最近のトラックバック

つながり

2017.06.16

ショックで寝込む

Rainこの週末は、
中小企業診断士の勉強を
@niftyのフォーラムで
していたころからの
全国の仲間たちとの、
年に1回の合宿。

今年は函館開催で、初めて行く土地なので、
1日前から函館に入り、観光する気まんまんで、
綿密に観光プランを立てていた。

全国のお菓子を交換するのも楽しみの1つで、
お土産を探す時間もとれるよう、
伊丹空港に1時間前に到着するように、
早めに家を出て、空港バスに乗り込んだ。


それなのに。。。

高速で、バスが動かない。
事故があったらしく、全然進まなくなる。

25分で着くはずのバスで、
空港で時間を持て余す心配をしていたのに、
100分以上かかって到着したときには、
飛行機は飛び立った直後だった。

伊丹から函館は1日1便。
お金と体力が奪われる羽田乗継ぎ便を調べても、
会合だけでも参加できる翌日便を調べても、
全て満席で、代替手段は見つからない。


打ちひしがれて乗った帰りのバスは、
皮肉なことに、30分で到着する。
帰宅して、立ち上がる気力さえ失って、横になる。

夜遅く、少し眠ってとりあえず起き上がったけれど、
旅行バッグの中身を片付ける気にもなれない。

初めての函館、行きたかったなぁ。
みんなの近況を聴き、語りたかったなぁ。


土日にはほとんどお休みがない私。
ぽっかり空いた土日。
お仕事も、整理できていない資料もたまってるけど、
気持ちが向かない。。。

2017.06.15

胡蝶蘭に父を偲ぶ

Ran父の日の広告が
画面の端のほうに
頻繁に登場すると、

今年は贈る相手が
いなくなったんだなぁと
改めて実感する。

実家では、
昨年お供えにいただいた
胡蝶蘭が、
見事に花を咲かせている。

父の日は、偲ぶ日になったんだなぁ。

2017.06.13

願い

Kotoba父と姉が眠る
お堂の前を
急ぎ足で過ぎようとして、
今月のおことばに
ドキッと足を止める。

願い。


コーチングを仕事にしていてよく思うのは、
誰かのための願いでも、
そこに、自分の価値観やエゴが含まれると、
その願いは濁る。

願いは支えになる。
私も、数えきれないほど、支えてもらってきた。
だから私も、誰かの支えになれたら、うれしい。

出発点は純粋な気持ちでも、
支えてあげよう、などと思った瞬間、
それは、「してあげたい」側の願いになる。

ほんの少しの違い、
一瞬の時間のずれや思いの強さが、
大違いになってしまう。


コーチの私が陥りやすいのは、
クライアントさんが答えが見つからなくて
苦しまれているときに、
早く光を見出してもらいたくなって、
ヒントを出そうとしてしまうことがある。

クライアントさんがじっくり答えを探せるように、
ゆっくり自分を見つめられるように、
その空間を保ち、落ち着いて待つのが大事だと
長年の経験でわかっているはずなのに。


常に自分を保ち続けることは難しい。
できることがあるとすれば、
こんなおことばに出会ったときや折に触れて、
心を研ぎ澄ませて、自分に問いかけること。

2017.06.12

友人の出版記念トークライブ

Binsan昨日は、
神戸でコーチングの
勉強会に参加した後、
京都に移動して
友人の鎌田敏さんの
出版記念トークライブに
参加する。

開始前から会場内を
愛娘さんの3歳のうららちゃんが走り回って、
敏さん譲りの愛嬌を振りまいてくれる。
本間正人さんとのトークの間も、
最前列でパパに話しかけたり歓声を上げたり、
会場の関心を一気にひきつける。

かけあい漫才のような笑いあふれるトークショーは
早々に切り上げられ、
中盤からは、お近くのお席の方と、
「41の知恵」のうちのどこにひかれたか、
ゆっくりと語り合う時間になる。
他の方の意見も聴いて、改めてページをめくり、
敏さんが伝えたかった世界に何度も触れる。

見開きに1つずつ、短くて深い文章が並ぶので、
気軽にページをめくって読むのもいいし、
プレゼントにもよさそう。

「こころ元気に生きる
 ~元気スイッチをONにする41の知恵~」
 https://www.amazon.co.jp/dp/481500031X

2017.06.11

住之江で身体に優しいランチタイム

Soranoiro昨日は、久しぶりに
「つなぐキッチン
 そらのいろ」さんに
お邪魔する。

二十四節季ごとに
メニューが変わる
大人気の「暦ごはん」は
予約で完売したらしく、
電話しておいてよかった~

LunchSweets

「芒種」の季節の主菜は、
車麩のカリカリ焼き自家製タルタルソース。

ここに、お野菜の素材の味を活かした5品と
玄米ごはんとお味噌汁、という
オーナーの村田千春さんの愛情たっぷりで
手の込んだ贅沢なおいしいごはんが、
朝食を抜いて(^^)、食べる気まんまんの身体に
おいしくしみわたる。

デザートのケーキと、ほうじ茶ラテもおいしい。

満席で、おそらく次のお客様も来られるので、
ゆっくりおしゃべりはできなかったけれど、
元気そうなオーナーのお顔を見ることができ、
他のテーブルからも「おいしい」という声が
聞こえてきて、幸せなランチタイムになる。


営業時間は月~土のランチタイムのみ。
予約をしてお出かけください。

  つなぐキッチン そらのいろ
  http://kitchen-soranoiro.blogspot.jp/
  大阪市住之江区西住之江3-2-22
  11:00-15:00

2017.06.08

お友達のバースデーランチ

Lunch明日お誕生日の
いくちゃんこと
岸本行央さんから
「大阪で時間あるよ」と
連絡をいただいて、
急遽、1日早い
バースデーランチに。

来春の動きを
相談させていただいて、
気持ちも固まる。

2017.06.07

友人の本が届く

Book出張から帰宅すると、
友人の鎌田敏さんが
書かれた本
「こころ元気に生きる
- 元気スイッチを
 ONにする41の知恵」が
届いていた。

びんさんは、
7年前に本間正人さんの
研修講師塾でご一緒した
学びの友の1人。
  関連記事:「研修講師塾で自発的な学びが起こる」(2010.05.05)

週末には、京都で本間正人さんと一緒に
出版記念講演会をされるので、
久しぶりに、びんさん節が聴けるのが
楽しみ。

2017.05.30

クリーニングの事故に泣く

30年以上前に亡くなった祖母は和裁をしていて、
何点か残っていた着物や反物を、
10年くらい前にコートやワンピースにリメイクして、
1点1点、大事に大事に着ていた。

その中のお気に入りの1つで、
結城紬のスプリングコートを
クリーニング店に取りに行って、
袋から出して風を通そうとしたら、

Cleaning大きく破れてる!

あまりのショックに
何も手につかない。

大きな穴が開いて、
こんなにひどいのに、
お店の方からは
何の説明もなかった。

いつもはカウンターで袋詰めするのに、
奥で袋に入れてから持ってきたのは、
目の前で作業すると、
私に見つかるとまずいから、隠蔽したの?

一緒に受け取ったスーツは、
「きれいにシミが落ちました」って見せに来て、
破れたコートは、奥で黙って袋に入れたの?


昨年までは実家に持って帰って
実家の近くのお店に出していたけれど、

今回お願いした自宅近くのお店は、
店舗に工場を併設していて、
その場で技術者の方が仕事をされていて、
引っ越してから何年もおつきあいしてきて、
ここなら丁寧にしてくれると信頼したからこそ、
一番大事なものをお任せしたのに。


預けるときに、アルバイトのスタッフさんが
「タグがついてないので保証はできません。」と
言われて不安になり、
技術者の方を呼んでいただいて、

結城紬の生地であることも説明し、
大事な品なので無理な扱いはしないように依頼し、
技術的に扱えるか確認して、
それで、やっと、預けたのに。


大事な品がダメになったことが、とても悲しい。

でもそれ以上に、
お店から、何の説明もなかったことが許せない。

帰宅して広げればすぐにわかることなのに、
明らかな事故や過失なのに、
気づいていないはずはないのに、
ごめんなさいも言えないの?

お店として経営者として、というよりも、
そもそも、人として、信じられない。


現物を持って、第三者に入ってもらって交渉すれば、
高かったクリーニング代は戻ってくるかもしれない。
でも、コートはもう戻ってこない。

泣き寝入りするのも悔しすぎるけれど、
祖母とのつながりに、争い事は持ち込みたくない。

祖母と会えなくなって何十年たった今も、
こんなに長い間、私のそばで守ってくれたことに
感謝と供養の気持ちを込めて、処分しようと思う。


もちろん、
あのクリーニング屋さんには二度と行かない。

ただ、仕立ててもらった服があと数点あるので、
信頼してお任せできるお店、見つかるかなぁ。

2017.05.29

先輩のコーチ体験に学ぶ

1ヶ月くらい前に、
システムコーチング(ORSC:Organization &
Relationship Systems Coaching)の先輩方から、
企業さまで実施された数回のセッションについて、
守秘義務の範囲内で、
話せる範囲でシェアしていただいた。

私は、2人でコーチを担当するコー・コーチは未経験で、
いつも1人で自己流で悪戦苦闘しているので、
どんなふうに進めていくのかという現実的な部分も、
コーチとしてのあり方についても、
とってもとっても学びになる。

企業さまでのお仕事は、
コーチングでも研修でも、
担当者以外が実際にオブザーブするのは難しいので、
お話を聞かせていただける機会は本当に貴重。

快く聞かせていただいた先輩方に感謝するとともに、
私自身のお仕事に活かします。

2017.05.15

1日遅れの母の日ケーキ

Cake昨日は実家に
帰れなかったので、
お花は少し早めに
ネットショップから
配送してもらって、

キルフェボンで
「あきたみどりのプリンとイチゴのタルト」を
買って、1日遅れの母の日を過ごす。

晩ごはんは軽めにして、ケーキタイム。
おいしい。

大喜びしてもらえると、また買って帰りたくなる。

より以前の記事一覧

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ