宝塚・観劇

2024.02.16

「トッツィー」で大笑い

「トッツィー」を観ました

主演の山崎育三郎さんはでづっぱりで
男性のマイケルと女装のドロシーを早替わりで
演じ分けられます

私のめあては愛希れいかさん(ちゃぴちゃん)
キレのある動きと女性としてのかわいらしさは
もちろん、地声歌唱が新鮮でした

昆夏美さんのふりきれた演技が
あまりにもキュートで圧倒されます
芝居も歌もうまくなければできないお役、
さすがです

キムラ緑子さんの美脚にも目を奪われました

Tootsie

開演前にプログラムを見て、
生オケの指揮者は
踊る指揮者塩ちゃんこと塩田明弘さんと知って
テンションが上がります。
期待通り、トッツィーの赤メガネで登場され
客席を向いて私たちの拍手を指揮されます

お芝居の大事なシーンでも拳を突き上げたり
スイングされていたり
舞台+αで楽しませていただきました

声を上げて笑うシーンもたっぷりで
楽しいコメディでした

2024.02.05

ダンス表現がすごかった宝塚月組「Golden Dead Schiele」

昨日は、
月組バウホール公演「Golden Dead Schiele」を
観劇しました。

幕開きは死の幻影を演じる彩音星凪くんの
感情あふれるダンスから始まります。
かのんくんがダンスだけで表現される作品は
これまでもいくつかありましたが
今までに増して、全編を通してダンスだけで
主演の彩海せらさん(あみちゃん)の感情が
伝わってくるのがすごいです。

かなり下級生まで大事なお役があてられていて、
その周りで踊る若手ダンサーさんたちも
表情豊かでずっと踊りっぱなしです。
涼宮蘭奈さん、天つ風朱李さんは本公演でも
よくダンサーとして使われていますが
和真あさ乃ちゃんのダンスもステキでした。

あみちゃんは初主演とは思えないうまさ
上級生さんたちがシリアスな演技で
脇を固めてストーリーを運びます。
夢奈瑠音さんの年配のクリムトはせつなさもあり
若い画家を応援する思いを熱演されます。
英かおとさん(うーちゃん)はイケおじで
佳城葵さん(やすくん)も安定の名演です。
真弘蓮さんのお芝居のうまさも光ります。

新公主演経験の瑠皇りあさんと七城雅さんは
対で大事なお役で輝いていました。

娘役さんも歌やダンスのうまさが目立ちます。
ヒロインの白河りりさんは抑えた演技で
美しかったです。
静音ほたるさんの少年役がかわいらしくて
絵を描きたいエゴンに感情移入してしまいます。

Tsuki

アフターは大好きなフルーツパフェのお店で
いちごジェンヌ。
ご一緒した方はいちごジェンヌラブショコラ。

桃、いちじく、メロンなどの季節にも来ましたが
いちご、食べたかったのです。
グラスの下のほうまでスライスされたいちごが
たっぷりで、贅沢感がありました。

秋からずっと観られなかったのに、
ご縁が重なって今週は3回も観られて幸せです。
今月の残りの日は、しっかりお仕事します。

2024.02.02

宝塚星組でナートゥをご存知に

チケットが入手できずにあきらめていた
宝塚星組「RRRxTAKA"R"AZUKA ~√Bheem~」

友人がチケットを探し当ててくださって
大好きな暁千星さん(ありちゃん)のセリフ
「ナートゥをご存知か」に
「はい!」な人になれました

映画は劇画調で戦うシーンが苦手な私には
ムリっぽいと周りに言われていたので
予備知識ゼロからの観劇です

冒頭のWATERRRの希沙薫さんと水乃ゆりさんの
アクロバティックなダンスに目を奪われ
開幕一瞬にして世界に引き込まれます

休養期間をはさんだ礼真琴さん(こっちゃん)は
パワー全開で
ありちゃんとのがっつり握手のシーンは
振動が客席に伝わってきそうなほど力強いです

ナートゥダンスはキレキレで
イギリス貴族まで巻き込んで広がっていくのも
圧巻でした

その前に、極美慎くんが
超絶ダンサーのこっちゃんとありちゃんに対して
ダンスができるのか?と
タンゴやフラメンゴをどや顔で魅せつけるのが
プレッシャーだなぁと思って、ツボでした

ありちゃんのヒゲ、こっちゃんの兄貴分役も
続いているので見慣れてきました

天飛華音くんも稀惺かずとくんも大事なお役で
小桜ほのかさんと瑠璃花夏ちゃんの歌も
堪能できて
詩ちづるちゃんもけなげなお役で
層の厚い星組、ステキです。

谷貴矢先生の作品、好きです。

Rrr

ショー「VIOLETOPIA」は客席降りが豪華で
近くに来られるスターさんがノリノリで
楽しすぎる1時間。
退団される天華えまさん(ぴーすけくん)が
通路を縦横無尽に走り回って
隅々までファンサービスされているのが
心にしみます
近くでは水乃ゆりちゃん、小桜ほのかちゃんが
パワフルに踊られていました

ありちゃんの女役は
月組時代も何度か観たときより、
立ち姿も目線も座ったときのしぐさも
自然なセクシー美女でした

同じ場面でなこちゃんがイケメン男役なのも
おもしろかったです

客席には月組G.O.A.T.メンバーが来られていて
こっちゃんもありちゃんも
指さしやお手振りされてうれしそうでした
5-6人入ってこられて、私が気づいたのは
礼華はるさん(ぱるちゃん)、天紫珠李さん
でしたが、後でXをチェックしてみると
鳳月杏さん、白雪さち花さん、風間柚乃さんが
ご一緒だったようです。
違うお席には月城かなとさん、海乃美月さんも
いらっしゃったとか。
客席、盛り上がるはずですね。

フィナーレはありちゃんの白い羽根に感動です
顔に羽根がかかっていたり、
隣に立つぴーちゃんに羽根がぶつかっていたり
堂々としていても初々しさがあふれてました。

2024.01.30

ペンライトで月組コンサート

やっと今年初宝塚!
月組コンサート
G.O.A.T ~Greatest Of All Time~

月城かなとさん(れいこさん)大ファンの友人と
懐かしい月組名場面の数々を楽しみ、
れいこさんさん、鳳月杏さん(ちなつさん)、
風間柚乃さん(おだちん)たちをはじめ、
歌うまさんたちが名曲を歌い、
海乃美月さん(うみちゃん)、天紫珠李ちゃんたち
ダンサーたちがキレキレに踊り、
芝居達者なコント場面で笑い転げました。

曲に合わせてペンライトの色を変えながら
オペラ&ペンライト&手拍子で
全力で楽しみました。

Goat

下級生までたっぷり見せ場があるし
瀬奈じゅんさん時代から見始めた私には
うみちゃんがセンターで
娘役ダンサーズがキレキレに踊る
アパショナード(Apasionado!!)が胸熱でした

うみちゃんの"Bonjour,Amour"は懐かしくて
セクシーうみちゃんを堪能できたし
お2人の"Cheek to Cheek"は粋でかわいいし
お芝居ではおじさまが似合う春海ゆうくんが
月城さんに甘えるところが乙女っぽかったし
礼華はるくん(ぱるちゃん)と天紫珠李ちゃんの
高身長ペアのダンスもかっこいいし
妃純凛ちゃんはうみちゃんをリフトしてるし
一星慧くんはどこにいても頭1つ飛び出してるし
どの場面も目も耳も心も大満足でした

今の月組さん、充実してて最高です

アフターで遅めのランチも
友人とたくさん感想を話せて楽しかったです。

2024.01.21

今年初観劇は「ベートーヴェン」

今年初観劇は「ベートーヴェン」
なんと1列目!
オーケストラピットが広くて
楽器も楽譜も、演奏者の表情、雑談風景まで
見えてしまう新鮮なお席でした

井上芳雄さんと花總まりさんが
ベートーヴェンの楽曲にのせて
とにかく歌、歌、歌、の大迫力。

吉野圭吾さん、坂元健児さん、渡辺大輔さんの
超歌い手さんたちがイヤなお役で歌い上げると
悪さが際立ちます

小野田龍之介さん、木下晴香さんの歌も
すばらしかったです

宝塚ファンとしては、アンサンブルキャストの
大月さゆさん、彩橋みゆさんが目に入ります

Beethoven

2年前の宝塚雪組「fff」を思い出しながら
花總まりさんのトニが幸せになるといいなぁと
願いながらストーリーを追いました

カーテンコールで井上芳雄さんが
芸文の入口にベートーヴェンの銅像があって
写真を撮ったとうれしそうに話されたので、
帰りには銅像に人だかりができていました

2024.01.19

雪組新公と「雪グミ」

昨日は企業研修から急いで帰宅して
ライブ配信で宝塚雪組の
「ボイルド・ドイル・オンザ・トイル・トレイル」
新人公演を観劇しました

昨秋の本公演はSS席センターのチケットが
休演で飛んでしまって、東京はチケットが外れて
本公演を観ないままの新人公演でしたが
新公メンバーが上手すぎて
楽しいストーリーをたっぷり楽しめました。

Sinko_20240120175601

主演の華世京ちゃんは研4さんですが
研6くらいでしたっけ?と思ってしまうほど
まんなかがしっくりはまってステキでした

2番手、3番手を固める
聖海由侑くん、壮海はるまさんも素晴らしくて
新人公演のレベルではない気がします。
紀城ゆりやさんのお芝居が弾けていて
こんなに演技派だったのねと発見でした。

最後のご挨拶では
大劇場での新人公演が中止になり
東京1回だけになった残念さを語られていて
ほろっとしてしまいました

観劇のおともは「雪グミ」
この日のために買い置きしてました
ネコが入っていたのがうれしいです

2024.01.12

通りすがりの柚香さん

通りすがりに
大好きな柚香光さまのパネルを発見。
急ぎ足でも目に飛び込んでくるこの威力。

しかも「写真OK」
なんてありがたい!

Yuzukasan_20240129183301

撮影OKにしてもらえると
うれしくてSNSにアップする人が多いので
宣伝になりますよね

お店や劇場で、
撮影OKの場所や時間帯が増えるとうれしいです。

2023.12.31

2023年感謝

2023年もどうもありがとうございました。

私の2023年をふりかえると、
お仕事では、
・ひとのわ20周年
・今年もオンラインコーチング三昧
・創業支援もたくさん
で、大勢の方のお力添えをいただきながら
好きなことがたくさんできた年でした。
いつも支えてくださってありがとうございます。

プライべートでは
特に後半に大好きな観劇が叶わなくなり
リフレッシュが難しい時期もありましたが
TOP NINEを作ってみると
やはり観劇を楽しめた年でした。

Makohitonowa Makocoach

本年もひとのわと福住昌子に関わっていただき、
どうもありがとうございます。
新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。

2023.12.28

「ジョン&ジェン」の楽しいフィナーレ

今年の観劇納めは「ジョン&ジェン」

10月以降、大好きな宝塚歌劇が休演続きで
宙組も雪組も良席のチケットが飛んでしまって、
観たかった博多座のミーアンドマイガールも
柚香光さんのコンサートもチケットがとれなくて、
このままさびしく年を越したくなかったので、
久しぶりに観劇できて気持ちが晴れました。

日本初演で予備知識もないまま、
田代万里生さんが見たくてチケットをとったら
偶然にも大千秋楽でした。

田代万里生さんと濱田めぐみさんの2人芝居。
冒頭は濱田めぐみさんの息子さんの設定?と
思っていたら、なんと6歳の少女の設定。
後でわかってびっくりでした。
ジョンに至っては5歳から19歳。
これを田代万里生さんがやるの?と思いつつ、
お2人とも舞台脇の棚でめまぐるしく着替えて
舞台上に戻って演じるという連続で、
こんな難しいお役はベテラン役者さんでないと
できないのだろうなぁと思って観ていました。

2人芝居、舞台上で着替え、は
昔観た霧矢大夢さんの「I DO! I DO! 」を
思い出しました。

Johnjen

フィナーレの最後にお2人がお話を始められて
アフタートークがあるとは書いてなかったのに?と
思いがけない機会がうれしかったです。

トークは、濱田めぐみさんが
この作品がいかに大変かを語る語る……
話題がひと段落しても、また大変さを語る…
いつまで話す?というくらいたっぷり話されて
おもしろかったです。
「スマホを出してください」と撮影OKタイムが
設けられたのも、うれしいサプライズでした。
「SNSもぜひ!ただし、きれいに撮れたものだけ」
ということなので、載せてみます。

新妻聖子さんバージョンも観てみたかったです。

観劇できたこともうれしかったですが、
長めのアフターも楽しめて、
大満足な観劇納めになりました。

2023.12.07

思いがけないCHIHARUさんマジック

憧れのCHIHARUさんに
メイクレッスンをしていただきました!

前回から練習したところを直していただいて、
新しい年に向けてコツやヒントを教えて
いただきました。

CHIHARUさんの手が入るたびに
鏡に映る私の顔がマジックにかかります。

ふんわり&キラキラになっていって、
思いがけないクリスマスプレゼントに
なりました。

Chiharu

2ショット写真はうれしすぎて宝物ですが
メイクの色味がわかりにくいので、
恥ずかしいですが、アップも載せました。
この顔に自分で近づけるように練習します。

お忙しいスケジュールの中、
貴重なレッスンをありがとうございます!

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)
無料ブログはココログ