、つい数日前に、
「コーチングバイブル」初版の見開きに
榎本さんにいただいた長文メッセージを
読み返したばかりだったので、
私の人生を解説してもらっているかのように
一言一言が刺さり、響く。

私にとっても転機の今、
何年も会えなかった榎本さんから、
大きな大きな問いをいただいた気がする。
うーん。
今度は私は何にコミットするのだろう。

2018.02.09

アンコンシャス・バイアスを第一人者から学ぶ

株式会社クオリア荒金雅子さんの
「アンコンシャス・バイアストレーニング」の
体験セミナーに参加する。

テーマに関心が大きいのはもちろん、
ご経験豊富な知見を惜しみなく話される
歯切れのいい荒金節を久しぶりに
ナマで聴きたくて、最前列でお話を聴く。

Seminar

ダイバーシティはここ数年でかなり広まり、
企業でも関心は高まっているけど、
多様性を実際に受け入れて活かしていく
インクルージョンが難しく、大切というお話に
実感をこめて深くうなずく。


こういう研修は、
上司が心を広くもって受け入れましょう、
気づいて自分を変えていきましょう、と
上司に変化を求め、負荷がかかる論調の
ものが多い中で、

荒金さんは、
マイノリティ側にもトレーニングが必要と言い、
被害者意識や過剰反応を起こしていないか、
自尊感情を高め、アサーティブに表現する
力をつける支援が必要とおっしゃったのが、
大いに腑に落ちた。


人と人との関係性は、一方に非があるとか、
一方だけが変わらなければ、ではなく、
両方に目を向けて支援していくことが
大切だと私も思うので、
荒金さんのような大きな愛を持って、
企業さまに関わっていきたいと、
希望と目標が見えたように思う。

2018.01.31

気学易学で今年の展望を学ぶ

Ikuchanいくちゃんの開運☆
気学易学講座は、
戊戌のこの1年の
展望を学ぶ。

私にとっては
試練の年周りで、
秋分の日以降
少しずつ
その予兆は
現れているし、
いろんな意味で
自分の軸や土台を見つめる年になりそう。

2018.01.08

下山する勇気

NHKの「週刊ニュース深読み」で
グラフィックレコーダーとして活躍している
なっちゃんこと山田夏子さんの
「グラフィックファシリテーション講座」に
参加した。

KozaNacchan

なっちゃんとは10年以上前から
コーチングやリーダーシップを一緒に学び、
なっちゃんの絵の大ファン。
なっちゃんのつくる場なら、
絵が大苦手な私もコンプレックスを忘れて
楽しめるのでは?と思って、チャレンジした。

絵を描くというよりも、
コーチングを受けたみたいに、
自分の癖や特徴が浮き彫りになっていく。


グラフィックファシリテーションは、
グラフィックレコーディングとは目的が違い、
登る山が違うのだという説明には、
目からウロコが落ちた。

絵が、ファシリテートする。
絵が、状況を明らかにする。

だから、目を見て話を聴くのではなく、
話し手に背を向けて、
ことばにならない感情や雰囲気を描く。

結論や事実、現実は書かなくてよい。
話し合いが停滞したら、その雰囲気を描く。
愚痴や不満が続いていたら、それを描く。

それを観た話し手たちが、
「あー、愚痴しか言ってないね。」と気づき、
底を打って、浮かび上がってくる。


場を明らかにする、
これはまさしく、システムコーチング
(ORSC:Organization & Relationship
  Systems Coaching)の世界。


絵を描けるようになるとは思えないけれど、
解決策や結論を提示したいのか、
組織の見えない現状を明らかにしたいのか、
登る山が違うことを自覚して聴くことから
活かしてみようと思う。

すぐに答えを出そうとする前に、
現実の山、問題解決の山を下りる勇気が
必要だという学びは、私にとって大きい。

2018.01.04

初笑いの学びの場

2018年初笑い&初学びは、
長年お世話になっている本間正人先生の
研修講師塾。

Mrhomma

冒頭の1人1人の自己紹介に
愛のこもったコーチングやアドバイスが入り、
10数名が話し終えると、既に3時間。

私も手探りの現状を話したところ、
大きなチャレンジをご提案いただく。

え~~~!!とのけぞりながらも、
尊敬&信頼する師匠からのチャレンジは
基本的に受けて立つことにしているので、
企画を始めなければ。。。


午後は、比較的講師歴が浅い方を中心に
みんなでプログラム案やネタを考えたり、
伝え方をブラッシュアップしたり、
どこまでも参加者重視の学びの場が続き、
終わるときには、初対面のみなさまと
旧知の仲のような温かい場ができあがる。

本間先生直々のアドバイスもありがたい。
それ以上に、先生のあり方、関わり方が
何よりの学びになる。

新年早々、上質の学びの空間を味わって、
私も今年も学びの場づくりを続けます。

2017.11.21

久しぶりの金井節が心に響く

UmedaHRカンファレンスで
神戸大学の
金井壽宏先生の
生講義を聴く。

これまでは
金井先生の講演は
東京からの中継が
多かったので、
今回もそう思っていて、
開始時間に会場に
登場されたので、
私のテンションが一気に上がる。

久しぶりに聴く金井節はあいかわらずで、
タイトルスライドを表示したまま20分以上、
演台を降りて客席に近づき、
マイクを持ったまま両手を振り上げて語り、
テーマに関する歌詞を英語で歌う。

トークショーに参加しているような臨場感で、
ポジティブ心理学といっても、
決してポジティブ一辺倒ではなく、
いったんネガティブな言葉や経験に落ちて
そこから這い上がるからこそ、
「Jump」が起こることを何度も強調される。

大笑いしながらも、
人事には、
コーチとJudge(審判)の2つの役割が
混在して求められていること、

組織をまとめるには、
チームリーダーとゲームリーダーに加えて、
突拍子もない奇策を打つイメージリーダーも
必要なこと、など、
心に響く学びがいっぱい詰まった1時間で、

私の心にも灯をともしていただいた。


金井先生の人勢塾に通っていたころが
懐かしい。
また先生の元で学びたいなぁ。
  関連記事:「人勢塾でホールシステムアプローチの会議を学ぶ」(2012.05.12)

2017.11.16

六白金星を学び始める

Ikuchan昨日は、
いくちゃんこと
岸本行央さんの
気学易学講座。

初めての方も
来られたので、
基本事項の
復習から始め、
六白金星の内容にも入る。

六白水星は易の形が全て陽で、
太陽のような強いエネルギーを持つ。
確かに身近な六白金星本命の友人たちは
とてもパワフルで影響力も大きい。

そのエネルギーにあやかれるように、
私も六白の吉方を意識してとってみよう。

2017.11.13

スカーフのトレーニングで自撮りに慣れる

Asakosan金曜日の夜は
パーソナルカラー診断や
骨格診断などで
大活躍されている
石井朝子さんの
「スカーフ&ストール講座」
を受けに行く。

1年前に朝子さんから
カラーと骨格の診断を
受けてから、
新しくお洋服を買うときは
似合う色やスタイルを
意識し始めた。

 関連記事:「サマー&ウェーブのスタイルを学ぶ」(2016.11.04)

カラーもスタイルも違う人たちが集まって、
次々と新しい巻き方を習うと、
人によって似合うもの似合わないものが
全然違うのがよくわかる。

私に似合う巻き方は、
Scarf1Scarf2Scarf3

Scarf4Scarf5Stole


私に似合わない巻き方は、
Scarf11Scarf12Scarf13

かなりハイペースで次々習うので、
帰宅してからも覚えておくために
巻いては自撮り、巻いては自撮りを
繰り返していたら、
苦手な自撮りに抵抗が薄れるという
意外な効果もあった(^^ゞ

使いこなせるように練習しなきゃ。

2017.10.18

五黄殺の影響を学ぶ

Ikuchan毎月恒例の
いくちゃんこと
岸本行央さんの
気学易学講座。

今月の盤面が
来年2018年の
年盤と同じなので、
今月起こることは
来年の先取りになるらしい。
なので、前半は、今月の過ごし方について
丁寧な解説を聴く。

後半は、五黄土星の続き。
五黄殺の影響を詳しく詳しく学ぶ。
振り回されすぎてもいけないと思うけれど、
知っていれば避ける方法も選択できる。
賢くつきあうために、復習もしなければ。


来月は、六白金星。
折り返しを過ぎ、いよいよ後半です。

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ


  • blogramで人気ブログを分析
無料ブログはココログ