最近のトラックバック

プレゼンテーション

2019.02.03

研修でプレゼンテーションの場数を踏む

Roseこの週末2日間は
「伝える力を伸ばす」
をテーマにした
9:00-19:40の
長時間研修。

午後のメインは、
集大成として、5分間のプレゼンテーション。

研修時間だけでも長丁場で、
ハードな演習もいくつもあるのに、
参加者のみなさまは2日めの朝も早く来て、
講義前から黙々と準備されていたり、
休憩時間も取らずに練習や準備を
重ねられている。

こんなに熱心なみなさまに
確実にプレゼンテーション力を磨いて
帰っていただきたいので、
講師の私もその場で工夫してみる。

プレゼンテーションは
基本的なスキルも確かにあるけれど、
場数を踏むことによる成長も大きいので、
1分で、3分で、5分で、
ペアで、3人組で、6人組で、と
話す機会を増やして抵抗感を薄めたり、
むちゃぶりトークを展開していただいたり。

最後には、全員が今日の最高の発表が
できたのではないかなぁ。

2019.01.04

学び初めのプレゼンテーション

2019年も初笑い&初学びは
お世話になっている本間正人先生の
「研修講師塾2019新年スペシャル」。
Hommasense

メンバーの状況や要望に合わせて、
楽しい演習が即興でつくられて、
先生のパフォーマンスに笑い、
メンバーと話すことで学びが深まっていく。

冒頭と最後には、
1人ずつ前に出てスピーチをした。

Mako1Mako2

スマホで撮影していただいた動画を見ると、
うれしそうに話す私が映っている。

よく、研修を受けてくださる方からも
「なんでそんなに笑顔で話せるんですか?」と
聞かれるし、
研修風景の写真を見る機会もあるので、
そこはあまり驚かない。


ただ、久しぶりに聴いた自分のアニメ声は
もう少しなんとかしたいなぁ。
重みのある話をするときに、
落ち着いた表情と声で伝えられるように、
年齢とともに、磨いていかねばと思う。

2018.10.23

模範的な説明を受ける

私は研修の中で、
プレゼンテーションや
部下に業務を指示するときには、
・これから何をするのか予告すること
・実演しながらゆっくり実況説明すること
・再度やり方をおさらいすること
などが大事だと伝える。


そのセオリー通りですばらしいのだけど・・・

今年も予防接種を受けに行き、
お医者さまから丁寧な説明を受けた後、
ベテランの男性技師さんがとっても詳しく、

「針を刺すところをアルコールで消毒します。」

「今からここに○mmの針を刺して、
 ○○液を5ml注射します。」

「針を刺しますよ。ちくっとします。」

「今、注射液が入っています。」


うーん。
たぶん正しい。
とっても正しい。
プレゼンテーションの模範級の説明力。

でも、
その実況はいらなかったぁ(笑)

できれば、顔を背けている間に、
さくっと終わらせてほしかったり。


ひとはとってもわがままだ。

2018.08.20

つげさんを研修に使う

貝塚市教育委員会さまで
市民講座を運営されるみなさまを対象に、
プレゼンテーションの構成について
研修をさせていただいた。

最寄の貝塚駅に降りると、
不思議な雰囲気のゆるキャラがいる。
「つげさん」。

Tsuge1Tsuge2

迎えに来ていただいているというのに、
つい、写真を撮ってしまう。
そして、
せっかく撮ったからには、講座で使う(笑)

市民講座のタイトルの重要性を語るのに、
「何かおもしろいものを見つけたら、
 写真撮りたくなりますよね?
 人に伝えたくなりますよね?」と
ツカミに使う。

今見たもの、最近のできごと、
使えるものは、何でも使う。
ネタはあちこちに落ちている。

というわけで、
初対面のつげさん、お世話になりました(^^)

2018.07.22

2日セミナーで全力を出し切る

Himawariこの土日は
長い長い研修で、
「伝える力」を磨く。

この酷暑の中で
2日間みっちり
学ぶからには、
受講前より確実に話せるようになり、
自分の成長を実感してもらいたい。

ゲーム的な要素を加えながら、
まずは近くの席の人と楽しく話し、
グループの中で意見を伝えたり、
立って話したり、
話し合った内容を発表したり、
メンバーを変えて話したり、
・・・と夢中で演習に取り組むうちに
いつのまにかステップアップできるよう
あれこれと趣向を凝らす。

おかげで、2日めの午後には、
人前で話せないと言ってたのは
誰でしたっけ?と言いたくなるくらい
1人1人が個性をフルに発揮した発表を
聴くことができた。


充実感を味わいながら帰宅すると、
一気に疲れが出て立ち上がれなくなり、
私も全力を出し切ったなぁと思う。

2017.07.23

女性のための創業塾でプレゼンテーションのハードルを下げる

Sogyo東近江市商工会の
女性のための創業塾も
いよいよ6回中の5回め。

来週の最終回は
事業計画の発表会が
中心になるので、
お1人お1人が
安心して話せるように、

初めてでも話せるプレゼンテーションのコツを、
ステップを踏んで説明し、少しずつ練習し、
自然にハードルが下がるように、工夫する。

次回は、今回の練習を活かして、
思い思いの発表が聴けますように☆

2017.07.08

長時間研修で愛情を絞り切る

Heart今日の研修は、
朝9時から20時までの
超長丁場。

テーマが
「伝える力」なので、
演習で体験的に
にぎやかに楽しく
学んでいただきつつも、
お昼休みが終わっても、まだ前半。

15時をすぎても、
まだ半日研修なみのボリュームがあり、
講師も参加者も体力勝負の世界。

こんなハードな研修に
真剣なまなざしで一生懸命に
取り組む参加者のみなさまは
それだけで尊敬に値すると思うし、
1人1人抱きしめたくなるよ。

だからといって、
実際にハグしに行くとセクハラになるので(笑)
私が伝えられることを全力で出し切って、
一滴残らず絞り切るつもりで愛情を注ぎこむ。

2016.12.05

100秒プレゼンのコツを伝える

RitsSign

HallIbaraki

今年も茨木商工会議所の「いばらき異業種交流会」で、
基調講演&ミニ実習を担当させていただく。

今年は、運営チームからリクエストされたテーマで、
「100秒で印象に残るスピーチ」のコツをお伝えする。

直後に40社以上が賞品を競う100秒PRがあるので、
準備した内容を変更することなく、
その場で活用していただけるように、
すぐにマスターできるアイコンタクトの練習と
大事なことを強調する練習をしていただく。


その成果、というより、たぶんもともとレベルが高くて、
各企業のプレゼンテーションは、
趣向を凝らしたアピールが次々続いて楽しい。

年々、参加者が増えていて、
後の交流会で顧客拡大につながった人も多く、
どんどん盛り上がっていく。

  その分、運営側は大変になっているはず。
  おつかれさまでしたm(__)m


Tree1Tree2

最寄りのJR茨木駅には、
大きなクリスマスツリーのイルミネーションが輝く。
色が変化していくのを、しばらく眺めて楽しむ。
ツリーの幹を囲むようにベンチが並んでいて、
親子連れやカップルがとっても楽しそう。

2016.08.03

「伝える」と「伝わる」の違いを実感する

Asagaoある企業さまで、
提案型営業のプレゼンテーションの
トレーニングの総仕上げとして、
トレーニングを受けていない方に
お客さま役をお願いして、
実践演習を行った。

役割や状況設定は全員同じでも、
営業担当者によって、
会話の展開も、話す量も、最終的に提案する内容も、
個性や人柄があらわれる。


途中で休憩をはさんだときに、
お客さま役の方が興味深い感想を聞かせてくれた。

「今の○○さんは、何でもすらすら答えてくれたし、
 詳しかったし、すごい情報量だったと思うんですけど、
 今終わったばかりなのに、記憶に残ってないんです。

 でも、その前の人の会話は今も覚えているんですよ。」


確かに、
後の方は、商品知識が豊富で、流れるように説明された。
その前の方は、
途中で詰まったり資料を確認したりしていたけれど、
お客さまの言葉を1つ1つ拾って、実直に懸命に答えていた。


必要な情報を100%正しく伝えても、伝わらない。
情報量は60%くらいでも、伝えたことが記憶に残る。


「伝える」ことと「伝わる」ことは違う。

プレゼンテーション研修で強調していることが、
研修を受けていないお客さまの感想として表れたことに、
感動してしまった。


もちろん、商品知識はとても大事。
間違ったことを伝えてはいけないし、
お客さまの質問に答えられる深い知識と応用力も必要。

その基本をある程度クリアすれば、
あとは、「ひと」の力。
「伝わるように伝える」力。


コーチであり、コミュニケーションを伝える立場の私が
プレゼンテーションを教える意味や使命を再確認できた。

2015.01.16

プレゼンテーションは大吟醸?

Suisenプレゼンテーションの
コンサルティングや研修が続く。

伝えたい熱意が強いほど、
どうしても言葉数が増えて
たくさん伝えすぎてしまうので、
かえって伝わりにくくなる。


私の仕事は、
削ぎ落とし、削り、シンプルな形にしてから、
それを練り上げ、磨き上げる。

職人さんみたい。

ある経営者さんには、
大吟醸の磨きに例えたら、
プレゼンテーションは、うまいお酒づくりか!って
すんなりバッサリ捨てられた。

せっかく作ったものをバサバサと切り落とすのは
痛みが伴うかもしれないけれど、
中心に残ったものは、研ぎ澄まされて、輝いていく。


伝える仕事も、
伝える人を鍛える仕事も、私は大好き。

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

他のアカウント

無料ブログはココログ