コーチング・コミュニケーション

2020.04.02

自分を主語にして考える

不安や不満を口にすると、最初は楽になりますが、
あまり言い続けると、感情がさらに増幅されて、
かえって疲れることがありませんか?

そんなときにおすすめの方法の1つをご紹介します。

「自分を主語にして」語ること。

日本では
「私は~」とあまり主語を明確に主張しないので、
ピンとこないかもしれませんね。

別の言い方をすると、
「○○に~してほしい」「○○は間違っている」と
国や会社、他の誰かのせいにするのではなく、

「私は~が悲しい」「私は~が許せない」
などと自分事にして、

「だから~する」「~したい」と考えることです。
Usagi
自粛が続いてストレスがたまっているせいか、
政府や政策を攻撃的に批判や揶揄する書き込みを
TwitterやFacebookなどでたくさん見かけます。

言いたくなる気持ちは、よくわかります。

私も最初にネットで布マスクの記事を見たときは、
エイプリルフールの風刺だと本気で思いました。

それでもやはり、
攻撃的な書き込みや暴言をあまり見ていると、
なんだか気持ちが疲れてきます。
おそらく、書き込んでいる方も、
気持ちは晴れないのではないでしょうか?

私は決して、
ネガティブな感情や発言を否定しているわけでは
ありません。

感情を我慢してため込むより、
吐き出すほうが健康によいと思います。

ただ、その吐き出し方を工夫してみませんか?

コーチングでは、
不満や怒りを感じるときは、
まずその感情を尊重し、吐き出してもらいます。

話すことですっきりする効果は絶大ですし、
気が済むまで不安や不満を話していただいて、
感情が底を打つまで待ちます。

ひととおり気持ちが落ち着いてくると、
コーチは、
 「自分は」どう思うのか、どうしたいのか、
 「自分は」何に不満や怒りを感じるのか、
に焦点を当てて聴きます。

怒りや不満を感じるポイントは人それぞれなので、
クライアントさんの感情を紐解いていくことで、
大事にしたい価値観や考え方が見えてくるのです。

そして、思い通りにならない状況の中でも、
「自分は」どう過ごしたいのか、何をするのかを
引き出します。

国であれ会社であれ、
決定されたことは簡単には覆らないでしょうし、
まして、SNSに書いても何も変わらないでしょう。
見聞きした情報も、
もしかしたら断片的で不確かなものかもしれません。

なので、
コントロールできないことに振り回されるより、
予期せぬ状況の中でも、
 自分が決められること
 自分らしくいられるしくみ、
 自分が望むこと
と「自分」を主語にして考えていくと、
不思議なくらい気持ちがすっきりします。

身体の中から力がみなぎるのを感じることが
できるのです。

とはいえ、
これは頭でわかっていても、
自分1人で切り替えるのはなかなか難しいです。

そこで、
この状況で、私も、私ができることを考えました。

幸か不幸か、お仕事のキャンセルが相次いで、
私には今、たっぷり時間があります。
なので、
お1人あたり30分程度、お話を聴きます。
無料です。
不安や不満を吐き出して、少しすっきりして、
自分らしさを取り戻してもらえたらうれしいです。

時節柄、お会いするのは難しそうなので、
Zoomか電話を使ってお話ししましょう。

ちょっと話してみようかなと思われた方は、
ご遠慮なく、
こちらのフォーム」からお問い合わせください。

2020.03.29

仲間との対話で絆と分断を考える

昨夜、組織開発のファシリテーションや
エグゼクティブコーチングで名高い先輩が
「これからどうする?どうなる?」と題して
Zoomで対話の場を設けてくださいました。

 Zoomは、PCやスマホでWeb会議やセミナーが
 できるアプリです。   

面識がない方、年齢や職業や地域もばらばらの方と
ブレイクアウトルームで2-3人で対話を繰り返し、
自分の環境とは異なるお話を聴くのも新鮮です。

先輩の総括のことばが心に響きました。

 3.11や9.11のときは「1つになろう」
 今回は「離れましょう」
 そこが違う

Heart_20200329000501

そうか。絆と分断。
その視点は私には見えていませんでした。
さすがDさま。

今は周りと切り離されて、
自力で乗り切ることができるのか不安になるし、
心も視野も狭くなっていく怖さもあります。

幸い、災害時と違って今のところは
インフラもネットも確保されているので、
こうやって他の方の意見を聞くと視野が広がって、
新しいつながりも生まれていきます。

コーチングの仕事をしているおかげで、
15年以上前からSkypeを
数年前からはZoomを使ってきましたが、
これまでは限られた方たちだけのつながりでした。

それがこの数ヶ月で、新たにZoomを始める方が増え、
誰とでも、一度に大勢とでも、
気軽につながれるようになっています。

こうやって生まれた新しいつながりは、
世の中が落ち着いても、新しい習慣として定着し、
もっとつながることができるのかもしれません。

今も感染が日に日に広がっている最中なので、
今回のおかげで、とはまだ言いたくありません。
それでも、おさまった先に光が見える予感に包まれて
ほっとするひとときでした。

こういう対話の場を私もつくりたい。

私が呼びかけて、参加してくれる人はいるのか、
1対1なのか、複数や大勢がいいのか、
コーチや講師として鍛えてきた力がお役に立つ場が
きっとありそうです。

2020.03.28

ビジネスランチでワークショップ企画

外出自粛の要請が出た週末ですが、
1ヶ月以上前からお約束していたビジネスランチは
必要&重要ということで、
人出が少ないオフィス街のビジネスホテルで
サクラフレークが散らされたさくらそばで
季節を味わいました。

帰りに通りかかった桜も鮮やかに咲いていて、
お花見気分も楽しむことができました。
Soba Sakura_20200328230301
5月半ばごろ、
ワークショップを開催することを決めました。
そのころには、世の中も落ち着いて、
何も気にせずに楽しく開催できますように。

2020.03.27

初々しい接客にエールをおくる

「新人さんですか?」

おつかいもののお菓子を買いに行くと、
大きな名札をつけた店員さんがとても初々しくて、
思わず、がんばって!と応援したくなりました。

「〇〇お1つですね?」と復唱し、
斜め後ろを振り返って先輩の顔を見てから
商品を手に取り、
電卓で計算した金額を先輩に見せ……

一言話す前に、
1つ動作をする前に、
毎回先輩がうなずくのを見てから動いています。

一生懸命さが伝わってきて、
見ている私の気持ちもふわっとほぐれます。

ポイントカードの説明やクレジットカードの扱いは
まだ手順を覚えていないようで、
先輩店員さんが
「すみません。お待たせしてしまいますね」と
気を遣って交代しようとされたので、

「大丈夫ですよ。
 急いでいないので、どうぞごゆっくり。
 一生懸命接客してもらえてうれしいです」と
マスク越しに笑顔を向けました。

「ありがとうございました」
教科書どおりの美しいお辞儀で見送ってくださり、
いい教育を受けているんだなぁとうれしくなりました。
Ojigi

予定では、来週から私もいくつかの新入社員研修で
社会人としての心構えや立ち振る舞いを伝える機会が
あるはずでした。
新型ウイルスの影響で全てキャンセルになり、
職場ごとに先輩から習うようです。

緊張しながら習ったとおりに行動しようとする姿に、
きっと先輩方のほうが初心を思い出し、
自然に後輩を見守る空気が生まれることでしょう。

全体の集合研修と職場のOJTは、
どちらがよいとは一概に言えないと思いますし、
急に教えることになった先輩方も大変でしょうが、
新しいやり方を試すチャンスとして、
新人さんも先輩も、相乗効果を最大限に生み出して、
働きやすい職場風土が育つことを願っています。

2020.03.23

4月スケジュール

☆体験コーチング☆
 本来なら新年度、新学期で気持ちも引き締まり、
 咲き誇るお花に気持ちも華やぐ時期ですが、
 思いのほか、新型ウイルスの流行が長引いて、
 在宅勤務や外出自粛など、
 いつもと違う生活が続いていますね。

 私もお仕事や趣味の観劇が次々中止になって、
 時間の過ごし方を試行錯誤しています。

 環境変化や外部の情報にむやみに振り回されず、
 自分は何を大事にしてどう過ごすのか、
 コーチと話しながら考えてみませんか?

 「お申込フォーム」からお気軽にご連絡ください。

 時節柄、ご自宅やオフィスからの
 Zoomまたは電話での実施をお勧めします。
   Zoomは、
   パソコンやスマホでお顔を見ながら話せる
   オンラインの会議システムです。
   Zoomが初めての方はサポートいたします。

 対面での実施をご希望の方は、
 大阪駅周辺で換気や消毒などの対策をとられた
 スペースで実施可能です。

 ご希望日時や実施方法など、
 「お申込フォーム」からご連絡ください。

☆無料経営相談☆
 堺商工会議所の経営相談窓口の担当日は、
 4月7日(火)、21日(火) 13:00~16:00 です。
 ご予約は、
 堺商工会議所経営支援課 072-258-5503 へ
 お願いします。

2020.03.16

モチベーション曲線のすすめ

どうする?働かないおじさん

あ、私の発言ではありませんよ。
なんとも身も蓋もない言い回しですが、
日経ビジネス2020.03.16号の見出しです。
Ojisan

私はバブル崩壊直後の就職氷河期のはしりでしたが、
少し上の「おじさま」方は、
大量採用された直後に不景気が訪れたばかりに、
だぶついている、若手の成長の蓋になっているなどと、
お荷物扱いされてきた世代のみなさまです。

いつ生まれたか、いつ卒業したかの違いで、
ご本人たちのせいだけではないはずなのに、
今どきの若者は……と同じように、
今どきのおじさんは……と揶揄されてしまいます。

企業内にポストもないので、
企業研修でも、彼らが40代、50代の節目になると、
セカンドキャリアを考えよう、
退職後の新しい生き方を考えよう、と
キャリア研修が設けられています。

この特集でも、
「己を知る」が第一歩 キャリアの人間ドックを
と題して、
モチベーション曲線が紹介されています。
Graph

これは、おじさんに限らず、若手層の研修でも、
成長を振り返るとき、
モチベーションの源を探るときなどによく用います。
コーチングの新しいクライアントさんとの
オリエンテーションで描いてもらうこともあります。

やる気グラフ、人生曲線、ライフラインなど
いろんな呼び方をされていますが、
書き方はほぼ同じです。

横軸に年齢をとり、
モチベーションの高低を描いていきます。

高いときのできごとを見て、
自分はどんなときにモチベーションが高まるのか、
共通するキーワードは何か、
低いときのできごとを振り返って、
どんなことがあるとモチベーションが下がるのか、
何が損なわれると意気消沈するのか、
大事にしている価値観を探っていきます。

モチベーションが上下するきっかけは、
外からの環境やできごとの影響かもしれませんが、
同じことに直面しても影響を受けない人もいます。
つまり、影響を受けるのは自分らしさの表れです。
なので、このグラフを書いて振り返ることで、
自分の価値観やモチベーションの源がわかります。

それがわかれば、
気が進まないことに取り組まないといけないとき、
失敗して落ち込んだとき、
なんとなく気分が乗らないとき、などに、
ちょっとしたうれしいことを見つけて、
自分のやる気スイッチを押すことができます。

在宅勤務などで少し時間ができた方も、
年度末で面談を控えた方も、
前に書いたことがある方も、
モチベーション曲線を描いてみませんか?

思わぬ自分の取扱説明書が見つかるかもしれません。

2020.03.08

マスク姿でFACESを扱う

この2日間は、
Points of You(r) Creative Practice Workshopを
決行していただいたので、参加してきました。

今回のワークショップで使うカードは、FACES。
文字通り、顔だけの写真カードを使います。

FACESなのに、時節柄、全員がマスク姿で
私は初対面の方ばかりなので、
ペアを組む相手のお顔もよくわからないという、
なかなか皮肉な状況です。
次回どこかでお会いしても
どなたのお顔もわからないかもしれません。

Poy1 Poy2

最初は緊張感でいっぱいでも、
選んだカードを交換しながら話を聴き合ううちに、
少しずつほぐれて、場があたたまっていきます。

私が、Points of Youが研修で使えると思うのは、
相手とカードを交換するところです。

ペアワークやグループワークでは、
1枚めのカードは自分で選びますが、
演習が進むごとに、どんどんカードを交換します。
自分では選ばないようなカードを受け取って、
思いもよらない質問やキーワードについて、
その場で思いつくまま、ストーリーを紡ぐのです。

カードに助けられて、
思いがけないアイデアが浮かんだり、
話してみて、意外な価値観に気づいたり、
人との違いに気づいたりします。

自分でも発見がありますし、
聴くときも、相手の発言に純粋に好奇心を向けて
聴きやすくなります。

2日間、いろんな方とお話をして、
カードの使い方を深めることができました。
これから、Points of Youのワークショップを
企画していこうと思います。

2020.02.28

気持ちを元気に

知らず知らずのうちに、息が詰まっていたんだなぁ。

旧知の友人が近くまで来られ、
テラス席もあって窓が大きいお店でランチを楽しみ、
久しぶりに開放感を味わってみて、
閉塞感を感じていたことに気づきました。
Lunch_20200229164101

コロナウイルスの問題が大きくなり、
イベントの中止や小中学校の休校も発表されている中、
感染リスクの高さは目に見えてわからないので、
油断は厳禁だと思います。

それでも、自分の健康状態がよく、
不特定多数との接触が少なく換気もできる場所で、
手洗いやマスクなどの感染予防もできるのであれば、
何もかも自粛しなくてもよいのかもしれません。

たとえ外出を控えるとしても、
気持ちを元気に保つ工夫が大切だと実感します。

ここ数日のコーチングセッションでも、
日ごろ忙しく飛び回っていらっしゃる方々が、
「時間ができたら○○したいと言っていたことが
 いくつもあったはずなのに、
 いざ時間ができると、気持ちが乗らなくて
 実際は何もできないんですよね」と
おっしゃる方が多いです。

私も友人と話したことで、
ムードに影響されていたことに気づきましたが、
なかなか自分では気づかないことも多く、
うすうすわかっていても対処しにくいですよね。

気持ちが停滞していると、
アイデアも出にくく、やる気も起こりにくいですね。

気分転換や発散はお友達やご家族と楽しく行って、
コーチングを受けるのはハードルが高く感じる方も、
 ・この時期をどう過ごすのか
 ・今できること、今しかできないことは何か
 ・何を優先し、何を手放すのか
などを、コーチをうまく活用して考えてみては
いかがでしょうか?

20-30分の体験コーチングは無料で提供できますし、
1回限りの単発セッションも受付可能です。
 お問い合わせは
 https://ws.formzu.net/fgen/S88421790/

体調だけでなく、自分の気持ちも元気に過ごせるよう、
自分のご機嫌の保ち方も大事にしようと思います。

2020.02.26

テレワークとコミュニケーション

コロナウイルスの感染予防で、
業種や職種、テレワーク体制の準備状況によって
在宅勤務を推奨する会社が増えていますね。

報道を見て、
以前、在宅勤務を導入した会社の管理職の方から
相談を受けたことを思い出しました。

「部下が会社に来なくなっちゃったんですよ。」

1人で仕事を完結できるベテランや中堅社員さんが
出勤しない日が増えて、
新人や若手社員を育てられないし、
チームワークがとれないというお悩みでした。
Pc_20200229170701

社員さんからお話を聴いてみると、
どうやら真の問題は、別のところにありそうです。

社員さんたちも、本当は出勤して
同僚と話したり後輩の相談にのったりしたいし、
会社に置いている資料も見たいけれど、

職場にいると、
「あの資料どこだっけ?」「会議は何時から?」
「ちょっとこれ調べて」「あれは?」「これは?」
上司からひっきりなしに話しかけられ、
作業や思考が分断され、仕事が進まないそうです。

自分の業務に集中するために、
在宅勤務導入前には、カフェなどに作業をしに行き、
今は、在宅勤務を選んでいるのです。

「職場のコミュニケーション、大事ですよね?」

ことばだけ聴くとうなずきたくなりますが、
職場のコミュニケーションとは何か、
何のためにコミュニケーションをとるのか、
ここから考えてみる余地がありそうです。

ちょっと雑談して息抜きするのも、
親睦を深めることも大切です。
困ったときや急ぎの案件では、
周りの手を止めて助けてもらうことも大事でしょう。

もし、コミュニケーションをとろうとして
一生懸命話しかけているのなら、
ちょっと作戦を変えて、聴き役になってみませんか?

部下ががんばっている話を聴いてねぎらったり。
困ったことはないか、サポートできることはないか、
確認したり。

職場に帰ってきたら、いいことがあるなぁ、
聴いてもらえて元気がでるなぁ、
相談にのってもらえて仕事が進むなぁと思えば、
職場に来たくなると思います。

そして、サポートしてくれる上司の役に立ちたくて、
喜んで手伝ってくれるようになるでしょう。

数日で変わるものではないでしょうが、
在宅勤務や直行直帰で顔を合わせない部下の方々に、
「何かサポートしてほしいことはない?」と
時々声をかけてつながりをつくるところから
始めてみませんか?

2020.02.20

3月スケジュール

☆体験コーチング☆
 あたたかい日が増え、カラフルなお花も咲き、
 ご家族や職場のイベントも増える時期ですが、
 今年はウイルスの流行で、
 不安な気持ちで過ごしている方も多いかも
 しれませんね。

 予防や安全対策は大切ですが、
 むやみに不確実な情報に振り回されることなく、
 自分はどう過ごすのか、
 時間がどう使って何を行うのか、

 コーチに話しながら考えてみませんか?

 コーチングを受けてみたい方は、
 「お申込フォーム」からお気軽にお問い合わせください。

 大阪駅周辺で対面で実施しやすい日程は、
  3月11日(水)、12日(木)、20日(祝)、21日(土)
  24日(火)、29日(日)、30日(月)
                 (2月20日現在)
 時節柄、私の予定も変動(キャンセル)が多く、
 上記以外の日程でも、時間帯を調整できる日や
 電話で実施できる日もありますので、
 「お申込フォーム」から個別にご相談ください。

☆無料経営相談☆
 堺商工会議所の経営相談窓口の担当日は、
 3月3日(火)、31日(火) 13:00~16:00 です。
 ご予約は、
 堺商工会議所経営支援課 072-258-5503 へ
 お願いします。

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)
無料ブログはココログ