最近のトラックバック

宝塚・観劇

2018.07.05

宝塚観劇10年めの月組公演

Lastpartyドラマシティで
宝塚月組公演
THE LAST PARTY 」
を観る。

主人公は、
「華麗なるギャツビー」
の原作者の
スコット・フィッツジェラルド。

私が初めて宝塚公演を
観たのが、ちょうど10年前、
日生劇場で月組公演「グレート・ギャツビー」
  関連記事:「感激宝塚」(2008.09.14)


主演のれいこさん(月城かなとさん)は
雪組出身で和物が似合う人と思っていたら、
スーツものも似合って、すらっとかっこよく、
丁寧なお芝居をされる方。

ゼルダのうみちゃん(海乃美月さん)は
演技も歌もダンスも穴がない役者さんで、
鼻持ちならないお金持ちのマダムから
転落して嘆く姿、気が狂ってしまう姿まで
ベテランの風格さえあって、
れいこさんに寄り添いながらも、
難しい動きをこなすデュエダンも美しい。

大好きなありちゃん(暁千星さん)は、
出番はあまり多くないのに、
登場すると存在感があり、
低音が響く強いトーンの歌と、
激しい鮮やかなダンスに釘付けになる。


フィナーレは、噂に聞いていたとおりの、
ありちゃんの独壇場。
センターでキラキラかっこよく踊る。


月組ファンとしては、
少人数公演は下級生の活躍もうれしく、
次回エリザベートでは
ありちゃんとルドルフを役替わりする
風間柚乃ちゃんも目立つ場面が多く、
少年ルドルフを演じる蘭世惠翔くんも
にこにこ踊って目をひく。

やっぱり、月組さんが好き。
若手が活躍する舞台が好き。

2018.06.15

宝塚雪組公演で組織の相乗効果について考える

宝塚雪組公演「凱旋門」を見る。

雪組は大好きな朝美絢さん(あーさくん)の
バウホール公演以来で、
  関連記事:「宝塚の若手公演で、組織の人材育成を考える」(2018.04.02)

開演前にパンフレットを開きながら
彩凪翔さんファンの先輩に生徒さん情報を
教えてもらう。


「凱旋門」は
専科の轟さんと、
望海風斗さん、真彩希帆さんのコンビが
歌も芝居も安定感がある方ばかりで、
どっしりとした感じで進んでいく。

ファンとしては、あーさくんの出番が多く、
負傷で足をずっとひきずっているお役でも、
さわやかで初々しくて、うれしい配役。

けれど、2番手の彩風咲奈さんが
あまりに見せ場がないお役で、
なぜこの配役なのだろうと不思議に思う。

Yuki

「Gato Bonito!!」はパワフルなラテンで、
若手スターさんにも見せ場があって、
目が足りなくて楽しい。
藤井大介先生ならではの、
男役スターさんの女装?設定があり、
美形でスタイルがいい男役さんたちが
セクシーに踊る。

真彩希帆さんは、
男役2番手?と思うくらいガンガン踊り、
だいもんさんと組む場面でも、
気持ちいいくらいがっつり踊る。

そっと寄り添って男役さんを立てる娘役芸は
得意なタイプではないと言われているけれど、
だいもんさんの横には、
可憐な娘役さんは似合わなさそうだし、
刺激し合うように歌い踊る姿を見ていると、
とってもお似合いだと思う。

コンビを組むほうが個々に活動するよりも
よいところが引き出されて魅力的に見える。
相性、相乗効果というのは
こういうことなのだろうなぁと思う。

きっと、組織やチームでも同じ。
チームの成果が最大になる組織づくりの
ヒントを見たように思う。

2018.06.14

ミュージカル版「1789」に号泣

ミュージカル「1789」を観る。

1789

私が一番好きな宝塚作品で、
初演の月組公演では
主人公のロナンを演じた龍真咲さんが
今回はマリーアントワネットのお役なので
早くからチケットをおさえて、今日を待った。
  関連記事:「宝塚月組「1789」で元気をもらう」(2015.04.26)

宝塚も数回観て、DVDも何度も観て、
ストーリーもよく知っているのに、
冒頭5分もたたないうちに、
ソレーヌのソニンさんの演技と声の豊かさに
感情をもっていかれて、涙があふれる。


豪華な衣装と大掛かりな舞台装置で
マリーアントワネットが登場すると、
龍真咲さんの美貌と高貴な表情、
美しいソプラノボイスに目をみはる。

宝塚時代は、セリフに独特の節回しが出る
個性的な役者さんだったのに、
透き通ったソプラノで歌うように話し、
癖が全くなく、涼風真世さんのような雰囲気。
歌はもちろん、難しさを全く感じさせず、
王女の高貴さと悲しみが伝わる。

1幕も2幕も、何度泣かされただろう。
なので、お友達にもすすめたい作品だけど、
1人でしか行けない(^^ゞ

2018.05.25

タカラジェンヌの場をつかむ対応力を学ぶ

2月に宝塚を退団されたばかりの
沙央くらまさん(コマさん)のセミナーに行く。
テーマの美容に興味があるわけではなく、
ただただコマさんを間近で見たかったから。

Komasan

  宝塚・元男役の沙央くらま、美容法伝授

私はコマさんのお芝居が大好きだった。
男役としても、ちょっと情けない優男から
志あふれる革命家、気品ある老人、
女役としても、美しすぎる侯爵夫人だったり、
はじけたコメディエンヌだったり、
幅広く演じ分けるコマさんに目を奪われた。


セミナー会場はファンで埋め尽くされ、
ロングスカート姿のコマさんが登場すると、
客席中が息を呑んで固まる。
司会の方がその意味がわからないでいると、
コマさん自ら、
「みなさん、私がスカートはいてるの、
 初めて見たんですよ。」とフォローする。

美しい姿勢を実演されるときも、
女性として意識を置くポイントを説明した後、
瞬時に、「男役の場合はね、」と
男役立ちで、男役声に切り替えて、
会場からは「きゃ~」と歓声が上がる。

ファン心理を心得た対応力、さすがだなぁ。
長年のファンがハートをつかまれるのも
当然でしょう。


美しさは真似できないけれど、
研修や講演で前に立つときに、
参加者が望んでいることを汲み取って
対応できる力は、真似したい。

2018.04.19

花總まりさんのカルメンを見る

昨年末、花總まりさんに魅せられて、
宝塚時代にも演じられたカルメンを
生で観たくて、「ロマーレ」に行く。

 関連記事:「レディベスの花總まりさんに魅せられる」(2017.12.06)

Romaleやはり、
花總まりさんの
カルメンは圧巻。

男性を翻弄し、
大口を開けて笑い、
時には荒れ狂う、
かなり激しいお役が
下品にならず、
ひたむきに生きる
女性として映る。

名役者さんとはいえ、
どこからこの役づくりが生まれるのだろう。


ストーリーは、宝塚の「激情」のほうが
引き込まれたけれど、
 関連記事:「月組「激情&Apasionado!! III」最高!」(2016.03.20)

脇を固める名役者さんの迫力もすごい。

ストーリーテラーで重要な役どころの
団時朗さんと福井晶一さんの
迫真の演技と歌が渋くてかっこいい。

ガルシアのKENTAROさんは
夢に出てきそうな強烈なビジュアルで、
中塚皓平さんの圧倒的なダンス力にも
目を奪われる。

あさこさん(瀬奈じゅんさん)のご主人の
千田真司さんも初めて見ることができた。
ダンサーズは常に動き続け、踊り続け、
とんでもない運動量をこなされる。


この後2ヶ月くらいは観劇予定がなくて
ちょっとさびしいけれど、
次の観劇を楽しみに、お仕事しまーす。

2018.04.08

トップスターさんのお茶会へ

宝塚宙組トップスター真風涼帆さんの
熱狂ファンのお友達のお誘いで、
お茶会に参加する。

真風さんのお茶会は2年ぶり2回め。
  関連記事:「シアター式のお茶会へ」(2016.08.11)

TeapartyTea2

目の前が通路というありがたいお席で、
入場から目の前を真風さんが通られる。

今回の舞台の裏話などを楽しく聴いた後、
全員が順番に並んで順番に握手する。
人数が多いので軽くタッチするくらいかなと
思っていたのに、
びっくりするくらいぎゅっと力を入れてくれる。

宝塚は、舞台でキラキラ輝くスターさんと
こうやってすぐ近くで会える機会がある。
これも人気の理由かな。


次の観劇まで少し期間があくので、
しばらくこれでがんばれそう。

2018.04.02

宝塚の若手公演で、組織の人材育成を考える

宝塚雪組「義経妖狐夢幻桜」を観る。

主演は、私が好きな月組から組替えした
あーさくん(朝美絢さん)。

Asa1Asa2

超美形のあーさくん演じるヨシツネは
お衣装もカラフルで華やかで、
時代劇ではなく、ロックファンタジー。

オープニングから輝くオーラがあふれ、
歌うまなあーさくんの見せ場がたっぷりで、
会場のど真ん中のお席をいただいたので、
強いメヂカラにひきつけられる。

永久輝せあさん演じる兄のヨリトモは
リーゼントでヤンキーのように登場され、
月組の龍真咲さんの「NOBUNAGA」を
思い出す。
冷酷で強いだけのヨリトモかと思いきや、
人望がなく情けない一面も表現され、
会場の笑いを誘う。

照明を効果的に使った舞台で、
ヨシツネとヨリトモの場面、
夢と現実の場面、を使い分ける。

中堅~若手の橘幸くん、縣千くんも
セリフや出番が多く大活躍で、
ベテランのまなはるさん(真那春人さん)、
久城あすさんたちが、
大胆な動きと落ち着いた演技で引き締める。


若手主演公演は、
主演、2番手さんも大きな役割に輝き、
本公演ではあまり役がつかない下級生が
貴重なチャンスに思い切って勢いよく動き、
中堅やベテランが支えるという
チーム力の美しさを感じられるところが
何よりの醍醐味。

役割が人を育てると言われるように、
企業の人材育成にも応用できる。
育てたい人にチャンスを与えて、
成功体験を積めるように、周りが盛り立てる。
頭ではわかっていても、なかなか難しい。

宝塚でも、脇役に配置された方はきっと
複雑な思いはあるはずだけど、
舞台では、お客さまに喜んでもらうため、
共通の目的のために全力を尽くす。

観劇中は、
あーさくんかっこいい!と目をハートにして
舞台に心をもっていかれつつ、
帰り道では、
こういうところをお仕事の人材育成に
活かせたらと思いをはせる。

Mokuren

花のみちには桜もまだ残っているけれど、
濃いピンクのモクレンが目に留まる。
亡き祖父が好きだったお花。

2018.03.30

「ジキル&ハイド」とシステムコーチング

Jekyll「ジキル&ハイド」を
観る。

解離性同一性障害を
題材とした原作は
心理学の講義でも
習っていたので、
1人の役者さんが
リアルの舞台で
どう演じ分けるのか、
興味を持った。

主演は、石丸幹二さん。
圧倒的な存在感と歌唱力に息を呑む。
特に終盤、
ジキルとハイドをワンフレーズごとに
切り替えながら葛藤を表現する場面は、
観ている私も呼吸を忘れそうになるほど
引き込まれる。

これまで他のミュージカルで観て大好きな
宮澤エマさん、田代万里生さん、
福井貴一さんなど、実力派揃いの舞台で、
目にも耳にもぜいたくな作品。

この作品のヒロインは、
宮澤エマさん演じるフィアンセではなく、
笹本玲奈さんが演じる娼婦ルーシー。
この2人の対比が鮮やかで、
2人だけで歌い上げる歌も大迫力で切ない。

宝塚ファンの私は、
七瀬りりこさんの美声のソロを少し聴き、
美麗さんも美しいお姿で熱演されていて、
卒業された方のご活躍を見るのもうれしい。


誰の心にもある善と悪。
悪い心を消し去ることができないのなら、
外からは完全に善人にしか見えない人の
悪の部分はどこにいってしまうのだろう。

そんなことを、
大学時代に河合隼雄先生の講義で
聴き、話し合い、考えたのを思い出す。
河合先生は、光が強すぎると影も濃くなり、
自分ではなく、
家族の誰かが引き受けることも多いと
おっしゃって、家族療法の説明をされた。

今私がシステムコーチング(ORSC:
Organization & Relationship Systems
Coaching)や
ブリーフセラピーに惹かれるのは
つながっているのだなぁと
舞台を観た後に考えさせられる。

2018.03.20

ジェンヌさんのお隣で

久しぶりに3人で宝塚宙組を観る。

真風涼帆さんのトップお披露目公演。
真風さんを下級生時代から応援してきた
観劇仲間の友人は、
介護が忙しくなって観劇は久しぶりなので、
一緒に観られることが何よりうれしい。

Sora1Sora2

お芝居の「天は赤い河のほとり」は
原作漫画16巻を圧縮して、登場人物が多く、
ストーリーを追うのが忙しい。

二番手のキキちゃん(芹香斗亜さん)は
なぜ今さら組替え?と思っていたけれど、
真風さんとの並びがバランスがよくて、
見映えが美しい。

真風さんファンの私たちは、
ほぼ真風さんのかっこよさしか目に入らない
とはいえ、やはり私は若手を見てしまう。

若手で一番目立つのは、
101期生のあられちゃん(愛海ひかるさん)。
昨年の巴里祭にも最下で出ていた方。

部下役の蒼羽りくちゃん、和希そらくんは
言うまでもなくかっこよく、
きよちゃん(優希しおんさん)も重要なお役。


ショーはこれぞ宙組な「シトラスの風」。
再演の場面は、誰がどう踊られるのか、
新しい場面は、新鮮な気持ちで楽しむ。

すっしー組長(寿つかささん)の新場面の、
真風さんがお衣装も動きもかっこよくて、
宙組ダンサーズからも目が離せない。
といっても、私が好きな、
りくちゃん、そらくん、きよちゃんがいるから
だけかもしれないけれど。


友人との観劇は、
幕間にキャーキャー言えて、とても楽しい。

それ以上に、私の今日の最大のトピックは、
お隣の席にジェンヌさんが座られたこと。
星組のジェンヌさん数名が入ってこられて、
そのうちお1人だけが、他の方たちと離れて、
私の隣の席に座られた。

すらっとして、美しい顔立ちの男役さんで、
思わず隣の私まで背筋が伸びる。
男役さんらしく美しく観劇されていたけれど、
ショーのオープニングは一瞬女の子に戻り、
両手を胸の前で合わせてキラキラされていて、
かわいらしい。

私は星組をあまり観なくてどなたかわからず、
後で調べると、101期の夕陽真輝さん。
こういう出会いがあると、応援したくなる。

星組、観に行こうかな。

2018.02.27

宝塚新人公演の一瞬にかける情熱に感動する

Sinko宝塚月組
「カンパニー」の
新人公演を観る。

新公初主演の
風間柚乃さんは、
「グランドホテル」の
新公でも難役の
オットーを見事に
演じ切り、
「All for One」では
本公演でも
物語を左右する重要なジョルジュの
まっすぐな青年を初々しく演じ、
新公では悪役ベルナルドをかっこよく演じ、
ダンスもお芝居も定評のある役者さん。

今回も、真面目なサラリーマンを若々しく
さわやかに演じられていて、
1人で銀橋を渡る姿も堂々とされている。

夏目雅子さんの姪御さんとして注目され、
プレッシャーもあったかもしれないけれど、
そんな肩書は必要ないほど実力で光る方。


下級生の初主演の脇を固める先輩たちも
すばらしい演技で盛り立てる。

いつのまにか新公の長になっている
ありちゃん(暁千星さん)も、
偉そうな役員の場面と落ちぶれた場面を
極端に演じ分ける楽しさが伝わってくる。
本公演では、かわいい青年だったり、
ショーでは研1さんですか?と思うくらい
あどけない子どもを演じていたり、
私はありちゃんの演技と声が大好きなので、
またセンターに立つありちゃんを観たい。

妃純凛さんの低音すぎるマダムぷりも、
周旺真広さんの安定したおじさまぶりも、
蘭尚樹くんも案外おじさまが似合ったし、
蘭世惠翔さんも期待どおりの突き抜けた
コメディエンヌぶりもかわいらしくて、
月組の演技の層の厚さを感じてうれしい。

この作品から女役に転向して話題になった
天紫珠李さんは、姫役者的なお嬢さま役を
前から娘役さんだった?と思うくらい自然に、
さわやかな微笑みをたたえて演じる。
背が高いけれど、これからヒロインの場面が
増えるのかなぁ。楽しみ。

アイドルグループのメンバーは研1生も多く、
にこにこと活き活きと一瞬一瞬の動きに
躍動感があって、微笑ましい。
お知り合いのお知り合い(^^)の瑠皇りあくんは
目鼻立ちも大きくて、目を引く。


本公演ではあまり感情移入しなかったのに、
新人公演ではなんでもないような場面で
つい涙ぐんでしまう。

やっぱり私は、
たった1回きりの公演の大チャンスに
大役をもらったスター候補生の方も、
初めて役名があるお役、初めてのセリフ、
ワンフレーズのソロをもらって
そこに全身全霊をかけてチャレンジされる
新公が好きなんだなぁ。

貴重なチケットを手配していただいた
お知り合いの方にも大感謝します。

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ


  • blogramで人気ブログを分析
無料ブログはココログ