宝塚・観劇

2022.05.07

瀬戸かずやさんコンサートへ

昨夜は、元宝塚花組の瀬戸かずやさん(あきらさん)の
退団後初コンサート「The ALSTROEMERIA」へ。

Akirasan2_20220507235301 Akirasan1_20220507235301

その前に、あきらさんの大ファンの友人で、
東京も大阪も全日程制覇するために遠征されている
友人とのティータイムで、
見どころをたっぷり教えていただきました。

Parfait_20220507235301

あきらさんは変わらぬ美しさとかっこよさで、
前半のお芝居仕立てのショーも
後半のコンサートも、目が離せません。

女性として踊るアルゼンチンタンゴも美しくて、
ただ、メインダンサーの男性がもう少し長身のほうが
より女性らしい美しさが引き立ったのでは?と
感じる瞬間もありました。
それでも、男性にリフトされるあきらさんは
とっても新鮮に見えました。

そして、なぜかハプニング遭遇率が高い私、
今回もヒヤッとするハプニングがありました。
さすがあきらさん、それもさらけ出しながら、
かっこよく立て直されました。
この潔さ、さすが「花組のアニキ」です。
こういうスターさんのあり方も、人としてのあり方、
宝塚には学びが詰まっています。

元雪組の名ダンサー笙乃茅桜さんの、
全く無駄のない動き、スタイル、
しなやかで美しいシルエットにも釘づけです。

Akirasan3_20220507235301

終演後は、初演出された安寿ミラさん(ANJUさん)と
アフタートークショーのある回でした。
お美しくてかっこいい上級生のANJUさんの前では、
下級生モードになるあきらさん、
ステージとは違う一面を観られてうれしいです。

トークの中で、
職業柄、コーチとしての耳が立ってしまったのは、

宝塚では、与えられた大きな役割やテーマに
ひたすら挑戦し続ける毎日だったので、
退団後に、何をしたいのかわからなくなって、
とまどったというお話です。
実はこれは他のジェンヌさんたちも、SNSなどで
見聞きしたことがあります。
宝塚ファンとしては、
華やかな世界で活躍されたスターさんだからこそ、
セカンドキャリアをサポートできる方がいれば
いいのになぁと、勝手ながら願ってしまいます。

2022.04.24

「next to normal」

ミュージカル「next to normal」を観ました。

双極性障害を題材にした重いテーマで、
キャストが超歌うまさん揃いで、
6人しかいないとは信じられないほど重厚な歌で
ストーリーが展開していきます。
大げさな演出で、笑いもちりばめられていたのが
救いでした。

Ntn

主演の安蘭けいさん(とうこさん)がめあてですが、
歌も存在感もすばらしさは言うまでもなく、
脚のお美しさにも釘付けでした。

海宝直人さんも歌のうまさは知っていましたが、
骨太なお芝居もステキでした。

関西公演の千秋楽で、カーテンコールでは
キャストのみなさんが「一言」と言いながら、
「早口で話すのでしゃべっていいですか?」と
たくさん話されたのがうれしかったです。

Ntn1 Ntn2

歌うまさんでなければ成り立たない舞台、
何がふつうで、何がnext to normalなのか、
考えさせられる作品でした。

2022.04.21

舞台版「千と千尋の神隠し」に圧倒される

舞台版の「千と千尋の神隠し」を観ました。
ジブリ作品の中で私が一番好きな作品で、
DVDでも何度も観ています。

Sen

これを舞台でどう表現するのだろうという興味と、
宝塚で大好きだった咲妃みゆちゃんが
お母さんとリンの二役で出演されるので、
ずっと楽しみにしていました。

Miyuchan1 Miyuchan2

キャストのみなさまもすばらしいですが、
舞台装置、ダンサーの動きで表現される場面転換が
壮大なスケールでした。
前から4列めのお席で、キャストのみなさまが
飛び込んできそうなほど迫力がありました。

橋本環奈ちゃんは千尋、千にぴったりの名演で、
広い油屋の世界を表現するために、
舞台を端から端まで何往復も、走る、走る、走る!
どんどん応援したくなる気持ちに誘い込まれます。

そして、映画版と同じく、ハクさまがかっこいい。
この日のキャストは、三浦宏規 さん。
クールなイケメンなハクさまでした。

Chihiro Haku

カオナシ は名ダンサーの菅原小春 さん。
ずっとお面をつけているのに、ちょっとした動きで
表情や感情が伝わってきました。

釜爺は橋本さとしさん。
あの独特の手足は、5人がかりで演じているそうです。

アニメ版でも湯婆婆、銭婆を演じらた夏木マリさんは、
声が同じなので、アニメそのもの世界でした。

2022.04.17

人生初のOSK観劇

東京から遠征に来られている友人のお誘いで、
人生初のOSK日本歌劇団のライブを観ました。

男役の翼和希さん、娘役の千咲えみさん、渚美怜さんの
3人のショーで、
40席くらいの小さな会場の最前列のお席だったので、
舞台が近い!

宝塚観劇の癖でオペラグラスを持っていましたが、
全く不要でした。
マイクもいらないと思うくらいの距離でした。

Osk1 Osk2

渚美怜さんがかわいらしくて、
立ち姿や所作も美しくてステキだなぁと思ったら、
なんと今日で退団だそうです。
千咲えみさんは娘役トップスターさんだそうですが、
立ち方がちょっと残念です。

といっても、
今までの私ならそんなことには気づきませんでしたが、
昨日まで元タカラジェンヌのくれゆかさんの講座で
品格のある立ち振る舞いについて学んでいたので、
まだ自分は全然できなくても、そういうところに
目が向くようになりました。

OSKのステージで一番びっくりしたのは、
途中のミニトークコーナーが撮影OKだったこと。
トークしながらなので、
なかなか3人のお顔が揃う瞬間を狙うのは難しいですが、
撮影タイムがあるのはうれしいです。
SNS投稿も大丈夫だなんて、太っ腹です。

Maccha1 Maccha2

貴重な体験を楽しんだ後は、友人とお茶。
友人が頼んだ「笑みがこぼれるモンブラン」は、
絞るところを見学させてもらえました。
先日私が梅田店で食べたときにはなかったサービスで、
目の前で見られて大満足です。
  関連記事「観劇とスイーツの贅沢」(2022.04.01)

私が頼んだ「桜香る抹茶ぜんざい」も
あっさりしていて美味でした。

2022.04.16

元タカラジェンヌさんから品格を学ぶ

なんということでしょう。

宝塚歌劇団のポスターやプログラムの表紙なども
手がけられているメイクアップアーティストの
CHIHARUさんにメイクをしていただくという、
夢のような体験をしました。
何が起こっているの?と信じられない思いです。

決してヅカメイクではなく(笑)、
ふだん全くメイクをしない私には、
あまり急に変わらないようにナチュラルに、
それでいて華やかに、
「CHIHARUマジック」をかけてくださいました。

Chiharusan

約4か月間、元タカラジェンヌのくれゆかさんの
品格ある美しい立ち振る舞いなどを学ぶための
「アントレジェンヌ」の講座に参加していて、
今日はその修了式です。
その朝に、CHIHARUさんにメイクをしていただいて
最終プレゼンテーションに臨むという演出です。

宝塚ホテルでランチを楽しんだ後、
お部屋を暗くして、舞台に上がって、
ピンスポットを当てていただいてスピーチをする、
これもまためったにできない貴重な体験です。

Mako_20220508004801 Yukasan

暗い中で1人でピンスポットを浴びてみると、
私のスイッチが入ったようで、
準備していた内容ではスケールが小さい気がして、
その場でガラッと内容を変えて、
夢と思いのたけを熱をこめて語りました。

最後には修了証と深紅のバラ1輪をいただいて、
共に学んだお仲間と記念撮影して完了しました。

Member_20220508004801

起業やマナーは日ごろは私も教える側ですが、
ビジネスマナーとは違った観点から、
エレガントに見える姿勢や立ち方、身体の使い方
などを学ぶことはとても新鮮でした。
身体を動かすのは苦手なので、習ったことは
まだまだマスターできていませんが、
これから少しでも活かせるように精進します。

宝塚ホテルのランチも、記念に写真を載せます。

Lunch1_20220508004801 Lunch2_20220508004801

Lunch3_20220508004801 Lunch4_20220508004801

Lunch5_20220508004801 Lunch6

2022.04.14

宝塚ホテルの雰囲気を楽しむ

宝塚大劇場……に隣接する宝塚ホテルへ
関東から来られている方を訪ねました。

Hotel1_20220429233001 Hotel2_20220429233001

大劇場のロビーのような階段があり、
トップスターさんのパネルも飾られていて、
トイレの案内のピクトグラムもドレス風で、
夢の世界の続きにいるようです。

Panel Pict

宝塚ホテルが新しくなってから宿泊していませんが、
ご厚意できれいなお部屋も少し見せていただく
ことができました。
観劇とセットで泊りたいです。

2022.04.03

満開の桜と宝塚

2か月ぶりの宝塚大劇場。
花のみちの桜も満開で、なかなか絵になる写真が
とれたような気がします。

Takarazuka_20220410212301

演目は、雪組「夢介千両みやげ」「Sensational!」

お芝居は、友人に松竹新喜劇みたいと聞いていたのが
なるほどと思えるような演目ですが、
放蕩息子を演じるあーさくん(朝美絢さん)の
「なんせ、この顔、この器量、モテてモテて」と
繰り返すセリフが自然すぎて、おもしろかったです。

組替えされた和希そらくんと、夢白あやちゃんの
元宙組カップルがかわいらしくてお似合いでした。

Yuki1_20220410212301 Yuki2_20220410212301

ショーは、さすが中村B先生。
組子ひとりひとりに見せ場があって、
和希そらくんお披露目ショーですか?と思うほどの
そらくんご活躍で、ファンにはうれしいです。

Sorakun Ayachan

そして、今回でまさかの退団の綾凰華さんが
かなりフィーチャーされていて、泣けます。
銀橋でソロで歌う歌詞が……
(書きたいけど、ネタバレしないよう内緒です)

朝月希和ちゃんは迫力があってかっこよく、
大好きな夢白あやちゃんも可憐で大活躍で、
娘役の場面も華やかで見ごたえありました。

2022.04.01

観劇とスイーツの贅沢

宝塚花組 「TOP HAT」の2回めの観劇。

今回のお席は2階の前方で、
上から見ると、ビシっと揃ったダンスがステキで、
柚香光さん(かれーちゃん)のステップも細かく見えて、
星風まどかちゃんのスカートが美しい円を描いていて、
1階席とは違う楽しみ方ができました。

Tophat

終演後はお友達と和カフェへ。
一緒に見たばかりの舞台の感想を語り合えるのは
やっぱり幸せです。

「笑みがこぼれるモンブラン」という
かわいいネーミングのスイーツもおいしかったです。

Maccha

2回観てもまだ目が足りません。
チケットと時間があれば、もっと観たいです。

2022.03.23

念願の宝塚花組 「TOP HAT」

念願の宝塚花組 「TOP HAT」を観劇しました。
初演のときも感動して、
これ、かれーちゃん(柚香光さん)で観たい!と
ずっと願っていた作品です。

Tophat1

Tophat2 Tophat3

とにかく柚香光さんがすばらしくて、
ダンスも声の渋さもお芝居も歌も、
アテ書きかとしか思えないほどお似合いでした。
初演ではなかったオーバーチュアが追加されていて
かれーちゃんのダンスをたっぷり堪能しました。

星風まどかちゃんの色っぽいお芝居が新鮮です。
コミカルな掛け合いもダンスも歌も魅力的でした。
イースタープレゼントの日だったらしく、
入口でまどかちゃんのカードをいただきました。

Tophat4 Tophat5

大好きなまゆぽん(輝月ゆうまさん)の
ベイツはさすがの芝居力で、
かれーちゃん、マイティ(水美舞斗さん)との
95期さんが3人並ぶ場面がうれしかったです。
美声&歌うまさんなので、まゆぽんの歌も
聴きたかったです。

かれーちゃんとマイティのお芝居の息もぴったりで、
ずっとこのコンビを観ていたいです。

初演では愛ちゃん(愛月ひかるさん)が演じられた
難しいお役のほってぃ(帆純まひろさん)は
殻を破るはじけっぷりで楽しかったです。

あっという間の時間。
もう一度観劇できるので、
次回は全体を細かく観てこようと思います。

2022.03.20

2ヶ月ぶりの観劇「カーテンズ」で心を満たす

ミュージカル「カーテンズ」を観ました。

先月は宝塚の休演で3回分の観劇が飛んだので
2ヶ月ぶりに心の栄養補給ができました。

Curtains

私が初めて観たときの月組トップスターだった
瀬奈じゅんさんは、
美しくてチャーミングでかっこいいお役でした。
手の角度、顎の角度、足の位置、振り向き目線、
どれもすばらしくて、オペラグラスが離せません。

演出&主演の城田優さんはいうまでもなくステキで
コメディセンスがすばらしくて、
何度もくすっと笑わせられました。
エリザベートのパロディ的な場面では、
「闇が広がる」 を少し歌われて、
そこに瀬奈じゅんさんが一瞬かぶせて歌われて、
冒頭からぞくぞくして、ひきこまれました。

Senasan Shirotasan

ストーリーはミステリーなので伏せますが、
犯人はたぶんすぐに分かります(笑)

開演前アナウンスも、城田優さんが役柄に合わせて
おもしろくおっしゃっていて、わくわくしました。

やっぱり観劇最高です。

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)
無料ブログはココログ