宝塚・観劇

2020.07.31

はいからさんを涙で見上げる

5ヶ月ぶりの宝塚。

休演中、チケットを何枚か無駄にしたこともあり、
観劇できる日が待ち遠しくて待ち遠しくて、
開演アナウンスが流れただけで、涙が出そうです。

しかも、手にしたチケットはSS席2列めセンターで、
1列めが封鎖されているので実質最前列で、
タイトルバックにちりばめられた原作漫画の
細かいセリフまで読めます。

Haikara1

「はいからさんが通る」は
柚香光さん(かれーちゃん)、華優希さんの
花組新トップコンビお披露目公演で、
2017年に同じコンビで外箱で上演された再演ですが、
お2人にぴったりの作品で、初々しさがあります。

華ちゃんの花村紅緒はどこから見てもかわいらしくて
かれーちゃんは美しく、かっこよくて、
お役ではなく、そのままのお2人を見ているようで
客席で自然に頬が緩みます。


大好きな瀬戸かずやさん(あきらさん)の青江冬星も
他の方が演じたら似合わなそうな鬘とキャラクターが
なぜかぴったりはまって、かっこよささえ感じます。

美穂圭子さんのお上品でかわいらしいおばあちゃまも
とっても素敵で、魅了されました。

Haikara2 Haikara3

Akirasan

銀橋で、手が届きそうな距離で、
かれーちゃんとあきらさんのお2人のお芝居、
かれーちゃんと華ちゃんの幸せそうなやりとりに
放心状態で見上げていました。

おそらく口をぽかんとあけて観ていた気がするので、
マスクをしていてよかった、かもしれません。


やはり生の舞台は幸せです。

公演数も少なく、お席も感覚を開けて半分で、
チケットも1人1枚しか買えませんが、
公演再開してくださったことに感謝します。

早く、友人と一緒にきゃーきゃー言いながら
観劇できる日がくることを心待ちにしています。

2020.05.31

宝塚の背景でオンラインのテンションUP

Points of Youの先輩コーチの
オンラインワークショップを受けました。

使うツールは同じでも、
出会うカードが違い、話すメンバーが違うと、
毎回、今の自分に必要な発見があります。

Potential

内容も素晴らしかったのですが、
オンラインの環境でうれしいことがありました。

それは、
自分が選んだカードをオンラインで見せるのに
セカンドカメラをうまく切り替えて使えたことと、
宝塚大劇場の画像を背景にして参加できたことです。

かなりテンションが上がり、積極的に参加できました。

Haikei1 Haikei2

自分が講師やファシリテーションをするときは、
趣味の背景を使うのは難しいですが、
参加するときの楽しみが増えました。

2020.04.26

華やかさと温かさを受け取る

お誕生日プレゼントに、
宝塚のステージアルバムのムックをいただきました。
2019年の本公演、新人公演、他の劇場公演などの
舞台写真がたっぷり掲載された写真集です。

Album

今年は自粛ムードなのでなんとなく、
Facebookなどでも誕生日を非公開にしているのに、
覚えてくださっていることにまず感激し、

「宝塚ビタミンがそろそろ不足してきていると
 思いますので、それで補充していただけたら」
というメッセージが、じわ~っと響きます。

何度も何度もページをめくって眺めながら、
観劇できないさびしさを癒します。
ありがとうございます。

2020.04.03

はいからさんが通らなかった……

はいからさんが通らなかった……

新型ウイルスの影響で、
宝塚歌劇公演の中止期間が何度も何度も延長され、
再開を心待ちにしていましたが、
とうとう、私が持っていたチケットも無効になって
しまいました。

Hanagumi

私も舞台を観られなくて残念ですが、
今回、3月13日に初日を迎えるはずだった花組公演
「はいからさんが通る」は、
新トップに就任される柚香光さん(カレーちゃん)と
華優希さんのトップコンビお披露目公演なのです。

大劇場で大きな羽根を背負って大階段を降りる姿を
大勢のファンが楽しみにしていますし、
ご本人の無念さを思うと、胸が痛みます。

私は、カレーちゃんと2番手の瀬戸かずやさんに
お2人が親子であり恋敵を演じた「ノクターン」で
すっかり心を奪われて、応援してきたので、
  関連記事:「ノクターンのカレーちゃんを満喫」(2014.06.22)

公演中止の案内は、お仕事のキャンセル以上に
ショックを受けています。

私はもう観られませんが、
せめて数日だけでも、幕が上がることを祈ります。
そしてまた、私たちが心置きなく観劇できることを
心待ちにしています。

2020.02.15

フレッシュな宝塚星組「眩耀の谷」を観る

宝塚星組「眩耀の谷」「Ray」を観る。

礼真琴さんと舞空瞳さん(なこちゃん)のトップコンビ
お披露目公演で、
外箱の若手公演かと思うほど初々しさにあふれる。
Hoshi1 Hoshi2
支える上級生さんたちが力強く存在感を発揮する。

宙組→専科から星組2番手に組替えされた
愛月ひかるさん(愛ちゃん)が、
こんなに迫力のある役者さんだった?と思うほど
渋い演技で悪役を演じ切る。
スタイルがいいので、将軍の貫禄たっぷり。

瀬央ゆりあさん(せおっち)も、おいしいお役で
同期の礼真琴さんと渡り合う。

有沙瞳さん(くらっち)は美しい声で語り部を務める。

ひろ香祐さん(ヒーロー)や
綺城ひか理さん(あかちゃん)も目立つお役。

ショーでは、
オープニングのKAZUMI-BOY先生の振付がかっこよくて
礼真琴さんは、いくらダンサーとはいえ、
冒頭からそんなに踊って大丈夫?と思うくらい、
激しいダンスで魅せてくれる。

愛ちゃんがセンターのハットの場面は、
何度も観たくなるほどかっこよく、
なこちゃんも勇ましく踊られる。

客席降りは、
感染対策でハイタッチはなくなったけれど、
その分、スターさんが客席に笑顔を振りまいてくれて、
すぐそばで、ひろ香祐さんが指差しつきで目線を
バチっともらえてうれしい。

星組は最近あまり見ていなかったけれど、
次回はロミオとジュリエット、また観に来たい。

2020.01.19

宝塚雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」を観る

お世話になっている方がチケットを探してくださって、
宝塚雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」を観る。

映画版は残酷なシーンも多く暗い印象を受けたけれど、
さすが宝塚版、華やかな演出と歌で彩られる。

Yuki1_20200123234901 Yuki2_20200123234901
望海風斗さん(だいもんさん)も真彩希帆さんも
子ども時代をのびやかに演じ、
彩海せらさん(あみちゃん)のかわいらしさが
キラキラと光る。

青年時代は、
久々に女役を演じる朝美絢さん(あーさくん)が
前評判どおりに美しい。
けれど、晩年のサナトリウムの場面の薄化粧のほうが
美しさがより際立って、はっとさせられた。

オープニングとフィナーレは、
あーさくんと彩凪翔さんのかっこよく踊られて
目が離せない。

阪急交通社の貸切公演だったので、
始まる前と幕間、終わった後に、
宝塚出身の達つかささんが司会をされる。

パンツスーツの立ち姿は、
脚が1本しかない?と思うほど細くて美しい。
あんなふうに立てたらいいなぁと見とれてしまう。

現役時代は見ていなくて、初めて知った方だけど、
今の宙組組長の寿つかささんの妹さんらしい。
ご姉妹で同じ芸名なのね。

2020.01.08

宝塚版「マスカレード・ホテル」で夢見心地

なんてかっこいいのでしょう。。。

瀬戸かずやさん(あきらさん)主演の
宝塚花組「マスカレード・ホテル」を観る。

Hana1 Hana2

あきらさんの低音の開演ご挨拶の声、立ち姿、
歌、表情、手の角度、立ち振る舞い、まなざし、
娘役さんのエスコート・・・

何もかもがかっこよすぎて
同じ女性、同じ人間とはとても思えないダンディさに
すっかり夢見心地。

ヒロインの朝月希和ちゃん(ひらめちゃん)も、
セリフの声も歌声も美しく、
長セリフであきらさんとかけあう凛々しい演技から
ラストの美しいドレス姿まで見せ場がたっぷり。

Hana3 Hana4

飛龍つかさくんは元気な2番手役で跳ねまわり、
フィナーレでもセンターで歌い踊る。

高翔みず希組長は映画版そっくりの役作りで、
若手の侑輝大弥くん、珀斗星来くんも
見応えのある大活躍。

そして、なんといっても、音くり寿ちゃん。
あれは誰?と思うほどの変身ぶりで、
声も表情も何種類も使い分けて感情を表現し、
同情しそうになるほど圧倒される。
フィナーレでは可憐な娘役さんらしい場面もあって、
うますぎるカゲソロも聴けた。

これは、宝塚を観たことがない方もはまりそう。
早くも、今年1番の舞台かも、と思ってしまう。

客席には、望海風斗さん、真彩希帆さんをはじめ、
雪組さんが大勢来られていて、華やか。
舞台では大きく見えるスターさんたちは、
実際には華奢でお顔が小さ~い。

2020.01.05

初春大歌舞伎で華やかな笑いに包まれる

壽初春大歌舞伎に行く。
Kabuki
中村壱太郎さんのファンなので、
数年前に観た「義経千本桜」の静御前の美しさを
もう一度観たくて、夜の部を観る。

姫を演じる中村壱太郎さんは艶やかで、
所作やしぐさ、指先まで美しい。
源義経の秀太郎さんを見上げるしぐさが可憐で、
男性であることを忘れてしまう。

源九郎狐の愛之助さんは、
猿之助さんの軽快さには及ばない気がするけれど、
声の使い分けや手の仕草でお見事に狐を表現され、
40代後半で舞台を飛び跳ね動き回り続けるのは
どれだけ鍛えているのだろうと、目を見張る。
昼の部でも大役を務めているのに、すばらしい。

ロビーには、奥さまの藤原紀香さんもいらっしゃった。

「夕霧名残の正月」は
鴈治郎さん扇雀さん兄弟の息がぴったりで、
セリフがない舞を、飽きさせずに見ていられる。

「大當り伏見の富くじ」は、
現代風のドタバタコメディで、
スポットライトや効果音、アドリブやギャグ満載で
お正月らしい笑いで客席が包まれる。

幸四郎さんはオープニングから客席に語りかけながら
笑いを巻き起こし、
壱太郎さんのけなげな美しさは目の保養になり、
虎之介さんの女役もかわいらしい。

鴈治郎さんが太夫?と、存在感に圧倒されるけれど、
そこがこのお芝居の見どころで、
終盤で、猿弥さんとキスシーンがあり、

猿弥さんが真っ赤な口紅の後をつけながら、
「なんでほんまにキスしたん」「ほんまにせんでも」と
ぶつぶつボヤきながら花道をはけていかれたのは
お約束のセリフ?
今日のハプニングかアドリブ?
細かいところまで笑いがちりばめられていた。

通常は歌舞伎ではカーテンコールはしないのに、
壱太郎さん率いる娘役3人が歌と踊りで花道から登場し、
宝塚の大階段みたいに、次々と役者さんが登場され、
最後に主演の幸四郎さんが登場されるという、
フィナーレがあって華やかで楽しかった。

2020.01.03

宝塚宙組「アクアヴィーテ」のTV放映でお年玉気分

午後、昨年宝塚大劇場で観てとても大好きだった
宙組のショー「アクアヴィーテ」が
NHK BSで放送されると知って、
外出をとりやめて、自宅でTV観劇に予定変更する。

前半はトーク場面もあったので、
少し落ち着いて、いっぱい写真も撮ってみた。

Sora1_20200105023601 Sora2_20200105023601
Sora3_20200105023601 Sora4
まどかちゃんをみる真風さんの優しい表情と
まどかちゃんのうれしそうな顔がかわいくて、
舞台では見られないほんわかした雰囲気に
ほわ~っと幸せな気分になる。

私が好きなショー、ベスト3には入る作品で、
また観られるなんて、お年玉をもらったみたい。

2019.12.30

カレンダーと門松でお正月準備

お友達から宝塚スターカレンダーが届く。

Calender

ステージカレンダーと並べて飾ると、
お部屋が一気に華やぐ。
  関連記事:「宝塚ステージカレンダーで写真の力に酔う」(2019.11.26)

1月の真風涼帆さんがあまりにもステキで、
きっと私のお部屋は1年中1月のままになる。
2020年もごきげんに過ごせそう。

Kadomatsu1 Kadomatsu2

自宅にはミニミニ門松を飾り、
実家には門松のアレンジメントを飾って、
歳神さまをお迎えする準備も整う。

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)
無料ブログはココログ