最近のトラックバック

宝塚・観劇

2019.10.13

宝塚月組「I AM FROM AUSTRIA」

宝塚月組「I AM FROM AUSTRIA」を観る。
Moon1_20191016230201 Moon2_20191016230201

Moon3_20191016230201

トップ娘役の美園さくらさんが本領発揮で、
地声から高音まで広い音域の難しい楽曲を歌い上げる。
さくさくは、姫よりもこういう気の強い女性が似合う。

怪我から復帰したれいこちゃん(月城かなとさん)は
奇抜な色のスーツ姿でも無駄にかっこよく、
悪役なのに味方してしまいたくなる。

ここ数作は代役続きで重厚なお役が続いていた
おだちん(風間柚乃ちゃん)は、
どんくさい頼りない役で、下級生らしくてほっとする。

私が好きなありちゃん(暁千星さん)は
筋肉もりもりの弾けた役を楽しんで演じていて、
終盤は、おだちんとのアドリブの動きに遊びが大きくて
何とも言えず、かわいらしい。
「カンパニー」のときも、れいこちゃんと遊んでいたし、
ありちゃんの自由人な魅力も大好き。

場面ごとに差し込まれるダンスシーンは
ギリギリ(朝霧真さん)、かのんちゃん(彩音星凪くん)、
ダンサーたちがかっこよく、隅々まで目が足りない。
今回から娘役に転向した蘭世惠翔くん(ちゃん?)も
くりくりしたお目目で目を惹く。

フィナーレの客席降りでは、
やすくん(佳城葵さん)とからんちゃんがすぐ近くで、
やすくんをずっと見ていたら、
通路から3番めのお席なのに、指さしと目線をもらう。
「The KINGDOM」以降、やすくんのコメディぶりが
大好きなので、目線をもらえてとてもうれしい。

パレードのWトリオでも蘭世惠翔ちゃんは華やかで
にこにこしていて目立つ。

新人公演も楽しみ。

2019.09.15

宝塚宙組バウ公演で若手スターに魅せられる

宝塚宙組もえこちゃん(瑠風輝さん)主演の
「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」を観る。

ストーリーは不思議な展開だけど、
もえこちゃんのスタイルのよさ、足の長さ、
歌のうまさが際立って、目にも耳にも優しい。

もえこちゃんの魅力は、前にも書いたけれど、
相手役さんや周りの人にしっかりアイコンタクトして、
組む娘役さんも男役さんも幸せそうな表情にさせる。

Moeko Kotty

2番手の風変わりな人物を生真面目に演じ切った
こってぃ(鷹翔千空さん)がますます気になる。

研1か2のころから気になっていたけれど
新公主演の経験の効果か、
堂々とした立ち振る舞いで安定感が増す。
まだ少し声が高さがのこるけれど、
この美しいたたずまいは、このままでいてほしい。

ヒロインの夢白あやちゃんは、
化粧映えするお顔立ちで、今回のお役に似合う。
トーク番組では表情も会話もそっけない方なのかなと
思っていたけれど、
舞台では男役さんに寄り添う娘役芸ができる方。

「天は赤い河のほとり」で目立っていた
あられちゃん(愛海ひかるさん)も、
久々に活き活き踊る大活躍が観られてうれしい。

若手スターたちの勢いを
専科の悠真倫さんが、
ユーモラスにどっしりとサポートされる。

やっぱり若手公演は楽しい。

2019.09.01

宝塚宙組全国ツアーで夢の世界

久しぶりに宝塚仲間3人で、
宙組全国ツアー「追憶のバルセロナ」「NICE GUY!!」を
観る。

Sora1 Sora2
「追憶のバルセロナ」は、
再演なのに当て書きのように絶妙な配役。

スペインものはダンスや音楽がステキで、
ずんちゃん(桜木みなとさん)が冒頭からソロで踊り、
いきなり物語の世界に引き込まれる。

シリアスな場面の中に時々ユーモアがちりばめられ、
和希そらくんや若手の惟吹優羽くんが
見事にタイミングを外しては笑いを巻き起こす。

真風さんのかっこよさは説明するまでもなく、
星風まどかちゃんのロマの女がキュートで、
真風さんまどかちゃんで、「激情」が観たくなる。

Sora3
「NICE GUY!!」は、
オープニングはまどかちゃんが踊り、
満を持して真風さんが登場するスタイルは、
私が好きなショー「アパショナード」と同じパターンで
始まりからわくわくする。

かっこいいシーンから一転して、
「すずほ」「まどか」と呼び合いながら喧嘩する場面は、
あまりのかわいらしさにきゅんきゅんしてしまう。
大人っぽい2人も、こんなにかわいい2人も観られて、
あまりに尊すぎる。

またまたお席運がよく、通路のすぐ後ろで、
途中で真風さんが通路を端から端まで横切られ、
だんだん近づいてこられて、目の前を通られるので、
私たち3人は呆然と見揚げて、幸せなため息をつく。

和希そらくんも大活躍だけど、
なぜか男役のまりなちゃん(七生眞希さん)と組む。
まりなちゃんの女役も美しくて好きだけど、
そこは娘役さんと踊ってほしかった(^^)

歌うまさんの活躍も多くて、
モンチ(星吹彩翔さん)やきゃのん(花音舞さん)の
ソロもたっぷり堪能できてうれしい。

2019.08.13

「チェ・ゲバラ」でお芝居の重厚感に浸る

宝塚「チェ・ゲバラ」で世界史の人物を学ぶ。

専科の轟悠さん主演と月組若手の公演で、
轟さんも月組も大好きな私には最高の組み合わせ。

Stage

轟さんがすばらしいのは言うまでもなく、
当初の配役の月城かなとさんが休演になり、
代打で2番手のフィデル・カストロを演じた
おだちん(風間柚乃さん)が落ち着いた渋い演技で、
約30期上の轟さんと堂々と渡り合っていたのが
すばらしすぎる。

目だけで芝居ができる名役者さんで
本公演や新人公演でも演技力や歌は定評があるし、
エリザベートでは美弥ちゃん休演の繰り上がりで
代役でルキーニを演じ、
武蔵でも代役で月城かなとさんのお役を演じ、
またとないチャンスに着実に結果を出されて、
1作1作力をつけられている。
まだ研5。これからが恐ろしいくらい楽しみ。

Ishisan Odachin

このお2人だけでなく、脇役や若手のお1人お1人が
活躍されていて目が離せない。

革命軍は全員の個性が立ってお髭のイケメン揃いで、
蒼真せれんくんは舞台の隅で立っている間も
怒りの表情と動きで渋い芝居をしているし、
瑠皇りあちゃんは美しい青年兵士で活き活きされ、
研1の2人も躍動感にあふれている。

蓮つかさくんは美声と美貌と力強い演技で
ストーリーの展開を握る大事な場面でお芝居を締め、
晴音アキさんは美声とスタイルのよさで美しく踊り、
このお2人の絶品デュエットが聴けたのもうれしい。
本公演でももっと歌ってほしい。

きよら羽龍ちゃんはあまりのかわいらしさに、
まゆぽん(輝月ゆうまさん)の弟と知っていても、
息子にしか見えなくて、
「弟が」とセリフのたびに毎回驚いてしまう。
歌もお芝居の声も美しく、新公ヒロインしてほしい。

ゲバラの妻の天紫珠李ちゃんは、さすが元男役。
轟さんとの場面ではかわいらしさを見せながらも、
勇ましい女性役を自然にかっこよく演じ、
銃を持って踊る姿もサマになる。

研1時代から気になっていた礼華はるちゃんが
大きな出番をもらっていて、
端正なお顔立ちだからこそ、
任務と私情の間で揺れる苦しさや切なさが見える。

これは何度でも観たくなると思うので、DVDが欲しい。

お席はまたもや神席。
通路の目の前で、今回は後方だなぁと思っていたら、
革命兵士たちが横一列に並び、通路でお芝居をされる。
目の前に蓮くんがしばらくとどまっていて、
美しいお顔を観ていられる幸せを味わう。

月組OTT組の方々も10名以上ご観劇で、
海ちゃん(海乃美月さん)など娘役さんがずらっと並び、
客席がとても華やか。
千海華蘭ちゃんのアドリブでは、
ちなつさん(鳳月杏さん)と紫門ゆりやくんが
いじられていた。

次の観劇まで2ヶ月くらい空きそうだけど、
これでしばらくがんばれそう。

2019.08.09

宝塚月組「ON THE TOWN」で夏休みを満喫

夏休みの至福の1日は、
お友達とランチからの宝塚月組「ON THE TOWN」

Lunch1_20190810034001 Lunch2_20190810034001

Lunch3_20190810034001

梅田芸術劇場の入口に大きな垂れ幕がかかっていて、
入る前からテンションが上がる。

Arichan

役替わりが発表される前にとったチケットは、
観たいほうのBパターンでラッキー。

大好きなありちゃん(暁千星さん)は
子どもっぽい役柄でかわいらしい役づくりなのに、
夢奈瑠音ちゃん演じるヒルディとの恋人役の場面で
時々見せるオラオラ系で活き活き演じていたり、
踊り出すと躍動感あふれて見応えがある。

組替えで戻ってきたちなつさん(鳳月杏さん)は
お芝居もフィナーレも濃くてびっくり。
セリフや動きのアドリブで、珠城りょうさんや
額縁の中の結愛かれんちゃんが笑いをこらえていて
微笑ましい。

お芝居でもフィナーレでも、
歌うまのつっちー(颯希有翔さん)のソロが聴けたり、
彩音星凪くん、甲海夏帆ちゃん、朝陽つばさくん、
蘭尚樹くんなどの若手が活き活き踊っていたり、
周旺真広くんの老け役がはまっていたり、
若手の活躍が観られるのが、小劇場の醍醐味。


1幕の途中で、客席で大声でヤジを飛ばす方がいて、
客席登場がいくつかカットされたり、
警備の方が待機されてものものしい雰囲気になって
しまったのが残念だったけれど、

通路席だったのでフィナーレを楽しみにしていたら、
ありちゃんにもちなつさんにもタッチしてもらえて
すっかりご機嫌で夢見心地で観劇を終える。

Sweets_20190810034001

2019.07.26

七月大歌舞伎で笑いと感動を楽しむ

七月大歌舞伎を観る。

Kabuki1 Kabuki2

「色気噺お伊勢帰り」は賑やかなコメディ。

途中、芝翫さんがセリフが飛ぶハプニングがあり、
花道の上で鴈治郎さんと芝翫さんが顔を見合わせて
グタグタになりながらやり直すところも大笑いで、
珍しいシーンを楽しむ。

なぜか私は
宝塚でも歌舞伎でも、ハプニングによく遭遇する。

大好きな壱太郎さんは、
芝翫さんにべた惚れの奥さん役で、
仕草も表情もかわいらしくブリッコモードではじける。


「厳島招檜扇」では、
我當さんはご高齢で声もあまり出なくても、
大きくそびえたつような設定で貫禄がある。

壱太郎さんの舞はため息がでるほど美しい。


「義経千本桜 渡海屋大物浦」は、
以前、松也さん、壱太郎さんで観たことを思い出す。
  関連記事:「二月花形歌舞伎」(2017.02.06)

長年の歌舞伎ファンの先輩方が、
同じ演目を違う演者で観るのがおもしろいと
おっしゃるのが少しわかった気がする。

仁左衛門さんの迫力は、さすが圧巻。
長丁番の最後のシーンも短く感じるほど魅了される。

Sweets_20190726225101

2019.06.13

宝塚雪組SS席の余韻に浸る

宝塚雪組「壬生義士伝」「Music Revolution!」を観る。

Yuki1 Yuki2 Yuki3

「壬生義士伝」は前評判通り、泣かせるお話。
私は歴史に弱くて、新選組の登場人物は知らないのに、
冒頭から胸が痛くなる場面が続いて、ひきつけられる。

ご一緒した先輩のご贔屓の土方歳三役の彩凪翔さんは、
立ち振る舞いが美しく、目線1つでお芝居が深まる。
私のお目当てのあーさくん(朝美絢さん)は、
斎藤一としてニコリともせず立ち振る舞う。

若手の縣千くん、眞ノ宮るいちゃん、彩海せらくんも
大活躍で、目が離せない。
綾凰華さんと朝月希和ちゃんの夫婦もかわいらしく、
芸者や学生で登場する星南のぞみさんも美しい。

ショー「Music Revolution!」は、
構成や振付がおしゃれで、
歌手もダンサーも持ち場で輝いて、目が足りない。

SS席を引き当てたので、
銀橋からスターさんが登場する瞬間から見えるし、
スターさんが近くて、幸せに浸る。

だいもんさん(望海風斗さん)と
同期のカチャさん(凪七瑠海さん)が
じゃれあうように絡むシーンも多くて、楽しい。
パンフレットの稽古場写真も和気あいあいとした
雰囲気が伝わってきて、なんだかほっとする。

Choco Mako_3

終演後は、幸せな余韻に浸りたくて、
公演スイーツを食べながら、場面を振り返る。

「宝塚っぽいよ」といただいたチョコレートは、
「すみれのはな」。
帰宅後も、さらに余韻に浸る。

2019.05.23

宝塚宙組「オーシャンズ11」に心を奪われる

真風涼帆さん大ファンのお友達と
宝塚宙組「オーシャンズ11」を観る。
Oceans1 Oceans2
オープニングから真風さんがかっこよすぎて、
長身イケメン揃いの男役さんがスーツで踊るシーンに
目が釘付けで、
再演でストーリーは知っているのに、
こんなにひきこまれるお話だった?と思うほど、
心をもっていかれる。

心待ちにしていた2幕の客席登場では、
センター通路席の私たちの真横を通られるので、
2年前の巴里祭以来の至近距離で真風さんを見上げる。
 関連記事:「宝塚「巴里祭」に息が止まる」(2017.06.26)

配役もすばらしくて、
ずんちゃん(桜木みなとさん)のベネディクトや
もえこちゃん(瑠風輝さん)のリヴィングストンは
今までにないお役で、思いきりチャレンジされていて、
いつもはキザ系がお得意な和希そらくんのライナスは、
頼りなく、舞台の隅っこでしゃがんで泣いていて、
役者さんたちの新たな一面を観られて、わくわくする。

まっぷー(松風輝さん)やすっしーさん(寿つかささん)の
おじさま(おじいさま)ぶりも安定のおもしろさで、
キヨちゃん(優希しおんくん)とこってぃ(鷹翔千空さん)は
身体能力の高さで思い切り弾ける。

モンチ(星吹彩翔さん)やあーちゃん(留依蒔世くん)の
歌うまさんには歌の見せ場があって、
下級生さんたちも大勢口の場面で活き活きされて、
動きがぴったり揃っている。

宙組のチームワークの高さを感じて、
きっとふだんからいい雰囲気なんだろうなぁと思う。
Lunch1_2 Lunch2_2

2019.05.19

「笑う男」の怪演に圧倒される

「笑う男」を観る。

宝塚月組で名ダンサーで渋い男役さんだった
宇月颯さん(としちゃん)がお目当て。
Toshichan

メインのお役も活き活き踊られていて、
あいかわらず誰より高くジャンプされる。
貴族の舞踏シーンでは、美しく背を反らし、
キラキラした表情で踊られて、
宝塚時代と同じく、どこにいても目をひく。

主演は浦田健治さんだけど、
山口祐一郎さんの存在感が際立ちすぎている。
特徴ある外見と強い口調のセリフや歌の場面も、
もの悲しくて切ない歌声も、
振り幅が大きくて目が離せない。
以前、観たときは調子が悪そうだったので、
本領発揮の熱演&怪演が見られてうれしい。
  関連記事:「涼風真世さん大迫力の「貴婦人の訪問」」(2015.08.08)

Yamaguchisan Maasama
まぁさま(朝夏まなとさん)も濃いお役で、
元男役さんならではのダイナミックさで
激しい女性を演じる。

宝塚時代に好きだったスターさんたちが
退団後もミュージカルで活躍されると、
見たい作品が増えすぎて、
スケジュールもお財布も忙しい。

2019.04.15

演劇人祭の宝塚場面を観る

1月に新橋演舞場で行われた演劇人祭がTVで放送され、
宝塚の現役スターさんたちの場面を観る。

専科のカチャさん(凪七瑠海さん)を中心に、
月組さんの若手メンバーが出演されていて、
大好きなありちゃん(暁千星さん)が2番手として、
芯の場面もソロもたっぷりあって、うれしい。

Arichan1 Arichan2

月組で大好きなショー「Apasionado!!」が
ありちゃんで見られるなんて、なんて幸せな。

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

他のアカウント

無料ブログはココログ