最近のトラックバック

03 コーチの守秘義務と倫理

守秘義務

 コーチングセッションを、何でも自由に話せる場にするために、
 コーチは「守秘義務」を負っています。

 クライアントさんの個人情報は無断で第三者に公開することは
 ありません。
 例外として、コーチの確定申告書類、資格更新の審査書類には
 必要項目を記載して提出します。
 詳しいことは、ご契約いただく時にご説明いたします。

 クライアントさんにお話しいただく内容も、ご本人の許可なく
 第三者に公開することはありません。

 他の方には話しにくい本音や弱音、
 こんなことを話したら変に思われるかなぁと思うようなことでも、
 安心して何でもお話ししてください。

☆コーチの倫理規定

 私は、国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)であり、
 「国際コーチ連盟の定めるコーチの倫理規定」に準拠して
 コーチングを行っています。

 倫理規定の詳細は、「こちら」のサイトからご覧ください。

 実際に私のコーチングにどう適用されるのか、
 具体的なご質問があれば、ご遠慮なくお問い合わせください。
 クライアントさんごとの1つ1つのケースについて、
 一緒に考えていきたいと思います。

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ