最近のトラックバック

研修・講演

2019.11.20

12月スケジュール

☆公開講座☆

 東大阪市産業創造勤労者支援機構
 「コーチングセミナー
  成果が上がる職場づくりのヒントを学ぶ」

  1月16日(木),23日(木) 18:00-20:00
  クリエイション・コア東大阪
  https://hispa.h-osaka.jp/sys_img_data/file/kanji%28531%29.pdf

☆体験コーチング☆

  改元や増税など世の中の変化が大きかった
  2019年は、みなさまにとってどんな年でしたか?

  残り少ない2019年中にやっておきたいこと、
  2020年をどんな年にしたいのか、

  コーチと対話しながら、
  ご自身の気持ちを確認してみませんか?

  コーチングを受けてみたい方は、
  「お申込フォーム」からお気軽にお問い合わせください。

  大阪駅周辺で対面で実施しやすい日程は、
  12月7日(土)、16日(月)、21日(土)、22日(日)、25日(水)
                    (11月21日現在)

  コーチを探している方以外でも、
  年末年始の特別バージョンとして、
  1回スポットの電話コーチングも受け付けます。

  上記以外の日程でも、時間帯を調整できる日や
  電話で実施できる日もありますので、
  「お申込フォーム」から個別にご相談ください。

☆無料経営相談☆
  堺商工会議所の経営相談窓口の担当日は、
  12月3日(火)、10日(火)、17日(火) 13:00~16:00 です。
  ご予約は、
  堺商工会議所経営支援課 072-258-5503 へお願いします。

2019.11.19

研修疲れを癒す

全10回の研修を終え、
心身ともに使い果たして放心状態の私を、
ご一緒した経営者でもある長年の友人が、
バラの花が飾られたケーキで
研修疲れを癒してくれる。
Cake_20191121020501

気持ちのエネルギーはチャージされ、
あとは超長時間睡眠で身体の疲れをとる。

毎回、研修を終えると、
どんなに慣れたテーマでも、
どんなによい反応をいただいた研修でも、
あの部分はもっとこうしたほうがよかったかな、と
反省点、改善点が山盛り浮かんでくるけれど、
その前に、労をねぎらうことも大切。

使い切ったエネルギーを満たして、
次の研修の準備に向かいましょう。

2019.11.14

研修後のエネルギー補給

ベテランの社員さんにとって
毎年受けることが義務づけられているマナー研修は、
目新しい技が生み出されているわけでもなく、
御多忙な時間を割いて参加することに
モチベーションが上がりにくいもの。

マナーやおもてなしは
知っていても日々できていなければ意味がないので、
本当に使えるように、実践したくなるように、
演習を工夫して興味をもってもらい、
少しでも発見が生まれるように、
念を入れて準備し、当日も知恵と神経を絞りつくす。

なので、共に研修を運営する仲間も私も、
帰り道には抜け殻のような放心状態になるので、
心身を休め、エネルギーを補給するために、
名古屋コーチンの親子丼のお店に入る。

Oyakodon
濃厚な味がしみわたる。

来週も研修が続くので、
次はケーキにする?とごほうびをぶら下げて、
今日の改善点を話し合って、次に向かいます。

2019.11.12

<参加者募集>成果が上がる職場づくりのためのコーチングセミナー

公益財団法人東大阪市産業創造勤労者支援機構さまで
1月にコーチングセミナーを開催します。

「コーチングセミナー
 成果が上がる職場づくりのヒントを学ぶ」
https://hispa.h-osaka.jp/sys_img_data/file/kanji%28531%29.pdf 
Seminar_20191113095601

部下や後輩がいる方に役立つセミナーです。

会社やチームで成果を上げるために、
メンバーの能力やモチベーションを引き出す方法の
1つとしてコーチングの基本を学び、
明日から職場ですぐに実践できるヒントを
持ち帰ってください。

「コーチングセミナー
  成果が上がる職場づくりのヒントを学ぶ」

日 時:1月16日(木)、23日(木) 18:00-20:00
場 所:クリエイターズプラザ
    (クリエイション・コア東大阪南館3階)
講 師:ひとのわ 福住昌子
参加費:無料

東大阪在住・在勤でなくてもご参加いただけます。
できれば2日ともご参加いただきたいですが、
1日しか参加できない方もフォローいたします。

お申込みは「こちらのチラシ」をご覧ください。

ご参加をお待ちしております。

2019.10.29

トリプル

6-7時間の1日研修には慣れている。
2日、3日連続の登壇もある。

元気に終えて、参加者のみなさまを見送って、
建物を1歩出た瞬間に一気に疲れが出て、
その場で座り込みたくなるけれど、
その感覚にも慣れている。

それでも、
2時間x3のトリプルは別物という体験をした。

一斉に職場を離れることができないため、
午前中、午後前半、午後後半の3回に分けて
同じ内容で実施するので、
準備も運営も負担はそれほど大きくないだろうと
思っていたのだけど、
その見通しは甘かった。

メンバーが変われば、場の空気は一変する。
部署や年齢の偏りも少なく、同じ社風のはずなのに、
違う業種の会社を3社訪問するくらい、場が違う。

独立17年めに入っても、初めてわかることがある。
これも貴重な経験だったけれど、
新しいこと好きの私、
分野や手法など、内容の新しさのほうがうれしいな。

2019.10.25

スイーツで研修疲れを癒す

1日研修を終えると、いつも以上に自分に甘くなり、
甘いもので自分を甘やかす。

甲子園球場の近くにある会議室で研修を終え、
ローソンがあるよ、と教えてもらっていたのに、
タイガースショップしかない、と通り過ぎそうになり、
よく見ると、「タイガースローソン」。
さすが甲子園。
Lawson Tart
果物好き、特にいちごと桃が好きな私を
待っていてくれたかのように、
「フルーツタルト苺と白桃」を見つけ、
一気に疲れが吹き飛ぶ。

2019.10.18

若手研修で底力を見る

若手社員対象のコミュニケーション研修を行う。

一般的な傾向として、
最近の若手社員さんに対する会社のお悩みは
自分の意見を言わない、
わからないことがあっても質問しない、などが多く、
事前のヒアリングでもそうお聴きしたので、

前半は、楽しいトークテーマやワークを準備して、
少しずつ話しやすい雰囲気をつくりあげ、
会話が弾むように仕込んでいたら、
この日の参加者の現場男子なみなさまは、
冒頭から、おおいに話す、突っ込み合う、盛り上がる。
Kenshu
逆に収拾がつかなくなる心配をしながら
後半に、職場のテーマを取り上げた実践演習を行うと、
「ムズイ~」と口々に訴えながらも、
遊び心を織り交ぜながら制限時間と格闘し、
最後まで成し遂げる底力を見せてくれた。

頼もしい。

上司から見れば、スキルはまだまだかもしれないし、
もっとこうなってほしいという願いはあるとしても、
この元気さと前向きさがあれば、
自分たちでなんとか答えを見つけてがんばれる力は
あふれるほど持っている。

大人(?)になっても、この力強さを保ちつつ、
中堅へと成長してほしいなぁと願いを込めて
しめくくりのことばを私も熱く伝えた。

2019.10.17

おもてなしの気持ちに気合いが入る

もうクリスマスツリー?とよく見たら、
ハロウィンツリー?
Halloween
楽しい気分でお部屋に入ると、
広々としたツインルーム。
Hotel_20191019024301

空間や空気感が大事な私には、
おもてなしの気持ちがありがたくて
もう一度明日の研修の流れをおさらいして、
準備を整える。

2019.10.07

セミナーで女性の共感力のパワーを体感する

堺商工会議所で女性限定セミナー
「共感力を活かすコミュニケーション力UP」を行う。

働き方改革、生産性向上が叫ばれる今、
女性(女性性)が持つ共感力が「ひとのわ」をつなぎ、
働きやすい職場をつくるために求められていることを
説明しつつ、
Seminar_20191008022201

Points of You(r)のカードを使いながら、
何度かペアを代えながら、初対面の方と語り合う。

Poy_20191008022201
同じ写真を見ても、
思いもよらない見方や発想で語る相手に好奇心を向け、
興味深く聴いてくれる人がいるからこそ、
心を開いて本音を語り、
思い切って、今後の夢を語る。

初対面の人とこんなに話せるなんて、と言いながら、
友人にも話さないようなお悩みを打ち明けたり、
鋭くて深い質問を投げかけて盛り上がっていたり、
部屋中がエネルギーで満たされる。

職場でこんなふうに聴けるの?話せるの?と
思われるかもしれないけれど、
1回に1人が話した時間はほんの数分。

どんなに忙しくても、休憩時間や空き時間、
立ち話でも歩きながらでも話せるくらいの短い時間。

「そうじゃなくて、」と遮る代わりに、
「へ~、そうなの?」「どう思ったの?」と
おもしろがって聴くだけで、
関係性がよくなり、職場がよくなる。

毎回毎回聴かなくていい。
ピシャっとはねつけることがあってもいい。

あー、聴いてあげればよかったなぁと思った後や、
気持ちに余裕があって、聴いてみようと思ったとき、
何かあったのかな?と気になったとき、
セミナーで聴き合うことができた体験を思い出して、
職場の雰囲気がよくなりますように。

そして、今回も、女性向けセミナーということで、
おいしいコーヒー・紅茶とお茶菓子を用意して
交流の場をサポートしてくださった
堺商工会議所のみなさま、
メンバー総出で準備や片付けをしていただいて、
ありがとうございます。

2019.10.02

セミナーで聴ける実感を体験してもらう

京都府よろず支援拠点で
「女性スタッフの力を引き出すコミュニケーション」
セミナーを開催する。
Seminar_20191003113701

参加者の動機を話していただくと、
・男性オーナーが女性への声のかけ方に気を遣う、
・ほめなければいけないのか、
・どう注意すればよいのか、
・すぐに辞めてしまう対策は?
などのお困りごとが挙げられた。

できるだけ関心に合うようにアレンジしながら、
タイトルはわかりやすく「女性」と掲げたけれど、
男性にも女性にも、男性性、女性性があること、
日ごろのがんばりをねぎらうこと、
最後まで聴き、一緒に考えることなどを伝え、
いくつか演習をしていただいた。

上下関係のないセミナー参加者どうしなら
フラットに話すことができ、
「え、そうなんですか?」「へぇ~」と好奇心全開で
聴くことができる。

つまり、
聴けない状況や聴きたくないことはあるとしても、
決して「人の話を聴けない人」ではない。

今日、ここで聴けたという事実を持ち帰って、
自社やお店のために日々働いてくれるスタッフのために
・出社時や退社時に、顔を見て声をかけること、
・まずは少し気持ちに余裕があるときに
 〇分だけと区切っていいので、「聴こう」と意識して
 耳を傾けてみること
から始めてください。と締めくくった。

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

他のアカウント

無料ブログはココログ