最近のトラックバック

研修・講演

2017.03.07

フレッシュなお茶

Futabaお仕事先で、
入社予定の新人さんが
お茶を出してくれる。

挨拶もお茶の出し方も、
もうマスターしたの?と
思うくらい上手で、
立ち振る舞いが初々しい。

ちょうど新入社員研修の準備をしている真っ最中なので、
つい、好奇心から、
「今までお茶の葉からお茶を入れたことあった?」と
きいてみると、
「そうですね、ないです。」と答えてくれる。


・お茶の葉からお茶を入れること、
・自分宛ではない職場の電話をとること、
・アルバイトで使われることばづかい、
などなど、
社会人生活が長くなって、日ごろお忙しい先輩には
なかなか気づきにくいポイントなので、
新入社員研修を担当する講師として、
手順や考え方から丁寧に伝えなきゃ。

2017.02.17

色と素材の力でビジョンを描く

Tool今日と明日は、
まもなく入社1年めを
終えようとする方々に
この1年を振り返り、
さらに、これからの道を
描いていただくための
研修を実施する。

そのお道具は、こちら。
潜在意識をフル回転して夢やビジョンを描くために、
頭で考えるより、色や素材の力を借りて、文字通り「描く」。

クレヨンなので、緻密な線や模様は描けないので、
1~2歳の子どもが、丸や線らしきものを描いて、
「パパ」「ママ」とうれしそうに見せてくれるような感覚で。

色とりどりの夢が紙に出現して、
そのエッセンスをこれからの人生で実現するための
目標設定やコミュニケーション、アクションをつくっていく。
こちらも、会議室の空間を使ったり、体を使ったりして、
頭も身体も、五感を使って学ぶ。

日常生活の慌ただしさに戻っても、
忘れたころにこのクレヨン画を見て、
ヒントを思い出して、また前に進めますように☆彡

2017.02.05

池田商工会議所創業スクール最終日

Shojo池田商工会議所創業スクール
最終日のハイライトは、
ビジネスプラン発表会。

年初から4週間かけて
考えてきた今後のプランを
思いをこめて話す姿を見ると、
情にもろい私は、
全員がとても愛おしくなり、
全員に1位をあげたくなる。

なので、審査方式ではなく、
参加者全員で熱心に聴き、応援の気持ちを込めて、
投票で、第1位、第2位を決める。

JamChoco

副賞は、地元の先輩たちのご活躍にあやかって、
今後大きく羽ばたいていけるように願いを込めて、
プレセミナーで体験談を語っていただいた、
タツタジャムさんとアテールさんの商品をご用意する。

最終回は寂しいけれど、
これからも何らかの形でつながって、
迷ったときは思い出して声をかけてもらったり、
開業したときには元気なお顔を見に行ったり、
これからもずっと応援しています。

2017.01.28

創業スクールで価格設定を考える

池田商工会議所創業スクール3日めは、
お金のことを中心にお話しする。

開業するまでにどれくらいのお金が必要なのか、
開業すれば、月々の収支はどれくらいになるのか、
自分の商品やサービスの値付けはどうすればよいのか、
気が重くなりすぎないように、
できるだけ楽しく学んでいただけるように、工夫する。

Ikeda1Ikeda2

今回は、「安ければよいとは限らない」ことを実感し、
自信を持って値段をつけて、
事業を続けていくために必要な利益を得られるように、
グループで演習を行った。

消費者としては、
あまり安すぎるとかえって怪しい・・・と感じることを
改めて思い出していただいて、
事業主としての価格設定のヒントにする。

初めてお金をいただくときはドキドキするけれど、、
安くしすぎると、お客さまのためにがんばれなくなって、
結局は、お客さまへのサービスが低下する。
お客さまを大事にするためには、
勇気を持って価格を設定することが必要。

と伝えながら、
講師の私は、事業主の私自身にも言い聞かせる。

2017.01.21

創業スクールで地元金融機関のお話を聴く

Ikeda池田商工会議所の
創業スクール2日めは、
前半は私の持ち時間で
事業コンセプトを
固めるために、
講義と演習を通じて
考えていただいた後、

最後の1時間は、
金融機関の方から創業者向けの融資について
説明していただく。

他の会議所の講座でも、
日本政策金融公庫の方が来られることは多いけれど、
池田泉州銀行の方が来られるのは、
池田市ならではの特徴かな、と興味深くお話をうかがう。
創業応援ローンに力を入れられていて、
条件によって金利も優遇される。

このお話を受けて、来週の創業スクールでは、
資金計画、収支計画をスムーズに考えられるように、
私もまた1週間、知恵を絞ります。

2017.01.15

アテールのチョコレートを味わう

昨日は、池田商工会議所の創業スクールの前に、
12月のプレセミナーで講演していただいた、
フランス菓子店「アテール」を訪ねる。
  関連記事:「池田市の創業者の熱いこだわりを聴く」(2016.12.03)

AterreChocolate


参加者のみなさまに、
アイデアディスカッションで疲れた頭を休めてもらおうと、
差し入れの焼き菓子を購入する。

・・・だけで終わるはずがなく(^^)、

ショコラティエとして定評のあるオーナーシェフの
チョコレートが並ぶウィンドウを食い入るように見つめて、
6個選んで持ち帰る。

  バレンタインシーズンはセット販売になるそうですが、
  それ以外の時期は、たくさん並ぶ中から選べます(^o^)


帰宅して、コーヒーを入れて、1粒ずつ味わう。
深いコクがあったり、ほんのりフルーツの香りがたったり、
こんなにもいろんな味が出せるのかと、楽しい。

これは味がわかる人にプレゼントしたくなる。

Cakeケーキもとってもおいしそう。
うーん。
創業スクールはあと3回ある。
夕方なら、買えてしまう?
危険だ(^o^)

  aterre アテール
   http://aterre.citylife-new.com/
  池田市城南1-2-3
  Tel&Fax.072-748-1010

2017.01.14

池田商工会議所創業スクールで夢を語る

池田商工会議所の創業スクールが始まった。

IkedaSchool

開始時間前に全員が揃う。
当たり前のように思えるかもしれないけれど、
公開講座で実は珍しい。
みなさまの期待を感じながら、1人1人の声を聴く。

後半は、お互いにアイデアを出しながら意見交換する
ディスカッションタイム。

急な寒波が到来した外の寒さとはうらはらに、
頭から湯気が出そうなくらい、熱い熱い対話が弾む。

始まる前は、隣どうしに座っても黙ったままだった方々が、
たった数時間で、昔からの知り合いのように打ち解けて、
夢見る少女のように頬を紅潮させて語り、
「それいいね」「おもしろい」と聞いてもらって、
少年のような無邪気な笑顔を見せてくれて、
昔からの親友のように意気投合し、語り続ける。

この変化を見るのが、とっても幸せ。


最後に、もう一度1人ずつアイデアを発表していただくと、
最初に話していたプランから、
方向性やキーワードが見つかった方、
内容は同じでも、自信をもって語られる方、
サービスメニューが具体化している方、
アイデアがあふれて言葉にならない方、
それぞれに進展している。

夢を語る人たちのパワーはすごい。
ここからあと3回で、夢が形になるように、
みなさまが大きな一歩を踏み出せるように、
私も知恵を絞って全力を尽くします。

2016.12.09

「冬のつながる交流会」でチャネルを語り合う

Sakaiさかい起業
チャレンジポート事業で
四季ごとに開催している
「冬のつながる交流会」。

今回は、
「チャネル戦略」という
とらえにくいテーマを
メイン講師の山本裕司さんが熱く盛り上げて導入し、
どのテーブルも、初対面の方が多かったのに、
止まらなくなるほど会話が弾む。

お客さまとつながるためにどんな工夫をしているのか、
どんなことに困ってるのか、
ビジネスパートナーとどうつながればいいのか、
濃い会話が飛び交う。

Mako最後は、安田勝也さんが
ご自身の例を使って
わかりやすくまとめ、
その後を受けて、私も
統括的にコメントする。

私が話している間に、
安田さんが写真を
撮ってくれていた。
なんか、うれしそうに
しゃべってる(^^)


単なる名刺交換会ではなく、
参加者どうしの対話が中心の場だからこそ、
異業種の知恵や工夫を語り、聴き、
つながりが生まれ、深まっていく。

回を重ねるごとに、講師3人の連携もよくなり、
参加者どうしのつながりも早く&深くなり、
継続する効果を実感する。

企画書段階ではきっと意図や効果が伝わりにくい
このスタイルの会を継続させていただけることが
本当にありがたい。

2016.12.07

研修参加者から学ぶ

1か月くらい前のこと、
「自分の主体性を引き出す」がテーマの企業研修で、
ワークシートに記入していただく演習をしていて、
参加者のみなさまの様子を見守っていると、

ある男性が、ワークシートを毎回ファイルから外して
書きこんでいることに気づく。

面倒じゃないのかなぁと思いながら観察してみると、
あ、左利き。


レジュメが大きなリングファイルに閉じられていて、
左手がリングにあたって、書きにくいのね。

私のレジュメはとても薄くて(^^)
たいていホッチキス止めにされることが多かったので、
研修講師歴10年以上にして、初めての発見。

参加者の方からの学びを活かすために、
次回から、
自由にシートを外して、書きやすいように使ってね、と
最初に伝えると、参加者のみなさまが楽になるかな。

そして、取り外ししやすいファイルを選ぶことも大事。

2016.12.05

100秒プレゼンのコツを伝える

RitsSign

HallIbaraki

今年も茨木商工会議所の「いばらき異業種交流会」で、
基調講演&ミニ実習を担当させていただく。

今年は、運営チームからリクエストされたテーマで、
「100秒で印象に残るスピーチ」のコツをお伝えする。

直後に40社以上が賞品を競う100秒PRがあるので、
準備した内容を変更することなく、
その場で活用していただけるように、
すぐにマスターできるアイコンタクトの練習と
大事なことを強調する練習をしていただく。


その成果、というより、たぶんもともとレベルが高くて、
各企業のプレゼンテーションは、
趣向を凝らしたアピールが次々続いて楽しい。

年々、参加者が増えていて、
後の交流会で顧客拡大につながった人も多く、
どんどん盛り上がっていく。

  その分、運営側は大変になっているはず。
  おつかれさまでしたm(__)m


Tree1Tree2

最寄りのJR茨木駅には、
大きなクリスマスツリーのイルミネーションが輝く。
色が変化していくのを、しばらく眺めて楽しむ。
ツリーの幹を囲むようにベンチが並んでいて、
親子連れやカップルがとっても楽しそう。

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ