最近のトラックバック

宝塚・観劇

2017.02.12

宙組「VIVA FESTA!」で放心状態

宝塚宙組の真風涼帆さんの大ファンの3人で、
「王妃の館」を観る。
  あ、私は、そらくん、りくちゃん、モンチも。

お芝居はにぎやかなコメディで、
おねえ役の蒼羽りくちゃんが美しくてかわいらしい。
りくちゃん自身が楽しんでいる雰囲気の弾けた演技で、
つい目で追ってしまう。

愛ちゃん(愛月ひかるさん)も吉本新喜劇ばりの
関西弁の怪しいおじさまで、
TOP HAT以来、こういう役が板についてる感じ。

そんなドタバタの中、お目当ての真風涼帆さんは、
一見場違いなルイ14世。
重厚なお衣裳でかっこよくて、でもやっぱりコミカル。

「双頭の鷲」からフランス人役が続く和希そらくんは、
舞台の端でずっと小芝居を続けてて、目が離せない。
後半、恩師と生徒の再会に涙を誘う感動の場面でも、
一番端で、フランス人なので会話がわからない風に、
くるくる帽子を回したり、オーバージェスチャーしたり、
センターを観る暇がない(^^)

モンチ(星吹彩翔さん)はアコーディオンを持って、
目立つ場面があり、短いソロも聴かせてもらえた。

おばあちゃん役の花音舞さんもかわいらしい。


といった、大笑いしたお芝居がふっとんでしまうほど
ショー「VIVA FESTA!」が強烈で、ステキすぎる。

StageMakazesan

ありがたいことに通路席で、
ご一緒した先輩が客席降りの位置を調べてくれて、
幕間からテンションが高まる。

オープニングは、蝶の伶美うららさんが美しい。

そして、客席降りでは、
あっきーさん(澄輝さやとさん)が真横に来られて、
あっきーさんファンの先輩が反応されたのを見て、
この至近距離からキラキラ笑顔で目線をいただく。

ここまででも圧倒されているのに、
大好きな蒼羽りくちゃんが「牛」になって、
トップの朝夏まなとさんと一騎打ちで戦う場面は、
お2人の身のこなしが鮮やかで、
迫力のあるダンスに釘づけになる。

YOSAKOIソーランでは、
まなとさんセンターのところでは客席降りがあり、
真横に、うららさん、そらくんがすぐ近くで踊り、
みんなでもりあがる。

続いて、センターが真風さまに移り、
誰がどこからどう見ても、
リアル男子!しかもガテン系としか思えない大迫力で、
客席をなぎ倒す。
通路は前から数列めまでしか来られないのに、
もっと後ろの席まで圧が飛んでくるような勢いで、
客席中のハートをわしづかみにされる。

その後のシーンは、もう放心状態で、覚えていない(^^ゞ


これ、ショーだけでいいから、あと何回でも観たい。

2017.02.08

日生劇場「ビッグ・フィッシュ」

日生劇場に「ビッグ・フィッシュ」を観に行く。

私が初めて宝塚に出会った日生劇場で、
大好きな霧矢大夢さんの舞台が見られるのは、幸せ。
しかも、前から3列目の通路席。

Sign1Sign2

Stage霧矢大夢さんは、
少女時代は声も表情も
かわいらしく初々しく、
年を重ねてからは
落ち着いた優しい雰囲気で、
歌もお芝居のうまさも
あいかわらずすばらしい。

ドタバタコメディかと思ったら、
霧矢さんが病床の夫を支えて歌う場面から
一気にひきこまれ、涙腺が壊れる。

浦井健治さんの歌も声もよくて、
霧矢さんとのデュエットも息があっていて、
最後の見せ場もぐっと心をつかまれる。

子役の鈴木福くんがかわいらしい。

明日からのお仕事のエネルギーをいただきました。

2017.02.06

二月花形歌舞伎

Kabuki「二月花形歌舞伎」を
母と見に行く。
日替わりのご挨拶は
なんと、私が大好きな
中村壱太郎さん!

それだけですでに
テンションが上がる。

壱太郎さんは、観客をうまく笑わせながら、
すぐに始まる舞台のためにお歯黒をされている歯を
にっと笑って見せて、見どころを説明される。

そのお芝居「義経千本桜 渡海屋・大物浦の段」は、
壱太郎さんは長ゼリフも多く、感情表現も難しいお役を
さすがの実力で演じ切る。
でもね、ちょっと、太られたかも。。。
ファンとしては、お父さまよりおじいさまに似てほしい。

安徳帝の子役さんがちょこんと座る姿がかわいらしくて、
セリフはよく聞き取れないけれど、ほのぼの和む。

源義経の板東新悟さんが
武士というより帝のような気品があって、美しい。
これまで女役で見たときはあまり印象に残ってなくて、
こういう若侍系のほうが似合う気がする。

これまでも松竹座で何度か見た種之助さんは
今回の若手7人の中でも最年少の24歳なのに、
迫力のあるお芝居とコミカルな動きでベテランぽい。
後半の「三人形」でも、お囃子の裏打ちのリズム感や
お尻や背中で跳ねるような激しい動きのある奴で、
身体能力の高さに目を見張る。


お正月のような演目で、華やかな3時間を楽しむ。

2017.01.17

新人公演「グランドホテル」

Moon月組若手ファンの私にとっては
本公演より楽しみなところもある
新人公演のチケットが手に入り、
ありがたく観劇する。

主演は、夢奈瑠音さん。
「A-EN」の妖艶なダンスで
スタイルの良さに目を奪われ、
以降の公演でも目にとまる方。
  関連記事:「最高気分の月組若手公演」(2015.09.03)

ピンスポットで登場されるシーンから、
すらっとしたスタイルにスーツが似合ってかっこいい。
身のこなしが鮮やかなので、男爵が妙にかっこよく見える。
声もステキで、センター感もバッチリ。

グルーシンスカヤの海乃美月ちゃんも大好きなので、
久しぶりにヒロインが見られてうれしい。
引退間近のプリマドンナの難しい役どころで、
いつになく凛とした声や表情、口調が多い女性を演じ、
年齢を重ねた女性として胸弾ませる難しい場面もあり、
努力と苦労がうかがえるような熱演。

配役発表から注目されていた風間柚乃ちゃんは、
研3の若さながら、病弱なオットーを見事に演じ切る。
チャールストンはるねちゃんと息もぴったりで、
病弱なのに飛び跳ねるところは、さすがの身体能力。


メイン3人だけでなく、歌うまさん、役者ぞろいの若手は
見事な適材適所で目が離せない。

つっちー(颯希有翔さん)は、
昨年の「NOBUNAGA」の新公で今川義元のソロの
あまりの美声で注目した方で、
本役では専科さんが演じたお医者さまの役を、
年配の役づくりと、低音で響く歌で存在感を示す。

エリックの礼華はるちゃんは、お顔立ちと役が合って、
端正なホテルマンらしいたたずまいと、
難しい歌をきれいに歌い上げる。

れんこんくん(蓮つかささん)は歌もお芝居もうまいので、
ラファエラをどう演じるのだろうと楽しみにしてると、
期待通り、さりげないたたずまいだけでも
心情が伝わってくるような名演技。

プライジングの春海ゆうさんは、言うまでもなく、
おっさんのいやらしさをこれでもかと表現する。
このまま本公演でも通用しそうなおっさんぶり。

名コメディエンヌとして大好きな佳城葵さんも、
怪しげな興行主をおかしく演じる。

歌うまさんの周旺真広くんと蘭尚樹くんは、
短いフレーズでも、声と歌のうまさがわかる。

新公主演経験豊富な、ありちゃん(暁千星さん)は、
今回は脇に回って、ドアマンを演じる。
セリフも歌もゼロなのに、目を引く。
さすがスターさん。

フラムシェンの結愛かれんさんは、
大健闘していたし、声もかわいかったけど、歌が残念。
歌うまさんが多い公演では悪目立ちしてしまう。
踊れて、娘役さんらしいので、別のお役で見てみたい。


人間模様を描くグランドホテルを、
若手だけで演じ切るのは難しかったはずなのに、
そう思わせない月組若手のみなさん、すばらしい。
チャンスを与えて伸ばす仕組み、ステキだ~

2017.01.10

今年の宝塚はじめ

今年の宝塚はじめは、7日15時の月組公演。

まずは、いつもチケットを手配してくれる友人と、
「イゾラベッラ オペレッタ ア タカラヅカ」でランチから、
大好きな月組さんの「グランドホテル」という
ぜいたくな1日を過ごす。

Lunch1Lunch2

Lunch3Lunch4

Moon1Moon2

龍真咲さんが退団されたあと、
新トップさんの珠城りょうさんの大劇場お披露目公演。
といっても、昨年既に、
「激情」「アーサー王伝説」でコンビを組まれているので、
ベテランの風格がある。

  関連記事:「月組「激情&Apasionado!! III」最高!」(2016.03.20)
         「新生月組「アーサー王伝説」を観る」(2016.11.05)

初演では主役だったオットーを演じる美弥るりかさんの
存在感がすごい。
病身を美しく演じながら、
チャールストンでは鮮やかすぎるダンスで目が離せない。

ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)はさすがのキャリアで、
ブロードウェイ女優のように、
たった1人の舞台でセクシーに歌い、踊り、魅せる。
実年齢はかなり若いのに、
プリマドンナとしての加齢を嘆くマダムに見えてしまう。

ラファエラのありちゃん(暁千星さん)は、
音域がかなり広いのに、全く外さず歌いきり、
意味ありげな不思議な存在感を放つ。

ジミーズの千海華蘭さん、夢奈瑠音さんが表情豊かで、
舞台の端にいるこのお2人が気になって、
センターを観たいのに、目が足りない。

早乙女わかばさんのフラムシェンも、
美しい娘役さんの本領とふりきった演技で魅せる。

電話交換手も、1人1人が個性が際立ち、
白雪さち花さん、はーちゃん(晴音アキさん)の美声が響く。

銀橋がほとんど使われていなかったのが不思議。
せっかくの大劇場の舞台なので、使ってほしかったなぁ。


ショーの「カルーセル輪舞曲」は華やかでお正月らしい。

白い回転木馬のセットにはちょっと笑ってしまったけど、
オープニングからたまきちくんは存在感があり、
歌い手、ダンサーそれぞれの名手が大活躍。

千海華蘭さんとはーちゃんの歌が美しく、
お2人の声がぴったり合っていて、聴きほれる。
白雪さち花さんとまゆぽんのカゲソロは絶品すぎて、
あともう少し聴いていたい!と思う。
としちゃん(宇月颯さん)のソロもかっこいい。

そして何より、KAZUMI-BOY先生振付の
黒燕尾がかっこよすぎる。
前方で娘役さんたちが白いドレスで美しく舞い、
大階段で男役さんたちがかっこよく踊る。
こんなかっこいい黒燕尾、見たことない。

エトワールに、
歌うまさんの麗泉里ちゃんが選ばれたのもうれしい。

ただ、専科さんがおいしい場面でいっぱい登場するのに、
音が外れまくっていたのが興ざめ。
月組は歌うまさんが多いのに、抜擢してほしかったな。


番外編としては、
客席に、大好きな真風涼帆さんのお姿が!
お席が結構近かったので、まじまじと見とれて幸せ。
お年玉的なサプライズプレゼント。

今年も宝塚、楽しみます。

2017.01.01

元旦から柚希礼音さんの番組に感動

実家で静かな静かな元旦。


「ゆずきさん?ってあんたが好きな人だった?」と
母が呼ぶ声がして、リビングに降りると、
元宝塚トップスターの柚希礼音さんの
アルゼンチンタンゴへの挑戦を描いた番組が
放送されていた。

Chiesan1Chiesan2

ザ男役として娘役さんをリードされてきたちえさんが、
どうしても、男性より先に足が動いてしまい、
リードされること、
男性に合わせること、
男性に身を委ねることに苦労されていて、
自分のピンヒールで自分の脚を傷つけたり、
簡単な振り付けに変更されて悔しそうな顔をされながら、
ダンスを仕上げる姿には、
感動が止まらない。

母は、「The Lost Glory」を一緒に観たねと言っても
現役時代の姿は思い出せないみたいだけど、
  関連記事:「熱い星組ステージ」(2014.07.25)

おかげさまで2017年も宝塚にわくわくして幕を開ける。


みなさま、 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2016.12.08

今年の宝塚見納め

Hana宝塚大劇場は
8月に今年の見納めを
したつもりだったけど、
花組のお芝居が
上田久美子先生脚本と
KAZUMI-BOY先生振付
なら、生で見ておきたくて、
「雪華抄」「金色の砂漠」を観に行く。

和物のショー「雪華抄」は、
あでやかにチョンパで始まる。
日本舞踊ばかりではなく、男役さんの見せ場も多くて、
あきらさん(瀬戸かずやさん)は粋で男くさく、
ちなつさん(鳳月杏さん)は涼し気でセクシーなまなざしで、
カレーちゃん(柚香光さん)は軽やかに跳ね回る。

松本悠里先生の場面では、
音くり寿さんのカゲソロが、さすが、美しすぎる。

お芝居の「金色の砂漠」は、
主要な男役さんたちが奴隷で、
王女さまたちに仕えるという珍しい役どころ。

みりおちゃんは、昔から
アンドレ、ティボルト、紫子の定嗣など、
まっすぐで苦悩する青年役がはまると思うのだけど、
今回は久しぶりにその本領発揮で、
少年のシーンもとってもかわいらしい。

かのちゃんも、強い女がぴったり似合う。

キキちゃん(芹香斗亜さん)は、
ミーマイのジョン卿ではしぶいおじさまだったのに、
今回は素直な奴隷で、弟で、冷静な語り部でもあり、
幅の広い役者さん。
美しい表情と丁寧な歌が際立つ。

ちなつさんのワンマンな王様も堂に入っていて、
お芝居を引き締める。
和物のショー、お芝居に欠かせない役者さん。


ストーリーはさすが上田久美子先生、
感情を揺さぶられる場面が満載。
でも、泣かされそうな、ここぞ!という場面で
みりおちゃんが盛大に噛んで言い直してくれたので、
現実に戻って、冷静に続きを鑑賞する。

トップさんも感情がこみあげたり、出突っ張りだったり
大変なんだろうなぁ。

フィナーレは短いけれど、
これで退団するかのちゃんのエトワールと
次期トップ娘役のゆきちゃんのロケットで
見せ場がしっかり作られていた。

どうやら私はしっかりしたストーリーの作品でないと
満足できないようなので、
見ごたえのある作品で今年の観劇を締めくくれて
大満足。

年末までの大繁忙期を乗り切るエネルギーを
チャージできたかな。

2016.12.04

双頭の鷲

チケットが手に入り、2日に宝塚バウホールで、
専科の轟悠さん主演の「双頭の鷲」を観る。

PamphletStage

冒頭から、透明のカーテンのような幕の向こうで、
ストーリーテラー役の和希そらくんが動く。
そらくんはその後もずっと舞台の隅に座って居たり、
ダンスシーンではセンターで踊ったり、
客席登場でキザなフランス人ぽいセリフで絡んだり、
堂々の大活躍。
愛ちゃん(愛月ひかるさん)、ずんちゃん(桜木みなとさん)より、
かなりおいしいお役。

轟悠さんはもちろん圧巻。
登場するだけで圧倒的な存在感があり、
黙って立っているだけでも、少し動くだけでも、
役としてストーリーが動く。
美しく、かっこいい。

大半がパパラッチという配役で、期待していなかったのに、
さすがコーラス・ダンスの揃った宙組、
かっこいいダンスで、ショーのように魅せる。

王妃は、ビジュアル的にも役柄的にも、
伶美うららさんのほうが似合うと思っていたけれど、
実咲凜音さんも大人っぽい演技で、
理事より年上の手ごわいマダムに見える。

王妃に仕えるトニーの97期の穂稀せりさんが、
話せない役なのでセリフはないけれど、
表情豊かに心情を見せ、すばらしい演技。


大劇場の華やかなお芝居もステキだけど、
小劇場の重厚な作品のほうが見ごたえがあって
私の好みなのは、やっぱりマニアックなのかな。
小説でも女性作家さんのほうが好きだけど、
宝塚も、女性の先生の作品のほうが私は好き。
こういう作品、いっぱい上演してほしい。

2016.11.19

年内見納め?

梅田芸術劇場の宝塚宙組「バレンシアの熱い花」に
ヅカ歴大先輩のお2人とご一緒させていただく。

TreeSora

今年の宝塚観劇は、
大劇場は8月で見納めたし、梅田もこれが見納め。

なので、もっと気持ちが盛り上がるかと思いきや、
それほどでもないのが不思議。
月組ロスの後、私の宝塚熱が冷めたのかなぁ。

ご一緒した宝塚歴先輩方は初演や再演を観ていて、
当時のお話をいくつかうかがう。


お芝居のオープニングは華やかなショーぽくて、
伶美うららさんの美しさに息をのむ。
本編?も、うららさんはお美しくてセクシー。
朝夏まなとさんと真風涼帆さんはかっこいい。
蒼羽りくちゃん、星吹彩翔さんの見せ場も多いし、
遥羽ららちゃんも、うまいなぁと思わせる。
さすが宙組。

ショーは、少人数で1人1人の出番が多いし、
客席降りも多くて、サービス満載。
まぁさまは通路席の方に1人1人ゆっくりタッチされ、
途中でなんと、最前列で歌いながら片足を銀橋にかけ、
どれだけ足長いの?と会場を沸かせる。

真風さんも、後方席に指さしや投げキッスされたりの
大サービス。

かっこいい、美しいでも1ファンとしては大満足だけど、
宝塚でチーム力や人材育成論を語るには
  (→ニーズはない?^^)
年内の大劇場かバウのチケットを探そうかなぁ。。。

2016.11.18

来年も宝塚ステージカレンダー

Calendarお世話になっている方から
宝塚ステージカレンダーを
いただく。

表紙なら、ネットショップにも
画像が上がっているから、
載せても大丈夫かな。

舞台で作品を観ていても、
瞬間を切り取られると、
こんな場面あったっけ?と
表情やポーズに見とれる。

大好きな真風さん、あきらさん(瀬戸かずやさん)、
カレーちゃん(柚香光さん)はもちろんのこと、

理事さまダンディ、カチャさん男らしい、
みやちゃん美しい、キキちゃんりりしい、
みゆちゃんかわいい、ちゃぴちゃん美しい・・・と、
改めてスターさんたちの魅力に魅せられる。

毎日見上げて、エネルギーをチャージして、
2017年も幸せに過ごします。

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ