研修・講演

2020.06.15

Points of Youの2回めのチャレンジ

Points of Youのオンラインファシリテーターの
第2回めを開催しました。

Poy3 Poy4

前回と同じ気心の知れたメンバーで、
先日とは別のワークの初チャレンジですが、
落ち着いてファシリテートすることができました。

資格取得に向けて、
2種類のワークをあと2回ずつ開催するのですが、
最後の1回ずつは、オンラインではなく会場開催で
チャレンジしたいなぁと思っています。

カードを交換して話すので、
会場とメンバーのご理解が必要なのですが、
来月くらいには開催できないかなぁ。
状況を見て、開催できる方法を検討します。

2020.06.10

Points of You 初ファシリテーション

写真カードを使ったPoints of Youの講座の
資格取得に向けて、
ファシリテーションに初チャレンジしました。

Explorerという初級講座を開催できるようになるには、
2種類のワークを3回ずつ、計6回の練習実績が必要で、
その第1歩です。

Poy1_20200615183501 Poy2_20200615183501

このご時世でオンライン開催が認められたのは
ありがたいのですが、
手元でカードを眺めて自分と向き合う演習のため、
既にワークショップを受講してカードをお持ちの方に
ご協力をお願いすることになります。

初めてカードに触れる方を対象にするときとは
また違った緊張感が生まれます。


指定の講座開催に向けたトレーニングなので
進行の手順が細かく決まっていますし、
新しい方とペアになって対話を繰り返すために、
何度もZoomで小グループにわける操作をしたり、
音楽ソフトで指定の音楽を流したり、
運営面で気を張り巡らせることがもりだくさんです。

みなさんの表情や反応を見てファシリテーション
したいのに、その余裕はほとんどありませんでした。


先輩トレーナーも参加してくださったので、
マニュアルには記載されていない運営のコツも
たくさんフィードバックしていただいて、
学びが詰まった濃い時間になりました。

来週も同じメンバーでもう1種類のワークに
チャレンジするので、進行表を練り直して望みます。

2020.06.04

3か月ぶりの対面打ち合わせ

久しぶりに、対面でのお打ち合わせ。
7月に一緒にオンライン研修をする予定の友人と、
直近の研修のポイントの確認と、
秋ごろに開催予定の研修の企画です。

Meeting

誰かと実際にお会いしてお打ち合わせできたのは、
3ヶ月ぶりでしょうか。

お仕事のお話とはいえ、
気心がしれた長年の友人でもあるので、
人に会うことはこんなにほっとするのかと、
改めて痛感します。

オンラインでも顔はアップで見えるし、
声も耳元で大きく聞こえるので、
むしろ距離は近く感じることも多いですが、
やっぱり私は、実際に会う方が落ち着きます。

一緒に実施する研修はオンラインですが、
私たち講師がしっかりつながっていることで、
よい場をつくれるように関わります。

2020.05.28

再ブレーキ

緊急事態宣言が解除され、
さあ、いよいよ会場での集合研修の準備ができる、
と期待したのもつかのま、

届くメール、かかってくる電話、
見事に全て、7月以降の研修やコンサルティングの
キャンセルのご連絡が続きます。

もしかすると、
久しぶりに出勤 →研修可否を相談 →中止決定
という流れが起こったのでしょうか。

Stop

アクセルを踏もうとした瞬間の急ブレーキで
ガクンとつんのめりそうになりましたが、
2月後半からのキャンセル続きのおかげで
いちいちショックを受けなくなったことだけは、
今回の騒ぎで鍛えられたかもしれません。

私のステイホームはまだまだ続きそうです。

2020.05.25

グリーンバックとセカンドカメラ

ようやく研修のお打ち合わせが進み始めると思ったら、
「オンラインで研修できますか?」のお問い合わせも
入ります。

今からオンライン?会場研修ではなくて?

お客さまの要望に応えるのが講師のお仕事なので、
少しずつお部屋に機材が増えていきます。

背景を設定するグリーンバックと、
説明しながら物を映すためのセカンドカメラを
導入しました。

Green Wabcam

物が少ないシンプルなお部屋で暮らしたいのに、
あー、オフィスほしい!と叫びたくなります。

「もうオフィスいらないんじゃない?」という流れに
逆行していますが、
本気で、ワンルームの狭いお部屋ではなく、
仕事部屋とくつろぐスペースを分けられる広い自宅か
セミナールームがほしくなります。

2月半ばから研修が全て中止になって、
大きな投資ができる状況ではないはずなのですが、
浮かんでしまったものはしかたない(笑)

願えば叶うことを信じて、
妄想だけは膨らませておきます。

2020.05.07

Zoom研修で連携の大切さを学ぶ

企業研修の講師や大学講師の方を対象に、
Zoom研修を行いました。

緊急事態宣言も延長になり、
講師業のみなさまもオンラインの講義の依頼が
増えている方が多く、
ホストとして操作する経験を積むのが目的です。

全員順番にホスト操作の体験をしていただいて、
使ったことがない機能にも楽しくチャレンジして
いただけたので、ほっとしています。

Koza

講師のお仕事は、
コンテンツを伝えることが中心と思われがちですが、

実際に登壇するときは、
常に参加者の反応をみながら場づくりを行いながら
準備したコンテンツをアレンジして伝えるという、
感覚を研ぎ澄ませて状況対応していくお仕事です。

オンラインではそこに、
超現実的なPC操作やネット回線の状況に気を配り、
参加者のトラブル対応にも神経を配り続けるので、
右脳と左脳、感覚と頭脳、全身がフル稼働します。


今日の研修でも、
参加者の表情や反応を画面で見ながら話し、
参加意識を高めていただくためにやりとりを続け、
提示する資料や場面に変化をつけて操作して……
久しぶりに全力で集中していたようです。

この感覚、なぜか心地いいのです。

画面越しだからこそ、
私も笑顔で大きく反応することを意識しながら、
全員で話しやすい雰囲気をつくっていくと、
次々と質問や感想を出していただけるので、
参加者LOVE~な気持ちがとまらなくなります。


長時間の研修では、
ファシリテーションを行う講師とは別に、
ブレイクアウトルームや画面共有などの操作を
引き受けてくださるサポートの方がいるほうが
講師も参加者も学びに集中できると思います。

個人事業主でたいてい1人でお仕事していますが、
これからはますます研修事務局の方や
同業の仲間と連携することが大事だと実感します。

2020.04.10

自宅でスーツ

お世話になっている知人がメイン講師を務める研修が
急遽、オンラインで開催されることになり、
事前にリハーサルも重ねたうえで、
私もグループワークの運営などを担当しました。

研修なので当たり前のようにスーツを着て、
30分前からパソコンの前でスタンバイしながら、

ふと、自宅でスーツを着ているという
珍しいシチュエーションにいることに気づいて
不思議な感覚になりました。

画面に映るのは上半身だけなので、
この春はジャケットだけが売れたという記事を
読んだことがあります。

それでもやはり、スーツを着て身だしなみを整えると、
気持ちも少しピリッと引き締まり、
仕事のスイッチが入ります。

Webmtg

ご自宅から参加されたみなさまも、
最初は慣れない環境に緊張された様子でしたが、
Zoomのグループワークは顔がはっきり見えるので
近い距離感で情報交換が盛り上がったり、
投票機能やチャットを使ってアイデアを出したり、
あっというまに時間が過ぎました。

私も自宅で過ごす日々が続いています。
Zoomでの会議やWebセミナー受講も多いですが、
それ以外の時間も、時間を決めて行動したり、
ジャケットは着なくても外出着に着替えたり、
自分でメリハリをつけて過ごしたいなぁと
改めて感じた1日でした。

2020.03.28

ビジネスランチでワークショップ企画

外出自粛の要請が出た週末ですが、
1ヶ月以上前からお約束していたビジネスランチは
必要&重要ということで、
人出が少ないオフィス街のビジネスホテルで
サクラフレークが散らされたさくらそばで
季節を味わいました。

帰りに通りかかった桜も鮮やかに咲いていて、
お花見気分も楽しむことができました。
Soba Sakura_20200328230301
5月半ばごろ、
ワークショップを開催することを決めました。
そのころには、世の中も落ち着いて、
何も気にせずに楽しく開催できますように。

2020.03.13

女性パワーに元気をいただく

5月にSDGsセミナーのご依頼をいただいている
茨木商工会議所さまで、
女性会の役員のみなさまと打ち合わせを行いました。

先日、経営指導員さんからメールが届いたときは、
きっとまた打合せも延期なのだろうと思いましたが、
「予定通り開催します」のことばにほっとしました。

このバッジよく見るけど、いったい何なの?
なんでこんなにみんなつけてるの?
「これ何?」って聞かれたらどう説明すればいいの?

次々とご質問をいただき、一生懸命答えました。

にこやかな笑顔で明るい雰囲気で、
真摯にビジネスを考える女性経営者のみなさまが
とても頼もしくて、勇気づけられます。

Lunch_20200313165001
打ち合わせを終えて、残れる方だけでもと
商工会議所が入っている立命館大学内のレストランで
ランチを楽しみました。

今の情勢や危機についての話題にはなりますが、
みなさまとても前向きで、
何ができるか、どうすれば元気に過ごせるか、
有意義な情報交換が進みます。

5月のセミナーでみなさまの思いにこたえられるよう、
何をどう伝えるか、どう興味をもっていただけるか、
2ヶ月間たっぷり準備を重ねます。

2020.02.09

研修の環境を整える

朝8時ごろ、研修会場の近くのコンビニで立ち寄ると、
「マスクは1人1袋まで」と棚に貼られています。

あるの?

私はまだ少し買い置きがありますが、
研修参加者には、困っている方がいらっしゃるかも
しれません。
Mask

「今の時間にまだあるかどうかはわかりませんが…」
最初の休憩時間にみなさまにお知らせして、
再開時間を5分遅らせました。

「買えました!」
ほっとした表情で戻ってこられた方々は、
定期的に通院されるのにマスクが必要だったり、
受付業務でマスクが義務づけられたりして、
手持ちがなくなる不安を抱えていたそうです。

細かくカリキュラムが決められた研修なので、
講師としては外れた行動でしょう。
街中のドラッグストアではどこも売り切れていて、
誰も買えるとは思っていないので、
言わなくてもよかったのかもしれません。

事務局の方には、また(笑)勝手なことをして、と
苦言をいただくかもしれませんが、
その後の時間、研修に集中されるみなさまを見て、
少しでも安心して学べる環境をつくることができて
よかったなぁと思います。

今後も、同じコンビニでまた入荷があるかどうかは
わからないので、場所は明かしませんが、
必要な人が必要なときに調達できるように
早く状況が落ち着くことを祈ります。

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)
無料ブログはココログ